スポンサーリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/10/10(月) 05:47:23.55 ID:CAP_USER9
    摠見寺三重塔
    http://best-times.jp/mwimgs/8/4/250/img_8447ec899f6eac21166d8da6a7175a351465431.png

    1579年、織田信長の命により築城された、安土城。そのわずか3年後の1582年には、焼失、落城してしまった本城ですが、実は今その跡を訪れると、そこには、信長の意外な一面を知ることのできる遺跡があるのです--。

    ■安土城跡に今も立つ、摠見寺三重塔

     安土城は、信長が1576年、重臣の丹羽長秀を総普請奉行に据え、標高199メートルの安土山に築城させた地下1階、地上6階建、日本初の、石垣の上に天主(天守)を持つ平山城でした。

     現在は、両側が石垣で囲まれた大手道を上りきった山頂に、人の背丈ほどの石垣に囲まれた東西約25メートル、南北約30メートルの台地に、約90個の礎石が整然と並ぶだけの天主跡があるのみです。

     さて、この大手道の石段を注意深く見ながら上がっていきますと、ところどころに石仏が敷かれていることに気づきます。

     もちろん、これらの石仏はおまいりのために置かれているのではありません。城普請に使われる木材や石材は近郊の山から採取されるのが普通ですが、信長が命じた性急な工期のために、近隣の寺の解体によって得られた木材や石材として用いられた墓石や石仏も少なくなかったのです。つまり、墓石や石仏を踏みながら大手道を上り下りした人がいたということです。

     宗教心が薄かったといわれる〝革命児〟信長ならではのことと思われますが、信長のこのような所業に畏怖した家臣や職人は少なくなかったと思われます。

     大手道とは異なる道を下りますと、石垣に囲まれた狭隘な土地に窮屈そうに建つ摠見寺三重塔に出会います。一般的にはほとんど知られていないのではないでしょうか。

    続きはソースで

    ●志村 史夫しむら ふみお

    http://best-times.jp/articles/-/3365
    ダウンロード (3)


    引用元: 【歴史】「信長は宗教心が薄かった」は本当か? 安土城には菩提寺があった©2ch.net

    「信長は宗教心が薄かった」は本当か? 安土城には菩提寺があったの続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/01(木) 13:00:12.70 ID:CAP_USER9
    会見で「戦争を考えるきっかけにしてほしい」と語った沢田監督=水戸市で
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201608/images/PK2016082802100074_size0.jpg

     太平洋戦争末期、特攻機「桜花」の最初の志願者とみられ、出撃者を選ぶ立場になった元海軍大尉、宇都宮市出身の故・林富士夫さんへのインタビューによるドキュメンタリー映画の公開が始まった。昨年6月に93歳で亡くなる9年前に撮影され、現在の茨城県笠間市内にあった筑波海軍航空隊で特攻に志願した様子や、部下を送り出した苦悩などを語っている。 (宮本隆康)

     「桜花」は、機体に爆弾を積んだ全長約六メートル、幅約五メートルの小型機。大型攻撃機につるし、敵艦に近づいて空中で切り離した後、操縦かんで操作して落ちながら体当たりを試みる。近づく前に母機ごと撃墜されることが多かったとされる。

     林さんが生前に書き残した文書によると、戦争末期の一九四四年六月、筑波海軍航空隊で「桜花」の開発の是非を問う会議が開かれた。複数の志願者がいれば実施する、と上官は説明。教官を務める隊員らが意向を聞かれ、三日後に林さんら数人が志願した。

     林さんは四五年三月から約三カ月間、鹿児島県の鹿屋基地で二十三歳の分隊長に。「桜花」の操縦を指導し、出撃者を選ぶよう命じられた。真っ先に自分の名前を書いたが、却下された。ひいきと思われないよう、親友や近しい部下たちを出撃させた。

    続きはソースで

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201608/CK2016082802000169.html

    images


    引用元: 【戦争】「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白★3©2ch.net

    「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/05/26(木) 12:06:50.73 ID:CAP_USER9
     旧日本海軍が世界最強と呼ばれたロシアのバルチック艦隊を破った1905年5月27日の日本海海戦を、福岡県宗像市の沖ノ島から見守った佐藤市五郎さん(1889~1974)の手記が故郷の大島(同市)で見つかった。佐藤さんは当時16歳で、宗像大社沖津宮の神職の下働きとして沖ノ島で生活。駐留中の通信員がガタガタ震える様子や「ヅドンヅドン」と響く砲声など、少年が目の当たりにした海戦を記録している。

    【写真】太平洋戦争後、神職になって沖ノ島に戻った頃の佐藤市五郎さん

     沖ノ島は海戦があった海域付近に位置。最も近い艦艇との距離は10キロ程度だったとされる。佐藤さんは木に登って激戦を目撃しており、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」に実名で登場する。

     手記は昭和30年代に書かれたとみられ、書簡箋18枚に万年筆でしたためられている。保管していた佐藤さんの三男で大島在住の千里さん(91)が4月、同島で歴史を研究している板矢英之さん(72)に預けた。

     佐藤さんの目撃談は宗像大社の「沖津宮日誌」にも聞き取り形式で残っているが、板矢さんは「手記には、沖津宮日誌に書かれていない少年の心情がつづられている」と驚いたという。

     最初の砲声を聞いた場面は「ピカッと光が見えました。『アラッ』と思ふ瞬間に『ヅドン』と砲声が聞こえました」。海軍兵ら約20人が詰めていた望楼の記述では、ある通信員の様子を「大の男で、ガタガタ震えて居(お)ったのが印象に残って居(い)ます」と記した。

     敵艦判別用に艦影を記した紙が風に飛ばされ、佐藤さんが山に入って見つける一幕も。「誇ら顔で『あったあった』と高く振(ふり)上げて望楼長に渡した。望楼長は、金鵄(きんし)勲章だと賞(ほ)めた」。数日後の祝勝会では「市五郎君は大変加勢した。コレハ西洋の酒だ、飲むのではないナメるのだ」とウイスキーを勧められたという。

     佐藤さんは太平洋戦争後、沖ノ島の神職になった。板矢さんも少年時代、海戦の話を聞いたことがあり、独特の砲撃音の語り口から「ズローンのおいしゃん」と親しまれたという。板矢さんは手記を活字化した冊子を製作。活用法は未定だが「沖ノ島での出来事を語り伝えることが、自分たちの務めだと思う」と力を込めた。

    日本海海戦と沖ノ島
     日露戦争開戦の翌年、日本海に進入したロシアのバルチック艦隊を東郷平八郎率いる旧日本海軍の連合艦隊が迎撃。2日間にわたる砲撃戦の末、連合艦隊が勝利した。当時、沖ノ島には宗像大社沖津宮の神職と雇い人、海軍兵や海底電信を維持する通信員がいた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00010007-nishinp-soci
    ダウンロード (2)


    引用元: 【歴史】「ピカッと光が見えました」バルチック艦隊破った日本海海戦、克明な手記 沖ノ島の目撃者つづる©2ch.net

    「ピカッと光が見えました」バルチック艦隊破った日本海海戦、克明な手記 沖ノ島の目撃者つづるの続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/07(水) 15:53:47.47 ID:CAP_USER9
     天正遣欧少年使節の一人、千々石ミゲルの墓とみられる長崎県諫早市多良見町山川内の石碑の調査が6日、現地で始まった。

     2014年末に行った地中のレーダー調査では墓坑と推測される反応が確認されており、研究者らのグループが1週間の調査で墓であることの証明を目指す。

     石碑はミカン畑の一角にあり、高さ1・8メートル、幅1・2メートル。正面に2人の戒名が刻まれている。
    裏面にミゲルの四男、千々石玄蕃の名前があり、大村藩主から与えられた地にあることなどからミゲルと妻の墓とされ、2004年に発表された。

     この日は関係者ら約30人が集まり、調査の安全などを祈願。
    7日まで準備を行い、8日から12日まで、石碑前にある直径、深さ各1メートルの円筒形の墓坑を中心に、遺骨や副葬品の有無などを調べる。

     調査を手掛けてきた石造物研究家の大石一久さん(64)は「墓と分かればミゲルが眠っている可能性が高い。貴重な発見につながれば」と期待を込めた。
    ミゲルの子孫の浅田昌彦さん(63)(川崎市)は「代々受け継いできた墓が誰のものか明らかにしたい。歴史的価値を解き明かせたら」と話していた。

    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20160907/20160907-OYT1I50008-L.jpg
    http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160907-OYT1T50059.html
    2016年09月07日 15時07分
    images


    引用元: 【長崎】天正遣欧少年使節・千々石ミゲルの墓?調査開始©2ch.net

    【長崎】天正遣欧少年使節・千々石ミゲルの墓?調査開始の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/11/17(木) 18:55:01.43 ID:CAP_USER9
    豊臣「五人衆」後藤又兵衛の討ち死に報告、秀頼への書き付けが見つかる 京都
    2016.11.17 12:03

    岡山県立博物館は17日、徳川家が豊臣家を滅ぼした大坂の陣(1614~15年)で豊臣側の
    「五人衆」として戦った後藤又兵衛が討ち死にしたことを、配下の武士が豊臣秀頼に報告した書き付けが、京都府内で見つかったと発表した。

    続きはソースで

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/west/news/161117/wst1611170032-n1.html
    大坂の陣で後藤又兵衛が討ち死にしたことを、配下の武士が豊臣秀頼に報告した書き付け
    http://www.sankei.com/images/news/161117/wst1611170032-p1.jpg


    大坂夏の陣で討ち死に 後藤又兵衛の最期を記す史料発見
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161117/k10010772341000.html
    ダウンロード (1)


    引用元: 【歴史】豊臣「五人衆」後藤又兵衛の討ち死に報告、秀頼への書き付けが京都で見つかる…岡山県立博物館が発表©2ch.net

    豊臣「五人衆」後藤又兵衛の討ち死に報告、秀頼への書き付けが京都で見つかる…岡山県立博物館が発表の続きを読む

    このページのトップヘ