1: 2014/10/24(金) 21:43:38.84 ID:???0.net
■特攻の命中率 終戦直前は9機に1機の11%
初陣戦果に「有効性」思い込んだ海軍
初めての神風特攻隊は在フィリピンの第一航空艦隊(一航艦)司令長官、大西瀧治郎・海軍中将が編成し、海軍最後の艦隊決戦となったフィリピン・レイテ沖海戦に投入された。関行男大尉を隊長とする敷島隊計5機が1944年10月25日、米海軍の護衛空母「セントロー」(7800トン)を撃沈。他の3隻に損傷を与えた。
初陣での破格の戦果に、海軍は戦術としての特攻の有効性を信じた。

防衛庁防衛研修所戦史室(現在の防衛省防衛研究所戦史部)が編さんした戦史叢書によると、一連の「比島特攻作戦」で海軍は436機、陸軍は243機が出撃。成功率は約27%だったという。
この数字は高いのか、低いのか。目標に向かって急降下しながら爆撃する「急降下爆撃」という戦術はもともと、従来の水平爆撃以上の命中率を得るために編み出された。開戦時の真珠湾攻撃で、一航艦(南雲機動部隊)の九九式艦上爆撃機は急降下爆撃で命中率58.5%を上げている。
42年4月のインド・セイロン沖海戦では、英東洋艦隊の空母「ハーミズ」に対して命中率89%を記録。
史上初めて空母機動部隊同士が激突した42年5月の珊瑚(さんご)海海戦で、日本軍は米空母「レキシントン」に命中率53%、米軍は空母「祥鳳(しょうほう)」に命中率32%の戦果を残している。
そうした数字と比べて、レイテ沖海戦時の特攻成功率は特に高い数字というわけではない

しかも特攻戦術による命中率は次第に低下していく。軍事史研究家の故・小沢郁郎氏は自著
「つらい真実 虚構の特攻隊神話」(同成社)で、出撃機数や米海軍の被害統計などを精査。
フィリピン戦期(1944年10月~45年1月)は23.5%だった命中率が、沖縄戦期(45年3月~終戦)は7.9%に低下していたと算出した。

■体当たりなんて…日本は終わり」特攻1号の関大尉
全軍の模範となる「特攻第1号」として、海軍兵学校出身の関行男大尉は特に選抜された。
戦死後は2階級特進し、「軍神」となった。一方で、出撃前にこう慨嘆していたという。
「通常攻撃でも爆弾を命中させる自信がある。そんな僕に体当たりを命じるなんて、日本は終わりだ」

■劣勢で次々失った熟練パイロットたち
特攻戦術が採用された背景として、熟練の航空機搭乗員の減少がある。零式艦上戦闘機(ゼロ戦)をはじめとする日本機は戦果を上げる一方で、その防弾性能の低さから、損害も増加させた。
太平洋戦争は1942年8月にガダルカナル島の戦いが始まると航空消耗戦となり、逐次投入で貴重な戦力を消尽させていった。42年10月の南太平洋海戦では出撃216機のうち、約6割の130機を失ったとされる。
連合艦隊は翌43年4月の「い号作戦」終了後の研究会で、戦闘機の日米の実力差は開戦時には6対1とリードしていたが、同作戦では1対1くらいとほぼ並んだと判定した。戦史叢書によると、開戦時の海軍搭乗員約7000人のうち、
44年3月時点では既に6割近く、約3900人が戦死していたという。

■練習機や偵察機など低性能の機体も苦し紛れ投入
爆装した零式艦上戦闘機(ゼロ戦)により、特攻作戦は開始された。
搭乗員は志願制を建前としたが、華々しい戦果が伝えられるとともに恒常化。あらゆる機体が投入されることになる

沖縄戦などがあった1945年3~7月に投入された陸海軍機計1813機のうち、約3割(計536機)がそもそも実際の戦闘には向かない偵察機・練習機、旧式戦闘機などが占めた。
もともと低速・低馬力なうえに無理に爆装したため、運動性能はさらに低下した。

■正規空母、戦艦、巡洋艦は一隻も撃沈できず
米海軍、最新レーダーで特攻を無効化
米海軍は最新の科学技術、効率的な組織運用により、特攻戦術を無効化していった。
精神主義の日本軍は物量だけでなく、米軍の合理主義にも敗れ去った。
特攻機の主目標は大型の正規空母(2万~4万トン級)を中心とする機動部隊。
その外周部に、米軍は対空捜索レーダーを搭載した駆逐艦「レーダーピケット艦」による
早期警戒網を設け、日本の攻撃隊を感知。空母の戦闘機隊で迎撃した。

http://mainichi.jp/feature/afterwar70/pacificwar/data2.html


引用元: 【戦争】航空特攻による戦死者3848人、正規空母・戦艦・巡洋艦は一隻も撃沈できず・・・無意味さを認識していた大本営★3

スポンサーリンク
2: 2014/10/24(金) 21:43:45.12 ID:???0.net
>>1
迎撃網を突破した日本機に対しては、輪形陣を組んだ護衛艦艇の対空砲火が待ち受けていた。
距離、高度、方位、速度を測定できる対空射撃指揮レーダーと連動。さらに一部の砲弾は最新の「近接(VT)信管」を装備していた。信管が電波を発し、敵機を感知すると砲弾を破裂させるため、直撃する必要はなかった。
こうしたシステムを統制したのが空母などに設置したCIC(戦闘情報センター)だ。ピケット艦の情報などを分析し、効率的に戦闘機隊を差し向けた。1945年5月の戦況について、米太平洋艦隊司令長官のチェスター・ニミッツ提督は「神風の脅威を自信を持ってはね返すところまで来ていた」と記す。


■衝撃力弱く「無意味さ」認識していた大本営
特攻隊は正規空母はもちろん、戦艦、巡洋艦も実際に沈めることができなかった。
撃沈した護衛空母は1万トン足らずと正規空母の半分の大きさで、量産性に優れていたため「ウイークリー空母」「ジープ空母」などと呼ばれる代物だった。
米軍は「ダメージコントロール」能力にも優れていた。艦艇には専門の「ダメージコントロール」部隊を配置したり、自動消火設備を装備したりするなど、被害を最小限に食い止めた。
たとえ撃破されても、沈没を免れれば造船工場での修復が可能だった。
沖縄戦には正規・軽空母16隻、戦艦23隻、護衛空母28隻、巡洋艦39隻、駆逐艦205隻などを投入(「世界の艦船」803号より。雨倉孝之氏調べ)。
開戦後の被害艦艇は後方に下げる一方で、艦隊編成に穴が開かないよう工夫していた。
例えば、護衛空母は常に18~20隻が第一線に配置される態勢だったという。

米艦被害の実態は特攻機の命中率の低さに加え、体当たりの衝撃力の弱さも影響している。
空中投下する爆弾に比べ、航空機の突入速度は遅い。大本営もそれは認識しており、
1945年5月には「現有特攻機の装備と攻撃法では貫徹力不十分等のため、
大型艦に対しては致命的打撃威力を発揮できないと認められる」と関係幹部らに通知し、
対策を求めた。しかし、それでも、特攻は終戦まで続けられた。


■特攻を否定していた最前線の搭乗員
「統率の外道」とされた特攻戦術に、前線の搭乗員らは否定的な見方をしていた。
当時の最前線の雰囲気はどうだったのか。「大空のサムライ」として知られ、64機撃墜のエースだった坂井三郎氏(故人)は戦後、加藤寛一郎・東大名誉教授(航空宇宙工学)のインタビューに答えている。「士気は低下した。
大義名分のもとに帰還する確率が、たとえ1万分の1でもあるから士気が上がるんです。大本営と上の連中は上がったと称する。大うそつきです」
海軍のエース、菅野直大尉(1945年8月戦死)はフィリピンで特攻待機の上官命令に逆らい、「行く必要なし」と部下を押しとどめた。陸軍の佐々木友次伍長(ごちょう)は特攻出撃したが、生還した。
ところが大本営が「戦死」と発表。それ以降、「特攻しろ」との参謀らの非難にさらされ続けた。
「◯すことばかりを考えている」と上層部を批判した佐々木伍長は、通常攻撃を続け、戦争を生き抜いたという。

海軍の美濃部正少佐は夜襲専門の「芙蓉部隊」を創設。用兵次第では通常攻撃がまだ有効であることを証明した。
練習機による特攻を提示した参謀らに対し、美濃部少佐は下の階級にもかかわらず「成算があるというのなら、ここにいらっしゃる方々がそれに乗って攻撃してみるといいでしょう。
私が零戦1機で全部撃ち落してみせます」と叱責した。
司令官らはどうしたか。一航艦司令長官から軍令部次長に昇任していた大西瀧治郎中将は終戦を迎えると自決。
五航艦司令長官の宇垣纏(まとめ)中将は45年8月15日、部下を率いて沖縄方面へ特攻出撃した。
二航艦司令長官などを務めた福留繁、軍令部で特攻作戦を推進した黒島亀人の両提督、陸軍で特攻を指揮した富永恭次、菅原道大の両将軍は戦後を生き抜いた。


■航空特攻による戦死者 3848人
特攻隊員の7割は学徒出身だったと言われる。高学歴で速成教育に適していたからだが、彼らは欧米の思想、文学などに親しんできた者も多かった。
陸軍の上原良司大尉(慶大経済学部、1945年5月戦死)もその一人。自由の偉大さは証明されつつあるとして、出撃前夜に書き残した。「(権力主義の国家は)必ずや最後には敗れる事は明白な事実です。
我々はその真理を、今次世界大戦の枢軸国家において見る事が出来ると思います」「自己の信念の正しかった事、この事はあるいは祖国にとって恐るべき事であるかも知れませんが、吾人にとっては嬉(うれ)しい限りです」

3: 2014/10/24(金) 21:44:27.89 ID:n7J+ToU30.net
犬死無駄死

4: 2014/10/24(金) 21:46:07.95 ID:reh1M3qo0.net
戦艦なんて狙ってもムダ。
上陸船艇をもっと狙うべきだった。
特攻はキルレシオが米軍を上回った
数少ない、いや唯一?の戦術だよ。

7: 2014/10/24(金) 21:47:44.59 ID:R/Q4vjp60.net
特攻は合理的かつ有効な作戦
当時の状況下ではベストだった
それを笑うのは協調性も郷土愛もない無職ニート

20: 2014/10/24(金) 21:51:05.40 ID:XSpR6Yhp0.net
>>7
つ赤紙
つq 特攻戦闘機のキーおいときまつねえw

76: 2014/10/24(金) 22:02:14.32 ID:mFqxrfA20.net
>>7
ダメだろ。
旧式化して太刀打ち困難な戦闘機群。
熟練パイロットを次々失って、まだ少年のような新人パイロットばかり。
旧式の戦闘機をやっと飛ばせる技量なのに、クソ重い爆弾抱えさせりゃ飛ぶのもやっと。
ヨタヨタ飛んでりゃ、そりゃ格好の餌食でただただ無意味に死なせてるだけ。

戦力を温存せず、本土決戦を避ける作戦だったと言えば、非情ではあるが有効ではあったな。

529: 2014/10/24(金) 23:00:03.48 ID:xeA8lP110.net
>>7
確かに、でも当時の状況をもっと詳しく説明しないと何ともいえないかと

普通に戦ってもほとんど戦果をあげられなかったから
苦し紛れの特攻だったと思うが・・・

特攻しなかったとしても、
ろくに訓練もしていない飛行士で
ろくに整備も出来てない飛行機で
性能の高い敵戦闘機では勝負にならなかったようだしね。

923: 2014/10/24(金) 23:40:52.93 ID:NycbmAav0.net
>>7
仮にベストだったとしても
無駄な行動であることに代わりはなかったわけだろ?要するに。
手段が無いのに無理矢理ひねり出したのがあれだったと。
要は退けば良かったんだよ。
退いてダメなら降伏しろってのは結果を知ってる俺らだから簡単に言えることだけどね
でも実際に書いてあるような無駄が生じてるなら冷静になればもっと別な対応があった
死んだパイロットを無駄死にと呼ぶようなことさえなければ
特効を無理矢理な論理で美化?するような議論はすべきでない
少なくとも正しい歴史の活かし方ではない

9: 2014/10/24(金) 21:49:05.05 ID:nI7Sx8mz0.net
まともなやつが死んでクズが生き残ったから
日本はこの体たらくなのだろう

17: 2014/10/24(金) 21:50:57.05 ID:qMBetbuj0.net
>>9
それはレッドパージの話ね。

534: 2014/10/24(金) 23:00:37.36 ID:lGV9WmgV0.net
>>9
中国の文革みたいなものか

591: 2014/10/24(金) 23:06:13.24 ID:GlJw5fiU0.net
>>9
まあ実際、特攻を命じてた海軍軍令部は気違いだらけだったからね
陸軍に比べて戦犯が少ないのはひとえに伏見宮 博恭王を連合国側からの責任追及から守るためだし

10: 2014/10/24(金) 21:49:12.91 ID:KyVbywec0.net
特攻隊より有効なことが思いつかなかったんでしょうな

11: 2014/10/24(金) 21:49:35.39 ID:fSMqjl360.net
スピットファイアはイマイチだろー

あんなんよりもサンダーボルトとマスタングだよ

12: 2014/10/24(金) 21:49:40.45 ID:Nu20MSxe0.net
アメリカ海軍はダメコン重視だからなかなか沈まないけど、被害の程度が戦線復帰は無理なんて状態はままある。
帝国海軍はダメコン下手だし、艦長が妙な美学もってたりしたらさっさと沈めちゃうもんな。

14: 2014/10/24(金) 21:50:01.83 ID:BM2loKZk0.net
米軍の特攻に対する公式評価

UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY SUMMARY REPORT (Pacific War)より

日本軍パイロットがまだ持っていた唯一の長所は、彼等パイロットの確実な死にを喜んでおこなう決意であった。
このような状況下で、かれらはカミカゼ戦術を開発させた。
飛行機を艦船まで真っ直ぐ飛ばすことができるパイロットは、敵戦闘機と対空砲火のあるスクリーンを
通過したならば、目標に当る為のわずかな技能があるだけでよかった。
もし十分な数の日本軍機が同時に攻撃したなら、突入を完全に阻止することは不可能であっただろう。
従って、日本軍の機体とパイロットが100%失われたとしても、我々が耐えられない損害を当たえるのに
十分だったであろう。
1944年10月から沖縄作戦終了まで、日本は2550機のカミカゼを飛ばし、うち475機18.6%が有効で、
確実に命中あるいは至近弾効果となった。
空母12隻、戦艦15隻、16隻の軽空母・護衛空母を含むあらゆる艦種の軍艦が損害を受けた。
沈没艦で護衛空母より大きい艦はなかった。およそ45隻が沈没したが、その多くは駆逐艦だった
しかしアメリカが被った実際の被害は深刻であり、米軍に深い懸念をもたらした。
その為延べ2000機のB29が日本の都市と産業への直接攻撃から、九州のカミカゼ飛行場を攻撃する為に振り向けられた。
日本がより大きな打撃力で集中的な特攻攻撃を持続し得たなら、 我々を撤退させるか若しくは
戦略計画を大きく変更させ得たかもしれない。

特にここ大事だから試験に出るぞおw

しかしアメリカが被った実際の被害は深刻であり、米軍に深い懸念をもたらした。

我々を撤退させるか若しくは 戦略計画を大きく変更させ得たかもしれない

35: 2014/10/24(金) 21:55:08.12 ID:vJMYCp3n0.net
>>14
まあそれで原爆だけどな。

21: 2014/10/24(金) 21:51:13.48 ID:rBEfUS7v0.net
桜花なら当たれば空母でも戦艦でも撃沈できた。

25: 2014/10/24(金) 21:52:20.66 ID:fSMqjl360.net
>>21
当たれば有効なんて言ったらイギリス兵器だって有効だよ

24: 2014/10/24(金) 21:51:39.81 ID:LZ3iaMyG0.net
こんな悲惨な事にならないように、自衛隊の装備を充実して楽に勝てるようにしておく必要があるね。
自衛隊の予算を、数倍に増やすように政治家に訴えよう

32: 2014/10/24(金) 21:54:05.18 ID:qwbvcJDn0.net
エセ◯クス級に撃沈は無いが、それもダメコンのおかげ。昔なら撃沈確実の
深手を与えても、結局は母港に帰り着いたんだから仕方ない。
スクラップになった艦も少なからずあったようだ。戦場で沈まなかった
というだけだよ。

38: 2014/10/24(金) 21:55:56.24 ID:BM2loKZk0.net
>>32
硫黄島のサラトガは沈んだレキシントンの乗組員でサラトガに乗ってた乗組員によれば
珊瑚海のレキシントンより重症だったそうだし
バンカーヒルはピュージェット造船所史上で一番酷い損傷でまともに修理できなかったみたいだし
エンプラも結局復員任務しかできなかったし
米海軍は空母いっぱいあったんだから、ゴミはそのまま沈めてくれれば良かったのに

58: 2014/10/24(金) 22:00:22.03 ID:d4X3c2tF0.net
>>32
米空母もダメコン高いけど
日本の制式空母だって相当に高いよ
瑞鶴なんか何本航空魚雷、爆弾ごとき食らっても沈まなかったし
結局、キングストン弁開き味方潜水艦の魚雷で自沈

33: 2014/10/24(金) 21:54:06.75 ID:lH0ZFv4h0.net
コンピューターもミサイルも発達していない時代なんだから
人間がミサイルになるしかなかろう。
当時の事を今の基準で考えちゃいかんよ。

34: 2014/10/24(金) 21:54:50.07 ID:egj9yfmb0.net
ミッドウェーで負けた時点で講和の道を探るべきだったのに

47: 2014/10/24(金) 21:58:33.68 ID:vJMYCp3n0.net
>>34
ミッドウエイで、空母機動部隊を引き寄せて潰して講話だっんだけどね。

72: 2014/10/24(金) 22:01:54.98 ID:7HwRgD4I0.net
>>34
一方アメリカは負けてたら「本土決戦」やる気だった

…日本と違って農家の主婦でも子供でもショットガン使えるから
1000万単位の銃で武装した民兵が出てくるなw

そいつらと戦いながら歩兵やチハタンでアメリカ大陸打通してワシントンを落とせば日本の勝ち
打通出来ないと東海岸から週刊空母と戦闘機がやってくる


結論…無理ゲー

83: 2014/10/24(金) 22:03:41.80 ID:jOd6klgL0.net
>>72
つーか、常識的に考えて、ハワイを占領する兵力も船も無い
ガダルカナルでさえアップアップだったのに。

107: 2014/10/24(金) 22:06:52.42 ID:KTAFGdJ50.net
>>83
ハワイには戦艦や重巡洋艦、軽巡洋艦の主砲と同等の砲台が多数設置されていたので、
ろくに主砲弾を命中させられない日本の連合艦隊の艦砲射撃では、
逆に日本の連合艦隊の戦艦群ですら撃ち負かされてしまうのである。
そして撃ち負かされた後に日本軍が上陸作戦を強行すれば、
日本軍の上陸部隊には多数の犠牲を強いる事になる。

86: 2014/10/24(金) 22:04:06.51 ID:Nu20MSxe0.net
>>72
そもそもハワイすら攻略できんて・・・。

122: 2014/10/24(金) 22:09:39.72 ID:KTAFGdJ50.net
>>86
ハワイには戦艦や重巡洋艦、軽巡洋艦の主砲と同等の砲台が多数設置されていたので、
ろくに主砲弾を命中させられない日本の連合艦隊の艦砲射撃では、
逆に日本の連合艦隊の戦艦群ですら撃ち負かされてしまうのである。
そして撃ち負かされた後に日本軍が上陸作戦を強行すれば、
日本軍の上陸部隊には多数の犠牲を強いる事になる。

37: 2014/10/24(金) 21:55:22.78 ID:Omt9QoW20.net
どうして、そこまで日本人を追い込んだ鬼畜米英中に、怒りが向かわないのかね?

ああ、これ変態新聞か。

69: 2014/10/24(金) 22:01:30.69 ID:vJMYCp3n0.net
>>37
向いたけど赦したんだろ。
お互い様で。バカか昔を蒸し返して混乱を楽しんでいるだけだろうよ。

90: 2014/10/24(金) 22:04:26.04 ID:LZ3iaMyG0.net
>>69
何がお互い様なんだ。洗脳が利いてるな

39: 2014/10/24(金) 21:56:02.11 ID:3/4N0pkY0.net
なんでこんな無謀な戦争したの?
日清、日露で天狗になっちゃった?
それとも勝ち目は少しはあった?

103: 2014/10/24(金) 22:06:14.30 ID:k6H8MeW70.net
>>39
一応ワンチャン程度はあったらしい
とりあえず南方で潜水艦が輸送船を再優先で狙ってたらあそこまで酷いことにはならなかったとかなんとか
っていうか兵站の重要性をもっと理解するべきだったな、いまさらだが

118: 2014/10/24(金) 22:08:50.35 ID:mW9qDIrb0.net
>>103
輸送船団に駆逐艦だけじゃなくて護衛空母までつける国に、
日本の潜水艦が有効な働きできるとは思えないけど

136: 2014/10/24(金) 22:12:02.56 ID:VDWmVWCs0.net
>>39
何で無謀な戦争に突入したか?

実は今だに謎なんだよね。
誰が意思決定をしたのか?
本当に分からない。

様々な官僚機構が己の最大利益を求めて、それを統合するシステムの欠如が致命的だったと思う。
最大公倍数をとったら、開戦が最も合理的だったって、国内事情の問題。
それが無謀ってことで、止めることが誰も出来なかった。

146: 2014/10/24(金) 22:13:39.85 ID:A2QLoo640.net
>>136
戦史いっぱい調べたから知ってるぞ。
日本はアメリカと日本海海戦みたいな局地戦のあと講和するつもりで、
全面戦争になるとは思ってなかった。

172: 2014/10/24(金) 22:16:51.25 ID:vJMYCp3n0.net
>>136
そこら辺の総括て全く無いよね。
出来ないだろうけど。軍部、官僚、財閥色んな力か混じりあってマスコミ使って言論統制

197: 2014/10/24(金) 22:19:28.02 ID:p17BfxeY0.net
>>172

財閥なんて関係ないだろ。軍部は財界の資産を没収したから、財界とは超仲が悪いよ。

199: 2014/10/24(金) 22:19:33.95 ID:TbG49l+y0.net
>>172
目的達成がどこなのかを定めてないでしょ。
アジア解放がゴールなのか、あくまでもアメリカ本土を完膚なきまで叩きのめすのがゴールなのか。
どう考えても後者は無理ってみんなわかっている。

ゴールは決めないとダメだよ。、

229: 2014/10/24(金) 22:23:11.75 ID:jOd6klgL0.net
>>199
とりあえず、アメリカと戦争しながら東南アジアの資源とろうか・・というのが目標ならぬ目標
ところが、相手のいる戦争では、好きな通りさせてくれないのが現実でして。

41: 2014/10/24(金) 21:56:39.69 ID:aJIV/lSB0.net
戦力差があればあるほど、知恵で補うのが戦の基本だろうが。
最低でも、爆弾抱えたノロノロ特攻機を敵艦まで無傷で届ける、精鋭の護衛部隊戦闘機とチームを組んで、はじめて特攻作戦といえるだろう?

戦艦大和の特攻も、構造は、まったく同じ。

日本軍が出したのは、知恵ではなく、ヤマト魂(笑)。不屈の精神ごときで敵と戦えるか、カス大西め。

おかげで知恵のない民族以外には、押しつけられそうもない9条が現れた。
9条をなくせないのは、特攻を賛美するカス野郎のせいなんだよ

56: 2014/10/24(金) 22:00:15.73 ID:BM2loKZk0.net
>>41
護衛戦闘機出してるから、特攻機が届いたんだよバカチョンw

戦史叢書より、菊水作戦(陸軍は○次航空総攻撃)での通常作戦機出動機数
海軍
戦闘機 1130機
陸攻 257機(銀河・陸軍より指揮下に入った飛龍が主力、他少数の1式陸攻)
艦攻 93機
艦爆 24機
夜間爆撃機・夜間戦闘機 226機(芙蓉部隊の彗星が含まれる)
水上偵察機 75機(内多数の瑞雲は艦船攻撃に投入)
偵察機 143機

陸軍
戦闘機 400機
重爆 88機(主に飛行場爆撃に投入)
軽爆 34機
偵察機 26機
陸海軍出撃機合計 2496機

ちなみに同作戦期間中の特攻機
海軍1062機 陸軍560機

62: 2014/10/24(金) 22:00:47.91 ID:VDWmVWCs0.net
>>41
> 精鋭の護衛部隊戦闘機とチームを組んで、はじめて特攻作戦といえるだろう?
何処に精鋭の戦闘機が居るのかな?
実情を無視しての仮説は思いっきり無意味だね。

43: 2014/10/24(金) 21:58:02.09 ID:BM2loKZk0.net
特攻による米軍の死傷は
フィリピンで5500名
沖縄で9000名
その他で1000名
合計15000名以上とニミッツ戦記と
米軍の公式記録に書いとる

それに特攻で戦死した連合軍の将官は
中将・少将・大佐も含む将官士官も多くて
全然下っ端じゃない
だから特攻がエリートのむだ遣いというのも間違いだな

51: 2014/10/24(金) 21:59:44.08 ID:yO7jju0e0.net
人間という弾が切れたら終わり
優秀なパイロットの無駄遣いでしかない

255: 2014/10/24(金) 22:25:24.84 ID:g5Xs7Bau0.net
>>51
戦争ってのはもともとそういうもんだから

64: 2014/10/24(金) 22:01:00.76 ID:uC14AlyE0.net
空母には当てられなかったが、なんか戦艦にのってる米兵が甲板で
「空母は→あっち」
みたいな看板持って自分の船を守ってたとか

71: 2014/10/24(金) 22:01:55.07 ID:pk+ma5R+0.net
>>64
視力よすぎだろw

316: 2014/10/24(金) 22:32:35.76 ID:DVRwQ7gB0.net
>>64
其れスカパーのドキュメンタリ番組で写真付きでやってたわ。
沖縄に押し寄せた海軍は全世界連合軍。
アメリカが今のオバマの様に金と物質と利益誘導で呼び寄せた所に、勝ち馬に乗ってお零れに預かろうと言う卑しい国の海軍も参戦。
イタリア海軍も総動員で沖縄に集結。
其処で見た神風の悪魔が乗り移った様な戦闘ぶりに震え上がり知恵を絞っての案内標識作戦。
空母はアチラと大きい矢印を白ペンキで大書して避雷針効果を期待。
方角は正確でアメリカも困ったがどうしても世界対日本の戦いに持ち込みたい為に、泣く泣く黙認したとか言ってたなw

66: 2014/10/24(金) 22:01:03.91 ID:jfU8bb3p0.net
特攻なんて、人的資源の大いなる無駄遣いにすぎない。
こんなものを美化するのは、馬鹿げたことだ。
 

79: 2014/10/24(金) 22:03:06.25 ID:pZON9fMt0.net
特攻じゃなければ、それこそ犬死していたよな

178: 2014/10/24(金) 22:17:34.50 ID:b/7eZYey0.net
>>79
特攻は100%犬死にだが、通常攻撃なら万一にも生還できる可能性はある

98: 2014/10/24(金) 22:05:53.04 ID:5r+N9ZN90.net
特攻を主導した軍首脳は人間のクズだが
特攻を遂行した隊員は聖人だ

110: 2014/10/24(金) 22:07:01.29 ID:02EfhYiK0.net
英霊を侮辱する者には、怒りを通り越して憐れみと悲しみしか浮かばない。
日本人ではないと願いたい。

121: 2014/10/24(金) 22:09:31.66 ID:jfU8bb3p0.net
>>110

英霊を侮辱する奴は日本人とは言えない。

しかし、帝国臣民を無駄死にさせ犬死させた奴らは国賊であり、最大級の非難に値する。
 

114: 2014/10/24(金) 22:07:34.72 ID:lH0ZFv4h0.net
たぶんね、日本人の美意識として
負けるにしても最後の1機になるまで全力を出し切って
きれいさっぱりしてから終わりにしたかったんだよ。

148: 2014/10/24(金) 22:13:51.04 ID:VNd+0OkE0.net
英語圏では自爆テロって表現するが、フランス語ではKamikazeとなっている。
これ豆な。

160: 2014/10/24(金) 22:15:16.75 ID:AYFKnBs90.net
ヒストリチャンネルだかで見たが、イギリスもバッキンガム宮殿上空にドイツ軍機が侵入した際に
特攻で撃墜したんだっけ

162: 2014/10/24(金) 22:15:57.97 ID:LZ3iaMyG0.net
これが上手いプロパガンダ。
すぐに戦争は悪、特攻は無駄死にだったと単純に帰結させてしまう。

225: 2014/10/24(金) 22:22:40.55 ID:b/7eZYey0.net
お前ら当時兵隊やってたら特攻したか?