スポンサーリンク

    インド

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/11/03(月) 17:15:01.90 ID:???0.net
    太平洋戦争中、過酷な戦いで多くの戦死者を出した旧日本軍による「インパール作戦」からことしで70年となるなか、遺族が、戦死した父親の母校で行われた慰霊祭に初めて出席しました。

    慰霊祭に出席したのは、インパール作戦で当時34歳で戦死した田中重藏さんの娘、田中黎子さん(75)と柳川恭子さん(74)の姉妹です。
    「インパール作戦」は、70年前の昭和19年、旧日本軍がインド北東部の攻略を目指してイギリス軍などと戦い、過酷な戦いでインド国内だけで3万人が戦死しました。

    2人は、父親の母校の拓殖大学で毎年、戦没した卒業生などの慰霊祭が行われていることを大学からの連絡で知り、ことし初めて出席しました。
    父親が出征したとき、2人はそれぞれ1歳半と生後半年で、一緒に暮らした記憶はほとんど残っていないということです。

    ただ、出征前に家族4人で撮った写真や、戦地から送られてきた家族を気遣う数々の手紙を今も大事にしているということです。
    姉の黎子さんは「終戦の知らせを聞いたときは父が帰ってくると喜びましたが、その後、戦死していたことを知らされ、妹と2人で手をつないで泣きました。
    きょうは、手を合わせながら、幼い子どもや母親がつらい思いをする戦争は二度としてはいけないと改めて思いました」と話していました。

    NHK 11月3日 16時55分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141103/k10015904381000.html

    引用元: 【社会】インパール作戦70年 遺族が慰霊祭に出席

    【インパール作戦70年 遺族が慰霊祭に出席】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/10/09(木) 21:33:19.33 ID:???0.net
    旧日本軍機の残骸捜索へ=インパール作戦の戦場跡-インド
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date1&k=2014100900054
    時事通信 2014/10/09-06:03
     

     【ニューデリーAFP=時事】第2次大戦中の1944年、旧日本軍がインド北東部の攻略を目指し、多数の犠牲者を出したインパール作戦の戦場跡で、日本と英国の戦闘機の残骸を探す計画が進んでいる。インパール作戦について研究するインドの財団が8日、明らかにした。

     44年6月17日に旧日本陸軍の戦闘機「隼(はやぶさ)」2機は英軍の攻撃により撃墜され、激戦地の一つであるマニプール州ロクタク湖に墜落。同じ日に英国の爆撃機1機も同湖に墜落した。

     墜落の正確な場所は長年不明だったが、財団が最近突き止めた。財団の共同設立者ユンナム・ラジェシュワル・シン氏は「住民らから約1年かけて情報を集めた。調査の準備はできている」と語った。

    引用元: 【国際/インド】旧日本軍機の残骸捜索へ=インパール作戦の戦場跡 [10/9]

    【旧日本軍機の残骸捜索へ=インパール作戦の戦場跡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/08/16(土) 10:03:44.30 ID:???0.net
    日本とインドは、長らく友好関係を築いている。しかし、第2次世界大戦当時、インドはイギリスの植民地であり、連合国側に属していた。このインドの軍隊と、枢軸国であった日本とが、戦火を交えたこともあった。このとき、日本軍が捕虜として捉えた、インド軍将兵に対して行った残虐行為を、インドの英字日刊紙『タイムズ・オブ・インディア』が詳しく伝えている。

    【日本軍が捕虜としたインド軍将兵に対する非人道的行為】
     1942年2月15日、日本は、当時イギリス領だったシンガポールを陥落させた。
    このとき、英領インド軍(英印軍)の将兵4万人が日本軍の捕虜となった。そのうち約3万人は、イギリス支配に抗しインドの独立を目指すインド国民軍に入隊した。この軍の設立にあたっては、日本軍が中心となって動いた。
     しかし、入隊を拒んだ1万人は、日本軍の強制収容所での拷問を運命づけられた、と『タイムズ・オブ・インディア』は語る。
    収容所でのインド人捕虜の扱いは、非人道的なものだった。過重な労働、乏しい食料、絶え間ない暴行。
    そして捕虜が、生きたまま射撃訓練の標的とされることが、何度もあった、と記事は語る。
     船で移送される際にも、寝る場所もないほど船室にすし詰めにされ、水や食料を満足に与えられず、目的地にたどり着く前に多くの者が死んだ、と記事は語っている。

    【英印軍の将校らによる、日本軍の人肉食の証言】
    「しかし、日本軍が行ったあらゆる残虐行為の中で、最も戦慄を覚えさせるものは、彼らが人肉食を行ったこ英印軍のある将校はこのように告発にする。「Suaidという村で、日本軍の軍医が、周期的にインド人捕虜収容所を訪れて、毎回、最も健康な者たちを選び出した。
    その者たちは、表向きは任務を果たすためということで連れ去られたが、彼らは決して戻ることはなかった」。
    さらに日本軍は、インド人捕虜ばかりでなく、ニューギニアの現地人さえも◯害し、食していたと主張する。
     他の将校はこのように告発している。「自分と一緒にウェワク(の収容所)に行った300人のうち、50人だけがそこから出ることができた。
    19人は食べられた。日本人の医師――ツミサ中尉は、3、4人の小部隊を作り、インド人1人を何かの用事で収容所の外に遣わすのだった。
    日本人たちはすぐさま彼を◯害し、彼の体の肉を食べるのだった。肝臓、臀部の筋肉、大腿部、下肢、腕が切り取られ、調理されるのだった」。

    【その他にも証言、証拠があるという】
     記事では、これらの告発内容についての裏付けは伝えられていないが、この他にもさまざまな証言があるという。
    しかもそれらは、連合国が設置した戦争犯罪調査委員会に対する、宣誓証言として行われたと伝えている。
    その証言に基づき、何人かの日本人将校とその部下が裁判にかけられた。人肉食によって有罪が宣告され、絞首刑に処された将校の名前を、記事は挙げている。訴えられた日本人は、これらの告発を常に否認したそうだ。
     1992年、田中利幸氏という日本人歴史家が、インド人や他の連合国側捕虜に対する、人肉食を含む、日本軍の残虐行為の明白な証拠を発見した、と記事は伝える(氏は現在、広島市立大学広島平和研究所教授)。
    その証拠がどのようなものかについて、記事は触れていない。
    氏は、1997年に『隠された惨事――第2次世界大戦における日本人の戦争犯罪』という本を英語で発表した。
    その本では、日本軍は食料の貯えが次第になくなったときに人肉食という手段に訴えた、という連合国側の下した判決が反論されているという。人肉食は上級将校の監督下で行われ、権力を表象化する手段として認識されていた、との主張だそうだ。(続く)

    続きはソースで

    2014年8月15日 11:30
    http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=5454416
    「人肉食」も…旧日本軍のインド人捕虜への残虐行為、印紙報道 その背景とは

    1の投稿日:2014/08/15(金) 16:39:26.41

    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1408112652/

    引用元: 【国際】「日本軍は人肉食を行った」…インド人捕虜への残虐行為、印紙が報道★4

    【「日本軍は人肉食を行った」インド紙が報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/07/22(火) 20:30:23.82 ID:???0.net
    インパール作戦70年 追悼や資料館…地元で継承広がる
    http://www.asahi.com/articles/ASG7L6R5ZG7LUHBI04N.html
    朝日新聞 インパール=貫洞欣寛 2014年7月22日05時31分


     1944年に日本軍がインド北東部インパールの占領を目指し、多くの死者を出した「インパール作戦」から70年。地元の人々が、激戦地の跡を調査し、散逸しつつある記録と記憶を掘り起こそうとしている。地元政府も本格的な戦争資料館の建設に向けて支援に乗り出すなど、史実を刻む動きが広がっている。

     インパール市内の住宅地。表通りから未舗装の路地を進んだところにある民家の2階を訪ねると、鉄かぶとやさびた銃、不発処理された砲弾や戦闘機の座席とみられる部品、当時の写真など約200点がずらりとならんでいた。

     ここに住むアランバム・アンガンバさん(41)が、友人のユンナム・ラジェシュワルさん(36)らと資金を出し合って今年4月に開いた私設の「インパール戦争資料館」だ。

     アランバムさんはインド軍将校を父に持ち、インパールで行われた戦争に以前から関心があった。

    続きはソースで

    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140721001595_comm.jpg
    ↑画像:自宅に戦争資料館を開いたアランバム・アンガンバさんと、記念式典
    に参加するためインパールを訪れ、資料館で記帳する川村泰久・駐インド公使
    (右)=インパール、貫洞欣寛撮影
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140721001578_comm.jpg
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140721001593_comm.jpg
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140721001591_comm.jpg
    地図 http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140721003545_comm.jpg

    引用元: 【歴史】インパール作戦70年 追悼や資料館…地元で継承広がる [7/22]

    【インパール作戦70年 地元で追悼や資料館建設】の続きを読む

    このページのトップヘ