スポンサーリンク

    ロシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/05/26(木) 12:06:50.73 ID:CAP_USER9
     旧日本海軍が世界最強と呼ばれたロシアのバルチック艦隊を破った1905年5月27日の日本海海戦を、福岡県宗像市の沖ノ島から見守った佐藤市五郎さん(1889~1974)の手記が故郷の大島(同市)で見つかった。佐藤さんは当時16歳で、宗像大社沖津宮の神職の下働きとして沖ノ島で生活。駐留中の通信員がガタガタ震える様子や「ヅドンヅドン」と響く砲声など、少年が目の当たりにした海戦を記録している。

    【写真】太平洋戦争後、神職になって沖ノ島に戻った頃の佐藤市五郎さん

     沖ノ島は海戦があった海域付近に位置。最も近い艦艇との距離は10キロ程度だったとされる。佐藤さんは木に登って激戦を目撃しており、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」に実名で登場する。

     手記は昭和30年代に書かれたとみられ、書簡箋18枚に万年筆でしたためられている。保管していた佐藤さんの三男で大島在住の千里さん(91)が4月、同島で歴史を研究している板矢英之さん(72)に預けた。

     佐藤さんの目撃談は宗像大社の「沖津宮日誌」にも聞き取り形式で残っているが、板矢さんは「手記には、沖津宮日誌に書かれていない少年の心情がつづられている」と驚いたという。

     最初の砲声を聞いた場面は「ピカッと光が見えました。『アラッ』と思ふ瞬間に『ヅドン』と砲声が聞こえました」。海軍兵ら約20人が詰めていた望楼の記述では、ある通信員の様子を「大の男で、ガタガタ震えて居(お)ったのが印象に残って居(い)ます」と記した。

     敵艦判別用に艦影を記した紙が風に飛ばされ、佐藤さんが山に入って見つける一幕も。「誇ら顔で『あったあった』と高く振(ふり)上げて望楼長に渡した。望楼長は、金鵄(きんし)勲章だと賞(ほ)めた」。数日後の祝勝会では「市五郎君は大変加勢した。コレハ西洋の酒だ、飲むのではないナメるのだ」とウイスキーを勧められたという。

     佐藤さんは太平洋戦争後、沖ノ島の神職になった。板矢さんも少年時代、海戦の話を聞いたことがあり、独特の砲撃音の語り口から「ズローンのおいしゃん」と親しまれたという。板矢さんは手記を活字化した冊子を製作。活用法は未定だが「沖ノ島での出来事を語り伝えることが、自分たちの務めだと思う」と力を込めた。

    日本海海戦と沖ノ島
     日露戦争開戦の翌年、日本海に進入したロシアのバルチック艦隊を東郷平八郎率いる旧日本海軍の連合艦隊が迎撃。2日間にわたる砲撃戦の末、連合艦隊が勝利した。当時、沖ノ島には宗像大社沖津宮の神職と雇い人、海軍兵や海底電信を維持する通信員がいた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00010007-nishinp-soci
    ダウンロード (2)


    引用元: 【歴史】「ピカッと光が見えました」バルチック艦隊破った日本海海戦、克明な手記 沖ノ島の目撃者つづる©2ch.net

    【「ピカッと光が見えました」バルチック艦隊破った日本海海戦、克明な手記 沖ノ島の目撃者つづる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/05/10(日) 10:00:04.20 ID:???*.net
     ロシアと日本の間には、北方領土という未解決の問題が横たわっている。戦前は1万7000人以上の日本人が暮らしていたが、戦後70年間はロシアが実効支配を続けている。
    その北方領土に暮らす住民と交流を続ける、ある女子高校生の思いを取材した。

    0 (2)


     北海道・札幌市内の高校に通う佐藤沙也加さん(17)。弁論部に所属している。佐藤さんは1年前、弁論大会への出場がきっかけで北方領土に関心を持った。

     佐藤さん「最初は、本当に島の名前しか知らない状態だったので、今住んでいるのも、ロシア人の方々が住んでいるということで、最初は本当に怖いなって思いがありましたね」

     北方領土は戦後、ロシアが実効支配しており、日本人が自由に訪問することはできない。
    佐藤さんは勉強を重ねるにつれて、実際に行ってみたいという気持ちが高まり、2014年5月、いわゆる「ビザなし交流」で北方領土の一つ、国後島を訪問。
    それ以来、島で暮らすロシア人の女子高校生との交流を続けている。毎日、SNSを使って何気ない会話をしているという。

     しかし、北方領土をめぐる日露間の交渉は現在、膠着(こうちゃく)している。プーチン大統領は先月、対話の準備があるとする一方で、日本側を非難した。

    続きはソースで

    画像
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/3/a/3a382_1110_20150509_0043.jpg

    ソース元に動画あり
    http://www.news24.jp/articles/2015/05/09/10274652.html

    引用元: 【国際】自由に会えない歯がゆい現実 北方領土の住民と交流する女子高生(画像あり)

    【自由に会えない歯がゆい現実 北方領土の住民と交流する女子高生(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/16(木) 23:52:54.96 ID:???*.net
     【モスクワ=田中孝幸】ロシアのプーチン大統領は16日、北方領土問題について「ロシアは日本と対話を行う用意がある」と述べ、歯舞、色丹両島の日本への引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言に基づいて交渉を継続する考えを示した。

     国民との対話番組に出演後、記者団に語った。一方で「今は日本のイニシアチブで対話は事実上、止まっている」と語り、交渉が停滞した責任はウクライナ問題を巡って対ロ制裁を発動した日本側にあるとの認識を示した。

    続きはソースで

    0 (2)


     ウクライナ南部・クリミア半島の編入後も「(日本との)平和条約(締結)と領土問題に関する日
    本へのアプローチは変わらない」とも言明。国内で高まる愛国主義は交渉の中身に影響しない
    との考えを示唆した。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H8K_W5A410C1FF1000/

    引用元: 【外交】北方領土、ロシア大統領「対話の用意ある」

    【北方領土、ロシア大統領「対話の用意ある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/02/07(土) 22:52:02.65 ID:???*.net
    「北方領土の日」CM 予想以上にブーイングが多かった理由
    http://news.livedoor.com/article/detail/9762169/
    2015年2月7日 20時50分 日刊SPA!

    1の投稿日:2015/02/07(土) 21:37:35.13
    前スレhttp://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423312655/

    「そこは日本なのに。今、日本人が住むことができない場所。ほら、こんなに近いのに……。北方領土は日本固有の領土です」

    3


    そんなナレーションとともに、真っ白いキャンバスに見立てた画面には、北海道本島から見てわずか16km程度しか離れていない国後島の稜線と、それを眺める少女がパステル鉛筆でササッと描かれる――。

    今年は例年にも増して、2月7日の「北方領土の日」を知らせる政府広報を多く目にしたのではないだろうか。
    2009年の鳩山政権時におこなった「事業仕分け(行政刷新会議)」により、大幅な予算カットを余儀なくされた政府広報番組が軒並み姿を消したため、このように同種の政府広報が繰り返しテレビで流されるというのは久々のような気もする。

     今年が戦後70年の節目に当たるだけでなく、現在、安倍政権が推し進めている対ロシア外交の先を見据えて、このタイミングで北方領土問題を広く国民の間に啓発することが目的であることは容易に想像できるのだが……。
    残念ながら、このCMに対する評判がすこぶる悪いのだ。

    「国民の愛国心煽る目的しか考えられない。キナ臭くなってきたよ…」

    「北方領土は日本の領土です! とかいうCM怖いよ」

    「北方領土は日本のものです。ってCM初めてみた。少しぞっとした。静かに何かが始まってる感じ」

    「最近『日本の領土なのに日本人が住めない土地があります』ってCMが流れてる。一瞬『福島?』って思ったのは我が家だけではあるまい。
    北方領土についての政府公報と分かってげんなり。北方領土に『住みたい』人がどんだけいるんだよ。まず生きてる国民が住みたい場所に住めるようにしてから言え」

    ツイッター上には、安倍政権に向けてのものだろう。こんなにべもない批判的なつぶやきが溢れており、なかには、北方領土の問題そのものを知らないとおぼしき層の“批判ツイート”もちらほら散見された。
    現在、四十路を越えたオジサン世代からすると、昭和50年代にテレビのブラウン管を通して流れていた、
    あの昭和チックな“イガグリ坊主”の少年が出てくる色褪せたCMを思い出した程度だが、今を生きるネット世代の反応を見ていると、改めて、北方領土問題の“風化”が年を重ねるほどに加速しているのを見せつけられた思いだ。

    (続く)

    引用元: 【社会】「北方領土の日」CM 予想以上にブーイング 「国民の愛国心煽る目的しか考えられない。キナ臭くなってきたよ…」★2

    【【悲報】「北方領土の日」CM 予想以上にブーイング 「国民の愛国心煽る目的しか考えられない。キナ臭くなってきたよ…」★2】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/11/18(火) 17:17:56.80 ID:???0.net
    11人の遺骨 日本兵か ロシアから引き渡し
    【NHK】 2014/11/18 4:17

    千島列島北部の「シュムシュ島(占守島)」とロシア極東のサハリン南部で見つかった、日本兵とみられる合わせて11人の遺骨が、17日、ロシア側から厚生労働省の担当者に引き渡されました。

    11人の遺骨は、ロシア国防省などが現地調査を行った結果、ことし発見されたもので、ロシア極東サハリン中部の町スミルヌイフで17日、厚生労働省の担当者が遺骨が入った箱を受け取りました。

    11人は日本兵とみられ、このうち6人は太平洋戦争の終戦直後に、旧日本軍と旧ソビエト軍の激しい戦闘が行われた千島列島北部の「シュムシュ島」で発見され、残りの5人は、日本が戦前「南樺太」として統治していたサハリン南部で見つかりました。

    日本政府は平成2年から、ロシア側の協力を得て千島列島やサハリン南部で戦没者の遺骨の収集を行っていて、去年までに244人の遺骨を発見しています。

    このうち「シュムシュ島」は、島への交通手段が少ないことから調査が難しいとされ、今回を含めてこれまでに発見されたのは16人の遺骨にとどまっています。

    厚生労働省の星川信貴外事調査官は、「遺骨を発見したロシア側に感謝している」と述べたうえで、残された遺骨を早く発見するためにも、今後も可能なかぎりロシア側と協力する方針を明らかにしています。

    ■旧日本軍の装備品も
    千島列島北部にあるシュムシュ島は1875年、ロシアとの樺太千島交換条約で日本の領土となり、国境警備の最前線として軍が駐留していました。

    しかし太平洋戦争で日本が降伏した直後の1945年8月18日に旧ソビエト軍が侵攻し、武装解除を進めていた旧日本軍の守備隊と激しい戦闘になり、ロシア側によりますと、双方合わせて700人以上が死亡したとされています。

    ロシア国防省によりますと、今回の現地調査で発見された遺骨のそばには、旧日本軍の装備品や水陸両用の戦車なども残されていたということです。

    調査に加わった元兵士の遺骨や遺品を捜索する地元のボランティアグループのアルチョーム・バンドゥラさんは、「今回は、来年の本格的な調査のための簡単な調査だったが、結果に驚いている。今後もできるかぎり遺骨などの収集に取り組んでいきたい」と話しています。

    ソースに動画があります。

    ソース: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141118/k10013278701000.html
    画像: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141118/K10032787011_1411180446_1411180451_01.jpg

    関連ソース:
    露、日本兵遺骨引き渡し 千島やサハリンで収容 | 産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/141117/wor1411170043-n1.html

    引用元: 【国際】日本兵とみられる11人の遺骨、ロシアから引き渡し [14/11/18]

    【日本兵とみられる11人の遺骨、ロシアから引き渡し】の続きを読む

    このページのトップヘ