スポンサーリンク

    出土

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/28(水) 17:42:38.24 ID:CAP_USER9
    日本初の本格的な都・藤原宮跡(奈良県橿原市)で、元日朝賀で飾る幢幡(旗)を立てた柱穴が七つ見つかり、奈良文化財研究所が28日、発表した。

    続日本紀の「大宝元年(701年)の律令国家の完成を祝う儀式で7本の幢幡が立てられた」との記述と一致し、新体制をスタートさせた儀式の様子を知る大きな手掛かりとして注目される。

    七つの柱穴は、2008年度の調査で見つかった一部を含めて大極殿院南門前の広場跡で出土。
    一つの柱穴を中心に、左右対称にそれぞれ三角を形作る配置で柱穴が三つずつ確認された。

    研究所によると、幢幡の遺構としては最古。

    ソース/中日新聞社
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016092801001384.html
    ダウンロード (10)


    引用元: 【歴史】藤原宮に701年の朝賀跡 続日本紀の記述と一致 [無断転載禁止]©2ch.net

    【藤原宮に701年の朝賀跡 続日本紀の記述と一致】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/06/18(土) 09:43:47.18 ID:CAP_USER9
    「奇跡の遺跡」の価値が認められた-。
    文化審議会が東名(ひがしみょう)遺跡(佐賀市金立町)を国史跡に指定すべきと答申した17日、遺跡の希少性や考古学的価値を熱心に訴えてきた地元NPOや意見具申した市教育委員会からは、喜びの声が上がった。
    湿地性貝塚という特性により、他の遺跡と比べ出土品の「質と量」で群を抜く遺跡。
    出土品は30万~40万点に上り、保存・活用に向けた本格的な検討の必要性も出てきた。

    「これらは全部本物ですよ。8000年前の縄文時代の遺物です」

    遺跡に隣接する東名縄文館を管理するNPO法人「徐福・湿原の森づくり会」理事長の江島徳太郎さん(76)は、誇らしげに展示品を紹介する。

    「佐賀の歴史の原点。多量の出土品は、国の宝にふさわしい」

    国史跡指定が決定的となり、言葉にも力がこもる。

    貝塚は、調整池の建設工事によって偶然見つかった。
    厚い粘土層に覆われた湿地性貝塚という特性があり、約8000年前の動植物性遺物が良好な保存状態で多量に見つかっている。
    偶然の発見や保存に適した条件がそろっていたことから、江島さんたちは「奇跡の遺跡」と呼ぶ。

    続きはソースで

    http://www.saga-s.co.jp/images/article/2016/06/18/SAG2016061899000045_id1_20160618083036.jpg

    ソース元:佐賀新聞
    http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/324056

    ダウンロード (9)

    引用元: 【歴史】「奇跡の遺跡が認められた」出土品は群抜く”質と量” 湿地性貝塚・東名遺跡[06/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【「奇跡の遺跡が認められた」出土品は群抜く”質と量” 湿地性貝塚・東名遺跡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/29(木) 11:42:58.76 ID:CAP_USER9
    入場者らでにぎわう弥生くらし館
    http://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/09/26/20160926dd0phj000020000p/9.jpg

     神埼市と吉野ケ里町にまたがる吉野ケ里歴史公園内の弥生くらし館で、「邪馬台国と謎の国『不弥国(ふみこく)』」が開かれている。奴国の東に所在したとされる不弥国だが、不明な点が多いという。不弥国の候補地である地域にスポットを当て、215件を展示している。11月6日まで。【満島史朗】

     今回の展示は毎年秋に開かれる特別企画展「よみがえる邪馬台国」シリーズの第8回。公園管理センターによると、取り上げた「不弥国」は「魏志倭人伝」に奴国の次に「東行不弥国に至る百余里」などと記されている。邪馬台国の所在地を考える上で重要な国だが、多くの謎に包まれたクニだという。

    続きはソースで

    http://mainichi.jp/articles/20160925/ddl/k41/040/165000c
    ダウンロード (1)


    引用元: 【佐賀】「邪馬台国はどこだ?」 謎の国「不弥国」、候補の4地域にスポット…吉野ケ里歴史公園内、弥生くらし館で展示★3©2ch.net

    【【佐賀】「邪馬台国はどこだ?」 謎の国「不弥国」、候補の4地域にスポット…吉野ケ里歴史公園内、弥生くらし館で展示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/06/29(水) 10:43:23.50 ID:CAP_USER9
     奈良市の平城宮跡で、朝鮮半島の伝統的なすごろく「ユンノリ」用のさいころとみられる棒が出土したことが28日、分かった。発掘した奈良文化財研究所が成果を研究所紀要に掲載した。

     分析した小田裕樹研究員は「身近なものを使って、当時の役人が楽しんだのではないか。古代の遊びを復元する上で貴重な成果」としている。

     棒は、奈良時代の役所が集中する「東方官衙(かんが)地区」の穴から2本出土。木の枝を用いており、太さ約1センチ、長さ約5~6センチ。

    続きはソースで

    〔共同〕

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28HAB_Y6A620C1CR8000/
    ダウンロード


    引用元: 【歴史】平城宮役人はすごろく好き? 朝鮮式さいころ発見か [無断転載禁止]©2ch.net

    【平城宮役人はすごろく好き? 朝鮮式さいころ発見か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/05/13(金) 05:55:19.62 ID:CAP_USER
    2016年05月12日
     国内最大規模の横穴墓群とされる国指定史跡「吉見百穴」がある吉見町は、2017年に発掘130年を迎えるのを前に、写真や記録などの提供を呼びかけている。吉見百穴の資料や出土品は少なく、町は「新たな資料が見つかれば、研究を前進させる手がかりになる」と期待している。

     吉見百穴は古墳時代末期(6世紀末~7世紀末)に造られたとされる。1887年、東京帝大(当時)の大学院生・坪井正五郎が、当時の県議で後の貴族院議員・根岸武香の助力で237基の横穴墓を発掘した。戦時中に地下軍需工場が作られて一部の横穴墓が壊され、現在確認できるのは219基だ。

     出土した須恵器や太刀、発掘時に撮影された写真などは約50点にとどまる。資料を保管するのは、吉見百穴の土地を所有し、百穴前で土産物店を営む大沢康さん(52)。「発掘前の写真が見つかると面白い」と期待を寄せる。町埋蔵文化財センターの弓明義学芸員(51)も「237基もの横穴墓が発掘されたのにこれだけ、というのは変だ」と首をかしげる。

     県立松山高校教諭などとして百穴研究に携わった金井塚良一(1929~2015年)は、「大正初期に敷地内にあった『陳列館』が火事に遭い資料が焼失した」「県外へ流出した可能性がある」といった説を唱えたが、いずれも裏付けは得られていない。

     写真や記録の募集は6月末まで。8月下旬~9月中旬に「吉見百穴写真・記録展」を開く。弓学芸員は「吉見百穴の謎は壮大な古代ロマン。新資料が見つかれば研究に光が差す」と語る。

     資料提供は、町ホームページから応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入して資料とともに(リンク先に有)に持参または郵送する。問い合わせは(リンク先に有)へ

    http://www.yomiuri.co.jp/local/saitama/news/20160512-OYTNT50016.html
    images


    引用元: 【歴史】吉見百穴 資料提供求む…来年発掘130年©2ch.net

    【吉見百穴 資料提供求む…来年発掘130年】の続きを読む

    このページのトップヘ