スポンサーリンク

    安土桃山時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/10/10(月) 05:47:23.55 ID:CAP_USER9
    摠見寺三重塔
    http://best-times.jp/mwimgs/8/4/250/img_8447ec899f6eac21166d8da6a7175a351465431.png

    1579年、織田信長の命により築城された、安土城。そのわずか3年後の1582年には、焼失、落城してしまった本城ですが、実は今その跡を訪れると、そこには、信長の意外な一面を知ることのできる遺跡があるのです--。

    ■安土城跡に今も立つ、摠見寺三重塔

     安土城は、信長が1576年、重臣の丹羽長秀を総普請奉行に据え、標高199メートルの安土山に築城させた地下1階、地上6階建、日本初の、石垣の上に天主(天守)を持つ平山城でした。

     現在は、両側が石垣で囲まれた大手道を上りきった山頂に、人の背丈ほどの石垣に囲まれた東西約25メートル、南北約30メートルの台地に、約90個の礎石が整然と並ぶだけの天主跡があるのみです。

     さて、この大手道の石段を注意深く見ながら上がっていきますと、ところどころに石仏が敷かれていることに気づきます。

     もちろん、これらの石仏はおまいりのために置かれているのではありません。城普請に使われる木材や石材は近郊の山から採取されるのが普通ですが、信長が命じた性急な工期のために、近隣の寺の解体によって得られた木材や石材として用いられた墓石や石仏も少なくなかったのです。つまり、墓石や石仏を踏みながら大手道を上り下りした人がいたということです。

     宗教心が薄かったといわれる〝革命児〟信長ならではのことと思われますが、信長のこのような所業に畏怖した家臣や職人は少なくなかったと思われます。

     大手道とは異なる道を下りますと、石垣に囲まれた狭隘な土地に窮屈そうに建つ摠見寺三重塔に出会います。一般的にはほとんど知られていないのではないでしょうか。

    続きはソースで

    ●志村 史夫しむら ふみお

    http://best-times.jp/articles/-/3365
    ダウンロード (3)


    引用元: 【歴史】「信長は宗教心が薄かった」は本当か? 安土城には菩提寺があった©2ch.net

    【「信長は宗教心が薄かった」は本当か? 安土城には菩提寺があった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/07(水) 15:53:47.47 ID:CAP_USER9
     天正遣欧少年使節の一人、千々石ミゲルの墓とみられる長崎県諫早市多良見町山川内の石碑の調査が6日、現地で始まった。

     2014年末に行った地中のレーダー調査では墓坑と推測される反応が確認されており、研究者らのグループが1週間の調査で墓であることの証明を目指す。

     石碑はミカン畑の一角にあり、高さ1・8メートル、幅1・2メートル。正面に2人の戒名が刻まれている。
    裏面にミゲルの四男、千々石玄蕃の名前があり、大村藩主から与えられた地にあることなどからミゲルと妻の墓とされ、2004年に発表された。

     この日は関係者ら約30人が集まり、調査の安全などを祈願。
    7日まで準備を行い、8日から12日まで、石碑前にある直径、深さ各1メートルの円筒形の墓坑を中心に、遺骨や副葬品の有無などを調べる。

     調査を手掛けてきた石造物研究家の大石一久さん(64)は「墓と分かればミゲルが眠っている可能性が高い。貴重な発見につながれば」と期待を込めた。
    ミゲルの子孫の浅田昌彦さん(63)(川崎市)は「代々受け継いできた墓が誰のものか明らかにしたい。歴史的価値を解き明かせたら」と話していた。

    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20160907/20160907-OYT1I50008-L.jpg
    http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160907-OYT1T50059.html
    2016年09月07日 15時07分
    images


    引用元: 【長崎】天正遣欧少年使節・千々石ミゲルの墓?調査開始©2ch.net

    【【長崎】天正遣欧少年使節・千々石ミゲルの墓?調査開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/11/17(木) 18:55:01.43 ID:CAP_USER9
    豊臣「五人衆」後藤又兵衛の討ち死に報告、秀頼への書き付けが見つかる 京都
    2016.11.17 12:03

    岡山県立博物館は17日、徳川家が豊臣家を滅ぼした大坂の陣(1614~15年)で豊臣側の
    「五人衆」として戦った後藤又兵衛が討ち死にしたことを、配下の武士が豊臣秀頼に報告した書き付けが、京都府内で見つかったと発表した。

    続きはソースで

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/west/news/161117/wst1611170032-n1.html
    大坂の陣で後藤又兵衛が討ち死にしたことを、配下の武士が豊臣秀頼に報告した書き付け
    http://www.sankei.com/images/news/161117/wst1611170032-p1.jpg


    大坂夏の陣で討ち死に 後藤又兵衛の最期を記す史料発見
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161117/k10010772341000.html
    ダウンロード (1)


    引用元: 【歴史】豊臣「五人衆」後藤又兵衛の討ち死に報告、秀頼への書き付けが京都で見つかる…岡山県立博物館が発表©2ch.net

    【豊臣「五人衆」後藤又兵衛の討ち死に報告、秀頼への書き付けが京都で見つかる…岡山県立博物館が発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/05/13(金) 06:02:25.26 ID:CAP_USER
    2016年05月13日
    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20160512/20160512-OYTNI50042-L.jpg
    16世紀に書き写されたことがわかった神皇正統記の写本(12日、会津若松市で)

    ◆町鑑定結果 上下巻計224ページ

     只見町は12日、町内の民家で見つかった「神皇正統記じんのうしょうとうき」の写本が、1587年に書き写されたものだとの鑑定結果を発表した。書き写された年代がわかっている写本では3番目に古いという。

     神皇正統記は、南北朝時代の公家・北畠親房が14世紀、天皇家の歴史や南朝の正統性などを記した書籍。この写本は1993年3月、江戸時代に医師を務めた先祖を持つ町内の民家の蔵から発見され、町に寄贈されていた。上下巻がひとつづりになっており、計224ページ。紙は、16世紀に一般的だった方法でとじられている。

     鑑定にあたった久野俊彦・東洋大非常勤講師(日本民俗学)によると、発見された民家の菩提ぼだい寺に残された仏教書と写本の字体が酷似しており、同一人物が書いたと判断できる。仏教書を書き写したのは、京都・醍醐寺の高僧の秘書をしていた僧・祐俊で、神奈川県が保存している文書で、16世紀に実在していたことが確認できるという。

     写本の巻末には天正15年(1587年)の記載と祐俊の署名があることや、使われた紙の原料から、久野さんはこの時期に書き写されたものと判断した。

     文字と文字の間に棒状の記号が書き込まれており、漢字が音読みか訓読みかがわかるようになっている。神皇正統記の写本で、この記号が書き込まれている例はほかにないといい、当時の読み方がわかる点で貴重だという。

     写本は、僧が民衆への講話などに使っていたとみられ、和紙で作った付箋が13か所に貼られていた。久野さんは「利用方法がわかる史料は珍しい」と話している。町は今後、写本を町指定文化財に指定するという。

    http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20160512-OYTNT50195.html
    images


    引用元: 【歴史】神皇正統記、16世紀の写本 只見の民家で発見©2ch.net

    【神皇正統記、16世紀の写本 只見の民家で発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/10/24(月) 23:47:34.91 ID:CAP_USER9
    約100年間、所在不明
    http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggLi2NHGjTxkIuEg35ROL9UA---exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/163279650791294457/origin_2.jpg

    戦国武将の真田幸村(信繁)が、義兄に宛てた自筆書簡1通の原本が見つかった。京都市内で24日に開かれた鑑定作業で真筆と確認された。

     書簡の原本は明治期に実業家岡本貞烋が入手し、1904年と14年に現在の東京大史料編纂所が写しを作成。
    内容は広く知られるが、その後約100年間、所在が分からなくなっていた。

    続きはソースで

    http://this.kiji.is/163275370999252474?c=39546741839462401 
    ダウンロード


    引用元: 【社会】真田幸村の自筆書簡原本を発見 [無断転載禁止]©2ch.net

    【真田幸村の自筆書簡原本を発見】の続きを読む

    このページのトップヘ