スポンサーリンク

    中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/08/01(月) 01:31:11.10 ID:CAP_USER9
    陣中日誌を解読した一戸会長(前列中央)ら「みやぎの近現代史を考える会」のメンバー
    http://storage.kahoku.co.jp/images/2016/07/31/20160731kho000000014000c/001_size6.jpg

     仙台市に司令部を置いた旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」の解読が、在仙の歴史研究者らによって終了した。「みやぎの近現代史を考える会」が、14年かけて取り組んだ。部隊が参戦した満州事変(1931年9月18日)の戦闘状況や、兵営の生活が記されている。旧陸軍は敗戦時に記録の処分を指示し、公的記録が残っているのは珍しい。軍の実情を知る上で貴重な資料になる。

     解読されたのは、第2師団野砲兵第2連隊第1大隊本部(約360人)の日誌。第2師団は満州事変当時、約5000人が駐屯し、主力として最前線に投入された。事変直後の9月21日から翌32年末までの日誌が残されている。

     作戦命令や関東軍司令官の訓示、兵営での慰霊祭を克明に記録。中国・奉天(現在の遼寧省瀋陽)から遠く離れた満州北部での作戦では「敵の銃声熾烈(しれつ)」「両翼を包囲され死傷者続出」と生々しく記されている。

     厳寒による凍傷患者は、事変全体を通じ約1800人に上ったとされる。日誌は将来への参考意見として「防寒具の整備、給養の良否、兵卒の休眠状況に配慮することが必要。

    続きはソースで

    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160731_13024.html
    ダウンロード (2)


    引用元: 【宮城】「日本軍の発想と体質がうかがわれる資料だ」 “満州事変” 旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」解読、軍の実情あらわ©2ch.net

    【【宮城】「日本軍の発想と体質がうかがわれる資料だ」 “満州事変” 旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」解読、軍の実情あらわ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/05/04(月) 11:14:03.97 ID:???*.net
    産経新聞 5月4日(月)7時55分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150504-00000017-san-l40
    日本国憲法施行から3日、68年を迎えた。北朝鮮による拉致被害者らの再調査は一向に進展がなく、中国はアジア太平洋地域で強圧的な海洋進出を加速させる。緊迫する国際情勢を背景に、自民党が来夏の参院選後の「憲法改正発議」を目指しているだけに、九州・山口でも憲法改正を求める声が高まった。

    00


     ◆福岡
     日本会議福岡は「憲法講演会」を福岡国際ホール(福岡市中央区)で開いた。講師の米国在住の軍事社会学者、北村淳氏は「今は日本が戦争を仕掛けられる状態にある」と述べ、憲法改正を急ぐよう訴えた。

     北村氏は「激変する軍事情勢-わが国の防衛はいかにあるべきか」と題して講演した。
    海洋進出を加速する中国の軍事事情を説明した上で、「日本で(憲法)9条が話題になると、『戦争をする国になる』という表現が聞こえてくる。だが、国際情勢を見れば、日本が進んで戦争を仕掛ける状況はなく、今は日本が戦争を仕掛けられる状態にある」と語った。

     また、「日米同盟はあるが安心というわけにはいかない。自主防衛の努力を始めなければ、手遅れになる可能性がある」と述べた。

     今年で15回目の憲法講演会には、約450人が参加した。日本会議福岡の松尾新吾会長(九州経済連合会名誉会長)は「法整備の根幹をなす憲法を日本人自らの手で策定しなければ、独立国というに値しない」と主張した。

     ◆熊本
     熊本県では、憲法改正を目指す国民運動組織「美しい日本の憲法をつくる熊本県民の会」の結成大会が、ホテル熊本テルサ(熊本市中央区)で開催された。県内の保守系団体や経済界、自民党県連などから550人が参加し、憲法改正の機運を盛り上げる方針を確認した。

     県民の会共同代表を務める村上寅美県議(自民)が「安倍政権誕生以来、憲法改正の機運が高まってきた。
    熊本から国民運動を盛り上げていきたい」とあいさつ。年内に12万人分を目標として賛同署名を集めるなどの運動方針を決めた。

     その後、杏林大名誉教授の田久保忠衛氏が記念講演した。田久保氏は「中国という“怪獣”をどうするのか、日本国民全員で考えなければならない。全国的に憲法改正の動きが起こる中、今後の世界にどういう影響を与えるかを考えてほしい」と述べた。

     県民の会は、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」(櫻井よしこ氏ら共同代表)と連携する地方組織で、この日は熊本のほか広島、徳島両県で結成され、全国13県に拡大した。

     ◆佐賀
     日本会議佐賀は、佐賀市民会館で、明星大教授、高橋史朗氏を招いて講演会を開いた。
    高橋氏は「憲法の家族条項について考える」と題し「最後のよりどころは家族であり、もう一度家族の再構築を行い、失われた伝統を取り戻すべきだ」と語った。

     また、日本会議佐賀などは、憲法改正に向けた世論を喚起しようと、「美しい日本の憲法をつくる佐賀県民の会」結成準備会を発足させた。

     ◆大分
     「美しい日本の憲法をつくる大分県民の会」準備委員会は、大分市金池南のホルトホール大分で講演会を開いた。
    日本政策研究センター所長の岡田邦宏氏が講演し「現行憲法には緊急事態に関する条項がなく、大災害など想定外の事態に対処できない。国民を守れない憲法はすぐに改正すべきだ」と訴えた。

    引用元: 【社会】「中国という”怪獣”をどうするのか、日本国民全体で考えねばならない」 九州各地で憲法改正求める声

    【「中国という”怪獣”をどうするのか、日本国民全体で考えねばならない」 九州各地で憲法改正求める声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/03(金) 13:58:46.40 ID:???*.net
    2日付の香港フェニックステレビは、日本の村山富市元首相のインタビュー記事を掲載した。

    1 (2)


    20年前に過去の侵略を認めた談話を発表した村山氏は、安倍首相が侵略の歴史の希薄化を試みているとして強く批判し、釣魚島(日本名・尖閣諸島)は中日で共同開発するべきだと主張した。

    村山氏は1日、香港フェニックステレビの独占インタビューに応じ、今夏に発表される「安倍談話」について、安倍氏が「村山談話」を継承すると言っているのは建前に過ぎず、実際には侵略戦争を認めない方向に日本の歴史認識を変えようと試みていると指摘。

    続きはソースで

    画像
    http://s.eximg.jp/exnews/feed/Xinhua/Xinhua_13944_1.jpg

    http://a.excite.co.jp/News/chn_soc/20150403/Xinhua_13944.html

    引用元: 【政治】村山元首相「アジア諸国の賛同を得るには、侵略を認め、深く反省し、謝罪する必要がある」「尖閣諸島は日中が共同で開発すべき」

    【村山元首相「アジア諸国の賛同を得るには、侵略を認め、深く反省し、謝罪する必要がある」「尖閣諸島は日中が共同で開発すべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/03/02(月) 12:31:29.08 ID:???.net
    邪馬台国論争に新材料 卑弥呼の鏡?「中国で発見」論文 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150302-00000010-asahi-soci

    画像
    http://amd.c.yimg.jp/im_siggYupFvG4LWcVUjQPFvSfE8A---x600-y599-q90/amd/20150302-00000010-asahi-000-3-view.jpg
    中国で見つかった三角縁神獣鏡=王趁意さん提供


     邪馬台国の女王・卑弥呼がもらったとも言われ、製作地を巡り論争が続く謎の鏡・三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)。これと同じ型式の鏡が中国河南省の洛陽市で見つかったとする論文が、地元の研究誌に掲載された。

    【写真】中国で見つかった三角縁神獣鏡の二重笠松文様=王趁意さん提供

     論文を書いたのは河南省在住のコレクターで研究者でもある王趁意さん。王さんは鏡について「2009年ごろ、当時、洛陽最大の骨董(こっとう)市で、市郊外の白馬寺付近の農民から譲り受けた」と説明する。正確な出土地点はわからないという。

     鏡は直径18・3センチ。厚さ0・5センチ。三角縁神獣鏡としてはやや小ぶりで、内側に西王母(せいおうぼ)と東王父(とうおうふ)という神仙や霊獣、外側にノコギリの刃のような鋸歯文(きょしもん)と二重の波状の模様を巡らせる。

     鏡が見つかった洛陽市は中国の三国時代に魏の都があった場所。歴史書「魏志倭人伝」は、239年に魏の皇帝が倭(日本)を治める邪馬台国の女王・卑弥呼に「銅鏡百枚」を与えたと記している。日本では、100枚の鏡は三角縁神獣鏡とみる意見が多かったが、肝心の中国から1枚も出土していないため、疑問が呈されてきた。今回の発見はこの論争だけでなく、邪馬台国の所在地論争にも影響を与える可能性が大きい。

     明治大の大塚初重名誉教授は「写真を見ただけだが、三角縁神獣鏡に間違いない。まだ1面だけなので、同種の鏡がさらに見つかるかどうか注意深く見守っていく必要がある」と話している。(塚本和人)

    ■製作地巡り2説が対立

     今回発見された「三角縁神獣鏡」の最大の特徴は、今まで中国の鏡では確認されていなかった、松の枝を重ねたような「笠松文様」がある点だ。
    三角縁神獣鏡独特のもので、王さんは「外側の鋸歯文も日本の三角縁神獣鏡の典型的な特徴の一つで、中国の鏡にはほとんど見られない文様」
    と主張する。実物を見た河南省博物院の張●(●は金へんに皆)生さんも「複数の研究者が実物を見たが、贋作(がんさく)などではない」と話す。

    no title
     

    引用元: 【考古学】邪馬台国論争に新材料 卑弥呼の鏡?「中国で発見」論文

    【邪馬台国論争に新材料 卑弥呼の鏡?「中国で発見」論文】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/01/09(月) 17:05:54.41 ID:rGuFZvgf0.net
     一九三六年四月八日、顧振を団長とする中国国民政府訪独団と、経済大臣兼国立銀行シャハト(Hjalmar Schacht)との間で、一億ライヒスマルクにおよぶ借款供与を内容とする中独条約(別称HAPRO条約)が調印された。
    http://www.seijo-law.jp/pdf_slr/SLR-079-045.pdf

    0 (2)


    1937年7月31日、国民党内のもう一人の雄、汪兆銘は撤退する際、大小の都市の区別なく焼き尽くし、支那人同胞すら◯し尽くして、日本軍の手には「一物」をも渡さぬ、との宣言を行っている。 中国伝統の「堅壁清野作戦」であり、「汪兆銘の最後の関頭演説」である。
    「すでに最後の関頭に至れば、絶大の決心と勇気をもって犠牲をなすべきである。中国人の一人をも、一塊の土をも、灰燼に帰せしめねばならぬ。一物をも得させてはならない」
    http://ameblo.jp/create21/entry-10549265749.html

     帝国夙に東亜永遠の平和を冀念し、日支両国の親善提携に力を效せること久しきに及べり。
    然るに南京政府は排日抗日を以て国論昂揚と政権強化の具に供し、自国国力の過信と帝国の実力軽視の風潮と相俟ち、更に赤化勢力と苟合(こうがふ)して反日侮日愈々甚しく以て帝国に敵対せんとするの気運を醸成せり。近年幾度か惹起せる不祥事件何れも之に因由せざるなし。
    今次事変の発端も亦此の如き気勢が其の爆発点を偶々永定河畔に選びたるに過ぎず、通州に於ける神人共に許さざる残虐事件の因由亦茲に発す。更に中南支に於ては支那側の挑戦的行動に起因し帝国臣民の生命財産既に危殆に瀕し、我が居留民は多年営々として建設せる安住の地を涙を呑んで遂に一時撤退するの已むなきに至れり。
    http://teikoku.xxxxxxxx.jp/1937_yocho.htm

     斯(か)かる背信行為そのものが許し得ないことであるが、仮に百歩を譲って、日本守備隊に対する攻撃は、保安隊がすでに共産思想に染まっていたことからして理解出来る面があるにしても、無辜(むこ)の日本人居留民260余名の惨◯は全く◯のために◯を好む鬼畜の所業であり、天人共に許さざる蛮行である。
     罪なく、抵抗力もなき幼児・婦人に対してさえ、一片の憐れみの情を示す事もなく、ただ日本人であるからという理由で白昼平然と犯し、掠(かす)め、凌辱し、惨◯して行った彼等支那保安隊は、人身を装う悪鬼悪獣と言わずして何と呼ぶべきであろうか。
    http://www.history.gr.jp/~showa/tushu.html

    川合貞吉『或る革命家の回想』より
     それから、話が七月に起きた中国人による日本人虐◯の通州事件に及ぶと、「あれは君、支那民族の怒りの姿だよ、眠れる獅子が目を醒まして咆哮した姿だ。
    冀東地域へ入りこんでいる日本人に碌な奴はいない。淫売、破落戸(ごろつき)、事件屋 ― そんな連中が兵隊の威力をかりて威張り散らし、悪辣極まることをして土着民を絞り虐待しているんだ。そういう政策を押し進めている日本の民度の低さに罪があるんだ」
    と、尾崎は悲しそうな顔をした。(P300)
    http://www.geocities.jp/yu77799/tuushuu/tuushuu1.html

     通州事件とは、冀東防共自治政府の保安隊が起こしたものである。
     1937年7月29日、冀東防共自治政府保安隊は挙兵し、日本軍人や居留民を襲撃・◯害した。
    犠牲者のうち100人以上は朝鮮人で、日本人も同規模の犠牲をこうむっている。被害者に朝鮮人が多いのは、アヘン密売等に携わっていた朝鮮人が多かった為である。◯害された日本人にも、アヘン・ヘロインの密貿易・密造に携わっていたもの少なからず存在したと推定される。
     通州事件は、日本軍の介入によって、1日で鎮圧されたが、事件の責任を取って、日本人女性の夫である殷汝耕は辞任した。冀東防共自治政府は、その後、日本が作った中華民国臨時政府に合流しているが、それに先立つ、1937年12月、冀東防共自治政府代理政務長官の池宗墨と在中華民国日本帝国大使館参事官の森島守人は、冀東防共自治政府が、日本に謝罪し損害賠償金を支払うことで、事件を終結させた。
    http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2006/09/10/

    引用元: 日中戦争は『通州事件』を引き起こした中国人の責任

    【日中戦争は『通州事件』を引き起こした中国人の責任】の続きを読む

    このページのトップヘ