スポンサーリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/10/13(木) 20:50:45.29 ID:CAP_USER9
    九州派と近畿派がインターネット中継で意見を交わした「歴史バトル」
    http://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/10/11/20161011dd0phj000018000p/9.jpg
    インターネットを通じ、邪馬台国の九州説、畿内説に分かれて議論する研究者
    http://www.nishinippon.co.jp/import/saga/20161010/201610100002_000.jpg
    持論を展開する石野さん(右から2人目)と進行の今尾さん(右端)=9日、明日香村の県立万葉文化館
    http://www.nara-np.co.jp/photo/aa4d3e0a6b5224978ebc2c01dbd116be.jpg
    http://www.nara-np.co.jp/20161010103950.html

     吉野ケ里歴史公園(吉野ケ里町)で9日、特別記念フォーラム「歴史バトル『邪馬台国はどこだ?』」があった。同公園と奈良県明日香村の県立万葉文化館の両会場をインターネット中継し、九州説派と近畿説派がそれぞれの持論を展開した。

     吉野ケ里歴史公園で開催中の特別企画展「よみがえる邪馬台国 邪馬台国と謎の国『不弥国』」(11月6日まで)に合わせてフォーラムを企画。両会場には多くの考古学ファンが詰め掛けた。

     吉野ケ里歴史公園の会場には、九州説を唱える佐賀女子短大の高島忠平名誉教授ら3人の研究者が登壇。奈良県側は近畿説を推す香芝市二上山博物館の石野博信名誉館長ら3人が参加した。

     両派は主張を一歩も譲らず討論を展開した。九州派は「魏志倭人伝」に記された邪馬台国の特徴が吉野ケ里遺跡の建物跡の配置と酷似していることなどを指摘した。

     一方、近畿派はこれまでに出土した卑弥呼の時代の鏡のほとんどが近畿地方で見つかっている点を強調し「九州に邪馬台国があったというのは無理がある」と主張した。

     参加者たちは、資料を手に熱心にメモを取り、古代のロマンに胸をときめかせた。【松尾雅也】

    http://mainichi.jp/articles/20161010/ddl/k41/040/179000c

     九州説か、畿内説か-邪馬台国の場所を巡って討論するフォーラムが9日、吉野ケ里歴史公園(吉野ケ里町、神埼市)と奈良県立万葉文化館(同県明日香村)で開かれた。両会場をインターネット中継でつなぎ、研究者ら8人がそれぞれ持論を展開。吉野ケ里町で約200人、明日香村で約350人の考古学ファンが耳を傾けた。

     吉野ケ里歴史公園で開催中の企画展「よみがえる邪馬台国」の関連イベントで昨年に続き2回目。

     奈良県の香芝市二上山博物館の石野博信名誉館長は、纒向(まきむく)遺跡(同県桜井市)に計画的に配置された大型の構造物や水路の遺構を根拠に「発達した文化の証しで、都市の造成が始まった」と畿内説を主張。遺跡から発掘した土器のうち、九州や関東などの土器が15~30%混じっている点を踏まえ「他地域との交流が特に盛んだった」と述べ、畿内にあった邪馬台国が連合国家の中心だったと説明した。

     吉野ケ里遺跡の発掘を主導した考古学者の高島忠平氏は、政治的影響力が強い大陸に近い北部九州に邪馬台国を中心にした勢力が存在したと主張。高島氏は「魏志倭人伝が記す卑弥呼の館の特徴は、吉野ケ里遺跡の遺構や遺物と符合する点が多い」と強調。同時代に中国の権力者が贈ったとされる鉄製の鏡が大分県日田市で見つかったことから、「中国の皇帝が卑弥呼に贈ったと考えるのが自然だ」と述べた。

    =2016/10/10付 西日本新聞朝刊=
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/280919

    ダウンロード (1)


    引用元: 【佐賀】「九州に邪馬台国があったというのは無理がある」 ネット中継で「畿内vs九州」論戦、両者一歩も譲らず…吉野ケ里歴史公園★5©2ch.net

    【佐賀】「九州に邪馬台国があったというのは無理がある」 ネット中継で「畿内vs九州」論戦、両者一歩も譲らず…吉野ケ里歴史公園★5©2ch.net の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/12/03(土) 21:32:28.54 ID:CAP_USER9
    赤穂浪士の討ち入りの発端となった江戸城「松の廊下」の刃傷(にんじょう)事件直後の吉良上野介の様子を記した文書が京都の西本願寺で見つかり、当時の様子をうかがうことのできる貴重な史料として注目を集めています。

    見つかったのは、吉良上野介と関わりが深かった京都の西本願寺から江戸の築地御坊、現在の築地本願寺に宛てて書かれた書状の控えです。
    京都市下京区の本願寺史料研究所が西本願寺が保存している資料の中から見つけました。

    書状は、江戸城「松の廊下」で上野介が浅野内匠頭に斬りつけられた刃傷事件からおよそ3週間後の日付で、
    「吉良殿の傷が比較的浅く、ふだんどおりに食事をとっていると聞いたので、お見舞いにうかがうように」という内容が記されています。
    そのうえで、浅野内匠頭が斬りつけた理由について、「乱心した」という情報しかないのでさらに調べるよう、築地本願寺に求めています。

    本願寺史料研究所の大喜直彦上級研究員は「西本願寺の情報収集でも、刃傷事件の詳しい理由がわからなかったということから、当時、理由が明らかにされていなかったことがうかがえる。これまで事件直後の史料はほとんど見つかっていないので大変貴重だ」と話しています。

    NHK NEWS WEB(12月3日 6時35分)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161203/k10010793581000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003
    images


    引用元: 【歴史】「松の廊下」直後の吉良上野介、様子を記す文書発見 京都の西本願寺で [無断転載禁止]©2ch.net

    「松の廊下」直後の吉良上野介、様子を記す文書発見 京都の西本願寺での続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/10/23(日) 17:39:42.49 ID:CAP_USER
    <前田慶次>「無苦庵」か 井戸跡や溝跡など出土 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000013-mai-soci
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20161023-00000013-mai-000-2-view.jpg


     「かぶき者」で知られる戦国武将、前田慶次が晩年に住んだとの言い伝えが残る山形県米沢市万世町堂森で行われた第2次発掘調査で、井戸跡や溝跡などが出土した。「米澤前田慶次の会」(梅津幸保会長)が22日、現地説明会で明らかにした。

     今回は慶次の武家屋敷「無苦(むく)庵」の母屋があったとみられる場所の北側約60平方メートルの区画を地表から約30センチ掘り起こした。市教委文化課の手塚孝主任は「母屋の北には庫裏(台所)や井戸があることが多い」と区画を決めた理由を話す。

     見つかった井戸跡は、長径1.7メートル、短径1.3メートル、深さ74センチで、周囲に4本の細い柱跡があった。内部から、脱穀用の木製「たたき棒」2本、箸2本が出た。その西側には長さ4.5メートルの浅い溝跡があり、周辺に馬のひづめ跡が確認されたことから、馬用の排水溝とみられる。井戸も馬用だった可能性があるという。

     このほか、土鍋片1点、手焙(あぶ)り(火鉢)片4点が見つかった。また、建物の柱跡1基も出た。出土した遺構・遺物は、地層から無苦庵の時代のものと推定されるという。

     昨年の発掘調査では、建物の柱穴約20基が見つかり、土塁や堀の工法が江戸初期のものと合致。土塁で囲まれた敷地は東西109メートル、南北72メートルの武家屋敷であると分かった。

     梅津会長は「昨年は慶次の屋敷跡という伝承地から推定地に格上げされ、今年は生活の痕跡の一部が出た。今後も発掘を続けて確定地にし、墓所も特定したい」と語る。来年は井戸跡の東側を発掘する予定で、庫裏跡などが期待できるという。

     23日午前8時半~正午、現地で一般公開する。場所は堂森586番地内。【佐藤良一】
    ダウンロード


    引用元: 【考古学】<前田慶次>「無苦庵」か 井戸跡や溝跡など出土 [無断転載禁止]©2ch.net

    <前田慶次>「無苦庵」か 井戸跡や溝跡など出土の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/28(水) 17:42:38.24 ID:CAP_USER9
    日本初の本格的な都・藤原宮跡(奈良県橿原市)で、元日朝賀で飾る幢幡(旗)を立てた柱穴が七つ見つかり、奈良文化財研究所が28日、発表した。

    続日本紀の「大宝元年(701年)の律令国家の完成を祝う儀式で7本の幢幡が立てられた」との記述と一致し、新体制をスタートさせた儀式の様子を知る大きな手掛かりとして注目される。

    七つの柱穴は、2008年度の調査で見つかった一部を含めて大極殿院南門前の広場跡で出土。
    一つの柱穴を中心に、左右対称にそれぞれ三角を形作る配置で柱穴が三つずつ確認された。

    研究所によると、幢幡の遺構としては最古。

    ソース/中日新聞社
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016092801001384.html
    ダウンロード (10)


    引用元: 【歴史】藤原宮に701年の朝賀跡 続日本紀の記述と一致 [無断転載禁止]©2ch.net

    藤原宮に701年の朝賀跡 続日本紀の記述と一致の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/06/18(土) 09:43:47.18 ID:CAP_USER9
    「奇跡の遺跡」の価値が認められた-。
    文化審議会が東名(ひがしみょう)遺跡(佐賀市金立町)を国史跡に指定すべきと答申した17日、遺跡の希少性や考古学的価値を熱心に訴えてきた地元NPOや意見具申した市教育委員会からは、喜びの声が上がった。
    湿地性貝塚という特性により、他の遺跡と比べ出土品の「質と量」で群を抜く遺跡。
    出土品は30万~40万点に上り、保存・活用に向けた本格的な検討の必要性も出てきた。

    「これらは全部本物ですよ。8000年前の縄文時代の遺物です」

    遺跡に隣接する東名縄文館を管理するNPO法人「徐福・湿原の森づくり会」理事長の江島徳太郎さん(76)は、誇らしげに展示品を紹介する。

    「佐賀の歴史の原点。多量の出土品は、国の宝にふさわしい」

    国史跡指定が決定的となり、言葉にも力がこもる。

    貝塚は、調整池の建設工事によって偶然見つかった。
    厚い粘土層に覆われた湿地性貝塚という特性があり、約8000年前の動植物性遺物が良好な保存状態で多量に見つかっている。
    偶然の発見や保存に適した条件がそろっていたことから、江島さんたちは「奇跡の遺跡」と呼ぶ。

    続きはソースで

    http://www.saga-s.co.jp/images/article/2016/06/18/SAG2016061899000045_id1_20160618083036.jpg

    ソース元:佐賀新聞
    http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/324056

    ダウンロード (9)

    引用元: 【歴史】「奇跡の遺跡が認められた」出土品は群抜く”質と量” 湿地性貝塚・東名遺跡[06/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    「奇跡の遺跡が認められた」出土品は群抜く”質と量” 湿地性貝塚・東名遺跡の続きを読む

    このページのトップヘ