スポンサーリンク

    儀式

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/28(水) 17:42:38.24 ID:CAP_USER9
    日本初の本格的な都・藤原宮跡(奈良県橿原市)で、元日朝賀で飾る幢幡(旗)を立てた柱穴が七つ見つかり、奈良文化財研究所が28日、発表した。

    続日本紀の「大宝元年(701年)の律令国家の完成を祝う儀式で7本の幢幡が立てられた」との記述と一致し、新体制をスタートさせた儀式の様子を知る大きな手掛かりとして注目される。

    七つの柱穴は、2008年度の調査で見つかった一部を含めて大極殿院南門前の広場跡で出土。
    一つの柱穴を中心に、左右対称にそれぞれ三角を形作る配置で柱穴が三つずつ確認された。

    研究所によると、幢幡の遺構としては最古。

    ソース/中日新聞社
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016092801001384.html
    ダウンロード (10)


    引用元: 【歴史】藤原宮に701年の朝賀跡 続日本紀の記述と一致 [無断転載禁止]©2ch.net

    【藤原宮に701年の朝賀跡 続日本紀の記述と一致】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/01/06(火) 17:30:31.64 ID:???0.net
    http://www.news-postseven.com/archives/20150106_296833.html
    1月2日、新年恒例の一般参賀が行われ、平成に入って3番目の多さとなる8万1030人の参賀者が集まった。昨年末、成年皇族の仲間入りを果たされた秋篠宮家の次女・佳子さまも、初めて皇居・宮殿のベランダに立たれた。
     そんな初々しい姿を皇后・美智子さまは嬉しそうに見守られていたが、その笑顔の裏でお疲れはピークに達していた。昨年末から美智子さまは一部で“弾丸ツアー”と報じられるほど、ハードなスケジュールの日々を送られていたためだ。

     12月11日から13日、片道約12時間、1泊3日の強行日程でベルギー・ファビオラ元王妃(享年86)の国葬に参列された。
    「お互いが両国を7回ずつ行き来するなど、美智子さまとファビオラ元王妃は“親友”と呼べる間柄でした。
    そのため、急遽、美智子さまがベルギーに旅立たれることになったのです。当初、お体の負担を考え、10日に前乗りする計画もあったようです。しかし、美智子さまが“もともと予定されていた公務に、できるだけ穴を空けたくない”と希望され、タイトな日程となったんです」(宮内庁関係者)
     美智子さまは頸椎症性神経根症を患われており、首や肩に激しい痛みやしびれを訴えられることもある。
    2013年には長時間の車移動は症状が悪化する恐れがあるとして、葉山御用邸での静養をお取りやめになったことも。

     そんなお体で片道約12時間、往復24時間に及ぶ飛行機での移動をなさったのだ。
    しかも、現地では厳しい寒さのなかで儀式が続き、お体にはかなりの負担がかかったと思われる。
     帰国後の12月23日、天皇誕生日にはこんなことがあったという。
    「祝賀行事中に美智子さまがふらっとよろけられたんだそうです。“あっ危ない!”と気がつかれた雅子さまが、すっと手を差し出して支えられたそうです」(前出・宮内庁関係者)

    続きはソースで

    引用元: 【皇室】お疲れピークの美智子さま 安倍政権勝利で不安なお気持ち説

    【お疲れピークの美智子さま 安倍政権勝利で不安なお気持ち説】の続きを読む

    このページのトップヘ