スポンサーリンク

    昭和時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/08/01(月) 01:31:11.10 ID:CAP_USER9
    陣中日誌を解読した一戸会長(前列中央)ら「みやぎの近現代史を考える会」のメンバー
    http://storage.kahoku.co.jp/images/2016/07/31/20160731kho000000014000c/001_size6.jpg

     仙台市に司令部を置いた旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」の解読が、在仙の歴史研究者らによって終了した。「みやぎの近現代史を考える会」が、14年かけて取り組んだ。部隊が参戦した満州事変(1931年9月18日)の戦闘状況や、兵営の生活が記されている。旧陸軍は敗戦時に記録の処分を指示し、公的記録が残っているのは珍しい。軍の実情を知る上で貴重な資料になる。

     解読されたのは、第2師団野砲兵第2連隊第1大隊本部(約360人)の日誌。第2師団は満州事変当時、約5000人が駐屯し、主力として最前線に投入された。事変直後の9月21日から翌32年末までの日誌が残されている。

     作戦命令や関東軍司令官の訓示、兵営での慰霊祭を克明に記録。中国・奉天(現在の遼寧省瀋陽)から遠く離れた満州北部での作戦では「敵の銃声熾烈(しれつ)」「両翼を包囲され死傷者続出」と生々しく記されている。

     厳寒による凍傷患者は、事変全体を通じ約1800人に上ったとされる。日誌は将来への参考意見として「防寒具の整備、給養の良否、兵卒の休眠状況に配慮することが必要。

    続きはソースで

    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160731_13024.html
    ダウンロード (2)


    引用元: 【宮城】「日本軍の発想と体質がうかがわれる資料だ」 “満州事変” 旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」解読、軍の実情あらわ©2ch.net

    【【宮城】「日本軍の発想と体質がうかがわれる資料だ」 “満州事変” 旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」解読、軍の実情あらわ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/05/08(金) 02:27:24.64 ID:???*.net
    http://www.sankei.com/politics/news/150503/plt1505030003-n1.html
     現憲法は3日、施行から68年がたった。改正国民投票法の昨年6月の施行により、国会が発議すれば、憲法改正の国民投票はいつでも実施できる環境が整っている。
    国民が最高法規の内容を決めるのは、数年内に行われるであろう国民投票が憲政史上初めてとなる。
    「民定」と評される現憲法だが、実は国民が定めたものではない。その原案は占領下、日本人のあずかり知らぬところで作られた。

    ダウンロード


     「原案をGHQ(連合国軍総司令部)の素人がたった8日間で作り上げた代物」。安倍晋三首相は現憲法をこう評し、日本人の手で憲法をつくる大切さを説く。これに民主党は「ガキの議論だ」(枝野幸男幹事長)などと反発している。
    だが、昭和21年2月4日にGHQ民政局が作成に着手した原案は、同月13日に日本政府に提示されており、
    首相の認識は間違っているわけではない。

     当時、日本政府は明治憲法をベースに改正案作りを進めていたが、占領軍はそれを否定。
    この短兵急な、憲法作りへの介入に、一矢報いようとした先人もいた。

     東京都町田市の閑静な住宅街にたたずむ旧白洲邸「武相荘(ぶあいそう)」。
    来訪者向けの展示ケースに「ジープウエーレター」の名で知られるその手紙はあった。
    差出人は、外相だった吉田茂の懐刀で、GHQとの折衝にあたった白洲次郎。
    原案受け取り直後に民政局長のホイットニーへ宛てたものだ。

     GHQ原案は、「日本は自己の安全を保持するための手段としてさえも戦争を放棄する」とする最高司令官のマッカーサーの方針に沿って作られた。
    敵国日本の弱体化を図るもので、今も国の守りにブレーキをかける9条はここに由来する。

     白洲は英文タイプの手紙で、制定を急ぐGHQの姿勢を「エアウエー(航空路)」と指摘。
    議論を尽くし、国情に合った憲法の制定を目指す「ジープウエー」に理解を求めた。

     英国留学組で国際経験豊かな自由主義者だった白洲は、当時でさえ非常識な
    占領軍による「憲法制定」に危機感を募らせたのだ。

     「従順ならざる唯一の日本人」とGHQに評された逸話が残る白洲だが、
    「GHQが俺を◯しはしないと思うが、もしかしたら…」と家族に漏らし出かけていくこともあった。

    続きはソースでどうぞ
    http://www.sankei.com/politics/news/150503/plt1505030003-n1.html


    引用元: 【憲法】「今に見ていろ」ひそかに涙  白洲次郎  GHQ原案に悔しさ★3

    【「今に見ていろ」ひそかに涙  白洲次郎  GHQ原案に悔しさ★3】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/05/02(土) 15:21:24.30 ID:???*.net
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015050202000132.html

    画像
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/images/PK2015050202100045_size0.jpg
    【サンフランシスコ=中根政人】訪米中の安倍晋三首相は歴史に関連した施設を相次いで訪問している。
    首相には、第二次世界大戦をめぐり、米国内にある「歴史修正主義者」との批判をかわす狙いがある。
     首相は首都・ワシントンに滞在中、第二次世界大戦の戦没者や犠牲者に関する施設を三カ所視察した。
    一日にはロサンゼルスで、第二次世界大戦に従軍し激戦地で戦った米軍日系人部隊の記念碑を訪れ、献花する。
     首相は四月二十七日にワシントンに到着した後、真っ先に第二次世界大戦の戦没者などを埋葬するアーリントン国立墓地を訪問。
    続けて、ナチス・ドイツのユダヤ人虐◯に関する展示を行うホロコースト博物館も訪れた。

     首相はホロコースト博物館の視察後、記者団に「悲劇も善意の勇気も風化させず記憶にとどめ、世界の平和と安定に、より積極的に貢献しなければならないとの決意を新たにした」と強調した。
     二十九日には第二次世界大戦記念碑を訪問。直後の米議会上下両院合同会議で言及し、敵国だった米国と同盟関係を築くまでの経緯を訴えた。

    続きはソースで

    no title


    引用元: 【政治】歴史認識の批判かわす狙い、安倍首相が米戦没者施設などを相次いで訪問

    【歴史認識の批判かわす狙い、安倍首相が米戦没者施設などを相次いで訪問】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/02(木) 22:15:46.06 ID:???*.net
     戦後70年の「総理大臣談話」の策定に向けた政府の有識者懇談会が開かれ、座長を務める日本郵政社長の西室泰三氏は会合のあと、記者団に対し、「戦後70年、日本は平和な世界を作ることに貢献してきたという共通認識を改めて確認できた」と述べました。

     安倍総理大臣が戦後70年のことし発表する「総理大臣談話」の取りまとめに向けた、政府の有識者懇談会は、2日、3回目の会合を開き、安倍総理大臣や菅官房長官も出席しました。

     今回は、「戦後日本の平和主義や国際貢献の評価」がテーマで、JICA=国際協力機構の田中明彦理事長ら2人の有識者が、ODA=政府開発援助や安全保障の面から、日本の国際貢献についての見解を示し、意見が交わされました。

     会合のあと、座長を務める日本郵政社長の西室泰三氏は、記者団に対し、「戦後70年の間に、日本は、平和な世界を作ることに貢献してきたという共通認識を改めて確認できた。

    続きはソースで

    1

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150402/k10010036841000.html

    21世紀構想懇談会
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/21c_koso/

    引用元: 【歴史】政府の有識者懇談会、「戦後70年、日本は平和な世界を作ることに貢献してきた」で共通認識

    【政府の有識者懇談会、「戦後70年、日本は平和な世界を作ることに貢献してきた」で共通認識】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/06(月) 10:14:43.22 ID:???*.net
    http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/03/peleliu-island-battle_n_7000432.html
    天皇、皇后両陛下が4月9日、パラオ共和国のペリリュー島を初めて公式訪問する。

    000


    戦後70年を迎えて戦没者を慰霊するのが目的だ。太平洋戦争の激戦地となり、旧日本軍の守備隊約1万人が、ほぼ全滅したこの島で何が起きたのかをまとめた。
    ペリリュー島は、南北約9km、東西約3kmの小さい島だ。パラオ諸島には唯一の大型飛行機が着陸できる
    「東洋一」と言われた飛行場があった。日本はこの島を死守するために、歩兵第2連隊を含むおよそ1万人の部隊を派遣。島じゅうに洞くつ陣地を張り巡らせていた。
    1944年9月15日に上陸した3万人近いアメリカ軍との間で、壮絶な激戦となった。

    ■禁じられた玉砕
    旧日本軍はペリリュー島での無謀な突撃を禁じた。兵士らは洞窟に身を潜めて持久戦に徹したという。産経ニュースは次のように書いている。
    米軍は昭和19年9月、この島に上陸し、迎え撃った日本軍は洞窟などを拠点に2カ月以上にわたって組織的に戦った。ここで日本軍は「アッツ島の戦い」(18年5月)以後続けてきた組織的な「玉砕」を初めて禁止。
    持久戦に持ち込む戦法は日本軍の戦術上の転換点となり、約3カ月後の「硫黄島の戦い」にも引き継がれた。

    (【ZOOM】忘れられた戦争「ペリリュー島の戦い」に焦点 - 産経ニュース 2014/08/05)
    アメリカ軍は火炎放射器や水陸両用戦車などの最新兵器を投入したが、苦戦した。当初「3日以内で終わる」と予想した戦闘は、2カ月半に及んだ。NHKによると、アメリカ海兵隊の最精鋭部隊と言われる第1海兵師団第1連隊の死傷率は、史上最も高い約60%。そのあまりの犠牲者の多さと過酷さから、ほとんど語られてこなかったため、「忘れられた戦場」と呼ばれているという。

    ■死体を食べようとした兵士も
    3月29日朝刊の中日新聞によると、旧日本軍の将兵約1万人はほぼ全滅した。生存者はわずか200人程度だったという。
    アメリカ軍の死者も1600人に上る死闘だった。生き残った日本兵34人は終戦を知らずに1947年4月まで、密林に潜んでゲリラ戦を戦った。

    続きはソースで

    引用元: 【戦争】ペリリュー島で何があったのか? 天皇、皇后両陛下が訪問する「忘れられた戦場」

    【ペリリュー島で何があったのか? 天皇、皇后両陛下が訪問する「忘れられた戦場」】の続きを読む

    このページのトップヘ