1: 2016/10/24(月) 23:47:34.91 ID:CAP_USER9
約100年間、所在不明
http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggLi2NHGjTxkIuEg35ROL9UA---exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/163279650791294457/origin_2.jpg

戦国武将の真田幸村(信繁)が、義兄に宛てた自筆書簡1通の原本が見つかった。京都市内で24日に開かれた鑑定作業で真筆と確認された。

 書簡の原本は明治期に実業家岡本貞烋が入手し、1904年と14年に現在の東京大史料編纂所が写しを作成。
内容は広く知られるが、その後約100年間、所在が分からなくなっていた。

続きはソースで

http://this.kiji.is/163275370999252474?c=39546741839462401 
ダウンロード


引用元: 【社会】真田幸村の自筆書簡原本を発見 [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2016/10/24(月) 23:48:00.43 ID:YfZhrX7s0
な、なんだって~

4: 2016/10/24(月) 23:48:11.92 ID:AuepReqX0
で、肝心の内容は

5: 2016/10/24(月) 23:48:38.36 ID:jsvjaEek0
捏造品やろ

6: 2016/10/24(月) 23:49:32.77 ID:RudVAQwV0
きったねぇ字だな

7: 2016/10/24(月) 23:49:51.32 ID:aJfa8x8i0
幸村の名で発見されたんじゃないのか

11: 2016/10/24(月) 23:54:31.84 ID:7y55/hPM0
なんで字がにじんでないのですか?

15: 2016/10/24(月) 23:57:34.01 ID:fIL4ir/o0
また金の無心かな。

18: 2016/10/25(火) 00:01:25.92 ID:ajLVNYi+0
真筆なのかえ?

22: 2016/10/25(火) 00:03:17.96 ID:xBK3qiQ30
歴史ファンとしてくやしいが、全く読めない
特別な訓練すれば読めるらしいのだが

68: 2016/10/25(火) 01:58:24.09 ID:vhuYr7Zd0
>>22
わいと一緒に練習するんや
平仮名はわりとすぐ覚えられる
問題は漢字……

69: 2016/10/25(火) 02:03:30.44 ID:6x3rnQ7t0
>>68
おお、あなたも練習しているの?
拙者もです
なぜか今脱線して万葉仮名と漢文のほうにいってしまっているけど

77: 2016/10/25(火) 03:29:37.82 ID:xCrclgyK0
>>68

ちゃんと、漢字の崩し字・草書体辞典を買って勉強するヨロシ

プロの人は必ず持っている

100: 2016/10/25(火) 13:21:52.19 ID:vhuYr7Zd0
>>77
もちろん持ってる
書道のと合わせて3冊あるわ
怠け者だから進まんのよね

24: 2016/10/25(火) 00:05:25.86 ID:ioC+3al40
義兄って作兵衛?茂誠?内記の息子?大谷さんの息子?

25: 2016/10/25(火) 00:06:09.33 ID:xBK3qiQ30
>>24
姉の松の夫の茂誠に決まってるだろ

27: 2016/10/25(火) 00:06:44.40 ID:ujNywGP00
信繁もまさか金や酒を無心した私信が後世に残るとは思ってなかっただろうな。
武田信玄のラブレターとかも。

30: 2016/10/25(火) 00:09:28.82 ID:G0o2lrFDO
紙が新しすぎる

82: 2016/10/25(火) 05:48:51.70 ID:s/gZscXe0
>>30
あっという間に焦げ茶のボロボロに劣化する紙は、近代の酸性紙位

32: 2016/10/25(火) 00:11:52.06 ID:luuegh+i0
姉貴の旦那の小山田だっけ?髭も白くなり歯も抜け落ち、のやつか

41: 2016/10/25(火) 00:21:02.82 ID:ajLVNYi+0
>>32
ああ木村佳乃の旦那か

33: 2016/10/25(火) 00:12:57.86 ID:Vb3uVQg40
昔の人は一回も間違わないで書いてるのかな

39: 2016/10/25(火) 00:18:47.53 ID:P9yMzfOW0
>>33
結構間違えて紙を貼ったりしてるで

99: 2016/10/25(火) 12:43:32.61 ID:mAQPPPda0
>>33
間違うこともあるね
ちゃんと訂正してる

36: 2016/10/25(火) 00:13:53.12 ID:luuegh+i0
信長の寧々に当てた手紙も個人所有なんだよな
どっかの博物館で管理した方がいいと思うんだけど書状関係は写しさえあればいいのか

46: 2016/10/25(火) 00:32:09.89 ID:HKsTujx50
信繁って呼ぶのやめろ
江戸時代から幸村で認知されてたんだから幸村でいいんだよ
幸村の方がかっこいいし

48: 2016/10/25(火) 00:36:50.89 ID:zIRo3trV0
>>46
信繁生きとる間に一度も幸村と名乗ってないと言うてたで

50: 2016/10/25(火) 00:39:15.18 ID:HKsTujx50
>>48
知ってるよ
だから江戸時代からって言ってるだろ

51: 2016/10/25(火) 00:42:49.72 ID:9KTYZNOP0
>>48
大河は自分でつけちゃってるしな

52: 2016/10/25(火) 00:50:56.47 ID:02jIB4DA0
幸村の村は村正の村かとおもってたら
真田丸みたら九度山村の村だったのか?

53: 2016/10/25(火) 00:56:04.00 ID:O4HiW0bw0
>>52
三谷幸喜に時代考証頼るんじゃねーよ甘えんな!

考証はこっちでやって、アレはシナリオ展開書かせるしか能がない池沼だと思え w

56: 2016/10/25(火) 01:06:05.15 ID:02jIB4DA0
>>53
昌幸を孫子兵法とか韓信と比べて
なめた評価してたけどあれもあいつの創作か
あいつ中国歴史絶対しらんだろうと思う

54: 2016/10/25(火) 01:00:22.06 ID:0KeG1rI10
世の中に色々と嫌なことはあるものでござるが
ソレガシの名が幸村などと後世に伝わるのが一番イヤでござる
万が一にもそのようなことになってはソレガシ死んでも死にきれないでござる

とかいう内容だったりしないのかなw

55: 2016/10/25(火) 01:00:45.22 ID:9KTYZNOP0
こんな人生の最後1年だけが華みたいな人、1年もドラマどうするんだ?
半年くらいは軟禁生活なの?と話が決まった時思ったけど
14年の歳月が正味80分で流れ去ったw

57: 2016/10/25(火) 01:07:56.20 ID:zIRo3trV0
韓信は役者達のアドリブ

60: 2016/10/25(火) 01:21:39.40 ID:DS3gXTma0
確認したのはいいけど
何が根拠なんだろうな
年代鑑定とか成分の分析とか科学的な根拠あるのだろうか

103: 2016/10/25(火) 16:26:31.93 ID:hoZ+yPhy0
>>60
真田丸の考証をやってる丸島和洋氏が鑑定内容について書いてる。
http://ji-sedai.jp/series/research/065.html
次に、本書状が原本かどうか。これがもっとも大事であろう。
料紙は楮紙で、豊臣期にみられたものとみて違和感はない。
筆跡も、影写本段階で想定していたように、内容から信繁が代筆したとわかる昌幸書状と同筆であり、自筆原本とみて間違いはないだろう。
この点はふたつの点から裏付けをえられた。第一に、花押(2.5×3.0センチ)が本文と同墨であり、同じ人物が記した可能性が高い。
第二に、行間に書かれた追而書(追伸)の中に、本文の字に重なっているものがあるが、追而書の文字が本文の字の上に書かれていることが目視で確認できたことである。

この前後に書いてあることをまとめると、書式や折り方などが当時のものと同じ。
古文書の写しは原本に薄紙を重ねて上からなぞったものが多いが、これは上質な厚い紙に書かれていて、なぞったのではなくちゃんと書いたものであることが筆跡のカスレ具合や文字の重なり方から確認できる。
このことから現在残っている手紙の写しと見比べればこちらのほうがオリジナルである可能性が高いということ。

ちなみに丸島氏は信繁の残した書状についての本を最近出してる。
その中で信繁が天正壬午の乱で木曾義昌の人質になった時書いた手紙の文章の拙さから、信繁は通説よりも数歳若かったのではないかという説を出しているそうだ。

62: 2016/10/25(火) 01:24:17.18 ID:pRK5pV5LO
真田信繁が夏の陣で最後まで乗った馬の墓があるんだよな

64: 2016/10/25(火) 01:34:16.80 ID:6x3rnQ7t0
拙者の家は代々乱破の家系
頭領は何を隠そう、あの百地丹波こと三太夫殿でござる
伊賀上野の乱では拙者の先祖が加藤某を猪の罠に誘き寄せ、捕縛した巻物まで残っている
戦場で死ぬるは本望よ

70: 2016/10/25(火) 02:24:16.93 ID:mIQJEhxK0
なんで昔の人ってこれが読めるのか不思議w
昔の人にとってはこれが普通だから読めるのかな?

71: 2016/10/25(火) 02:27:38.65 ID:xanSjczC0
実兄に金遅れって頼んでくれ義兄
みたいな内容か?

74: 2016/10/25(火) 03:12:42.42 ID:RD6Dt+BlO
九度山の貧乏暮らしはホント堪えたんだろうな
これじゃ声掛かればホイホイ大坂行っちゃうわ
でも、やることないからって奥さん(正室)やら愛人(側室)らにガキ仕込んで、ポンポン産ませたら
そりゃあ あんた…

83: 2016/10/25(火) 06:24:00.92 ID:mpAD66l/0
>>74
でも大河は全員春(正室)の子供になってるんだよな
大助はそうだけど、阿梅は側室(内記の娘、要はきり)の子供という話もある

87: 2016/10/25(火) 06:44:24.87 ID:oe/KxHx10
これは達筆なの?

88: 2016/10/25(火) 06:55:36.11 ID:DSKIvsnY0
>>87
たぶん下手
最初と最後で行間が合ってないし

89: 2016/10/25(火) 06:59:51.04 ID:Rr6BdJNA0
専門家によると女文字みたいな細い書体で
繊細な性格の人だったと思われるというようなことを
歴史群像か何かに書いてあった。

92: 2016/10/25(火) 07:14:49.09 ID:jZ8IpJ/w0
なぜいつもいつもその年の大河の題材に合わせて見つかるんだ

95: 2016/10/25(火) 08:49:07.42 ID:81oL9U5z0
>>92
「関係者の間でのもっぱらの噂」と、「一般紙が報じるニュースバリュー」のバランスかな

94: 2016/10/25(火) 08:15:00.92 ID:tYxepRjg0
依頼人の登場です
鑑定や如何に

97: 2016/10/25(火) 10:31:53.91 ID:pi9AFN/q0
>>94
真面目な話3000万くらい。いや、もう少しするか
ちなみに信長の直筆と言われるもので5000万~1億くらい

96: 2016/10/25(火) 09:13:31.75 ID:DyKLb6IK0
古本屋で発見、ってどうよ、っていつも思う


魚屋で魚発見、みたいなもんじゃん


古本屋は、自分で何を売ってるのかも知らなかったのか、と

101: 2016/10/25(火) 14:14:29.40 ID:81oL9U5z0
>>96
魚屋が魚発見しても、手柄にも金にもならないじゃん。価値のわかる魚類学者にこっそり見せて、発表させるんだよ。当然、魚は高値で売りつける。

104: 2016/10/25(火) 16:38:21.98 ID:hoZ+yPhy0
あとこの手紙で面白いのは内容が
「正月用の鮭を送ってくれてありがとうね。うちは貧乏だけど皆元気だから安心してね。でも悪いからそんなにしょっちゅう手紙出してくれなくてもいいよ。自分も年取って歯も抜けたし白髪も生えてもう会う機会もないだろうけどひと目会いたいね」
というわりと泣き言が多いこと。
それだけ義兄である小山田茂誠とは仲がよかったんだろうなと思わせるな。

109: 2016/10/26(水) 02:52:47.59 ID:5GCmZLyq0
>>104
検閲が入ってるのに馬鹿正直にあれこれ書く訳が無い

105: 2016/10/25(火) 16:40:37.56 ID:nbmnAjRe0
確か実兄の方にも酒を強請る手紙を出してたような…w

110: 2016/10/26(水) 03:20:23.23 ID:7NlwkZoTO
>>105
それ何故か九度山の方に残っているらしいね。上田に送れていないのかな?
或いは何十回と送っていて、たまたま一通が残ってしまったのか?
焼酎送って!ってやつね
兄貴の信之はしっかり手紙を今に残していて、松代の資料館で見られるが、中々興味深いぞ

112: 2016/10/26(水) 10:33:01.08 ID:LAP66ffx0
松代藩には初代より決して開けてはならぬと強く厳命された長持があり
家老ですら中味を見たことはなく厳重に警護した秘蔵品だった
そして幕末、明治へと時代が下り、江戸幕府も遠くなりにけりとなった頃
この長持を開けてみたところ秘蔵の短刀や真田幸隆以来の重要書類の他に
豊臣方についた諸大名より送られた関ヶ原に関する書状が含まれていた
内容は、太閤の恩を忘れていなければ秀頼に忠誠を尽くしてほしいなどと記された書状であった
只でさえ幕府から目を付けられている状況でこのような書状が見つかれば、即刻お取り潰しは免れない
それでも信之はこの長持に4人の寝ずの番を付け、秘中の秘として保管し、約300年間も守り抜いた

つまり、信之お兄ちゃん格好いい!って話

113: 2016/10/27(木) 01:18:57.66 ID:rbdqzzfj0
>>112
なぜ燃やして諸文しなかったのか

115: 2016/10/28(金) 12:00:05.75 ID:mraU2kvf0
>>113
豊臣への忠義心が少しは残ってたんだろうね
もしくは徳川の世が終わった後の言い訳用。そこまで考えてるとは思えんけど

19: 2016/10/25(火) 00:02:49.38 ID:9vtRMsRc0
いくらで買ったか気になります