スポンサーリンク

    明治時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/05/26(木) 12:06:50.73 ID:CAP_USER9
     旧日本海軍が世界最強と呼ばれたロシアのバルチック艦隊を破った1905年5月27日の日本海海戦を、福岡県宗像市の沖ノ島から見守った佐藤市五郎さん(1889~1974)の手記が故郷の大島(同市)で見つかった。佐藤さんは当時16歳で、宗像大社沖津宮の神職の下働きとして沖ノ島で生活。駐留中の通信員がガタガタ震える様子や「ヅドンヅドン」と響く砲声など、少年が目の当たりにした海戦を記録している。

    【写真】太平洋戦争後、神職になって沖ノ島に戻った頃の佐藤市五郎さん

     沖ノ島は海戦があった海域付近に位置。最も近い艦艇との距離は10キロ程度だったとされる。佐藤さんは木に登って激戦を目撃しており、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」に実名で登場する。

     手記は昭和30年代に書かれたとみられ、書簡箋18枚に万年筆でしたためられている。保管していた佐藤さんの三男で大島在住の千里さん(91)が4月、同島で歴史を研究している板矢英之さん(72)に預けた。

     佐藤さんの目撃談は宗像大社の「沖津宮日誌」にも聞き取り形式で残っているが、板矢さんは「手記には、沖津宮日誌に書かれていない少年の心情がつづられている」と驚いたという。

     最初の砲声を聞いた場面は「ピカッと光が見えました。『アラッ』と思ふ瞬間に『ヅドン』と砲声が聞こえました」。海軍兵ら約20人が詰めていた望楼の記述では、ある通信員の様子を「大の男で、ガタガタ震えて居(お)ったのが印象に残って居(い)ます」と記した。

     敵艦判別用に艦影を記した紙が風に飛ばされ、佐藤さんが山に入って見つける一幕も。「誇ら顔で『あったあった』と高く振(ふり)上げて望楼長に渡した。望楼長は、金鵄(きんし)勲章だと賞(ほ)めた」。数日後の祝勝会では「市五郎君は大変加勢した。コレハ西洋の酒だ、飲むのではないナメるのだ」とウイスキーを勧められたという。

     佐藤さんは太平洋戦争後、沖ノ島の神職になった。板矢さんも少年時代、海戦の話を聞いたことがあり、独特の砲撃音の語り口から「ズローンのおいしゃん」と親しまれたという。板矢さんは手記を活字化した冊子を製作。活用法は未定だが「沖ノ島での出来事を語り伝えることが、自分たちの務めだと思う」と力を込めた。

    日本海海戦と沖ノ島
     日露戦争開戦の翌年、日本海に進入したロシアのバルチック艦隊を東郷平八郎率いる旧日本海軍の連合艦隊が迎撃。2日間にわたる砲撃戦の末、連合艦隊が勝利した。当時、沖ノ島には宗像大社沖津宮の神職と雇い人、海軍兵や海底電信を維持する通信員がいた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00010007-nishinp-soci
    ダウンロード (2)


    引用元: 【歴史】「ピカッと光が見えました」バルチック艦隊破った日本海海戦、克明な手記 沖ノ島の目撃者つづる©2ch.net

    【「ピカッと光が見えました」バルチック艦隊破った日本海海戦、克明な手記 沖ノ島の目撃者つづる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/07/23(水) 07:18:50.49 ID:???0.net
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140722005344_comm.jpg
    「斎藤一」とみられる名前が記された警視庁の名簿=京都市東山区の霊山歴史館

     幕末の京都を警護した「新選組」の隊士で、剣客として知られる斎藤一 (はじめ、1844~1915)とみられる名前が、明治時代初期の警視庁の名簿に見つかった。斎藤は何度も改名し、明治維新後は藤田五郎として警察官になったことが知られているが、新選組時代の名前が記された警察資料は極めて珍しいという。

     霊山(りょうぜん)歴史館(京都市東山区)が、当時警視庁に勤めていた関係者の子孫から入手した。名簿(縦24センチ、横16センチ)は二つ折りの紙11枚を冊子状にしたもので、警視庁第六方面第二署(現小松川署)の署員174人の名前が階級別に毛筆で記されていた。斎藤の名前は名簿最後の「等外一等出仕」の階級にあり、「書記兼戸口取調掛(とりしらべがかり)」という役職名もあった。

    続きを読む ログインして続きを読む

    残り:586文字/本文:917文字 朝日新聞 渡義人
    http://www.asahi.com/articles/ASG7Q4G96G7QPTFC00K.html

    引用元: 【歴史】警視庁名簿に新選組「斎藤一」 スパイ活動を担当か

    【【スパイ担当?】警視庁名簿に新選組「斎藤一」発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2010/09/29(水) 01:50:15 ID:1NkqNcjR0.net
    【奥羽越列藩同盟】東北と越後【賊軍】
    http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1215516167/

    会津=反対押し切って京都進出評価分かれる、犠牲甚大
    庄内=殿様より庄屋が支えた、洋式軍隊活躍
    仙台=借金200万両、額兵隊が善戦、ドン五里の汚名
    米沢=朝敵になり謙信公泣く、発言力の不思議
    長岡=近代武装で活躍。家老奮戦
    秋田=官軍、朝敵仙台藩士始末するも四方攻められ焦土化
    南部=家老が薩長批判、同盟に肩入れ
    二本松=殿様逃亡、少年隊戦死。
    その他=一応参加するも日和見、時流読み状態。
    会津・長岡・庄内以外、戦意も士気も上がず連戦連敗。

    引用元: 奥羽越列藩同盟

    【奥羽越列藩同盟について】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/11/19(月) 00:47:06.19 ID:jiThM76N0.net
    映画や小説のスレはあるが、「史実」を語る場がないので…

    引用元: 八甲田山雪中行軍遭難事件

    【八甲田山雪中行軍遭難事件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/12/18(火) 10:33:31.92 .net
    日中戦争も太平洋戦争もなく平和だった?
    今でも普通に日本軍で常任理事国?
    冷戦に巻き込まれたかも?
    核兵器持っていたかも?

    引用元: もし日本が日露戦争でやめといたら

    【もし日本が日露戦争でやめといたら】の続きを読む

    このページのトップヘ