1: 2016/09/28(水) 17:42:38.24 ID:CAP_USER9
日本初の本格的な都・藤原宮跡(奈良県橿原市)で、元日朝賀で飾る幢幡(旗)を立てた柱穴が七つ見つかり、奈良文化財研究所が28日、発表した。

続日本紀の「大宝元年(701年)の律令国家の完成を祝う儀式で7本の幢幡が立てられた」との記述と一致し、新体制をスタートさせた儀式の様子を知る大きな手掛かりとして注目される。

七つの柱穴は、2008年度の調査で見つかった一部を含めて大極殿院南門前の広場跡で出土。
一つの柱穴を中心に、左右対称にそれぞれ三角を形作る配置で柱穴が三つずつ確認された。

研究所によると、幢幡の遺構としては最古。

ソース/中日新聞社
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016092801001384.html
ダウンロード (10)


引用元: 【歴史】藤原宮に701年の朝賀跡 続日本紀の記述と一致 [無断転載禁止]©2ch.net

【藤原宮に701年の朝賀跡 続日本紀の記述と一致】の続きを読む