スポンサーリンク

    大阪城

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/11/17(木) 18:55:01.43 ID:CAP_USER9
    豊臣「五人衆」後藤又兵衛の討ち死に報告、秀頼への書き付けが見つかる 京都
    2016.11.17 12:03

    岡山県立博物館は17日、徳川家が豊臣家を滅ぼした大坂の陣(1614~15年)で豊臣側の
    「五人衆」として戦った後藤又兵衛が討ち死にしたことを、配下の武士が豊臣秀頼に報告した書き付けが、京都府内で見つかったと発表した。

    続きはソースで

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/west/news/161117/wst1611170032-n1.html
    大坂の陣で後藤又兵衛が討ち死にしたことを、配下の武士が豊臣秀頼に報告した書き付け
    http://www.sankei.com/images/news/161117/wst1611170032-p1.jpg


    大坂夏の陣で討ち死に 後藤又兵衛の最期を記す史料発見
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161117/k10010772341000.html
    ダウンロード (1)


    引用元: 【歴史】豊臣「五人衆」後藤又兵衛の討ち死に報告、秀頼への書き付けが京都で見つかる…岡山県立博物館が発表©2ch.net

    【豊臣「五人衆」後藤又兵衛の討ち死に報告、秀頼への書き付けが京都で見つかる…岡山県立博物館が発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/07/13(水) 04:07:25.23 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160712/K10010592841_1607122035_1607122150_01_02.jpg

     戦国武将の真田幸村が築いたとりで、「真田丸」が取り壊されたあとの詳しい様子を描いた絵図が松江市で見つかりました。
    専門家は、「真田丸」が独立性の高い大坂城の出城だった可能性を示す資料だと注目しています。
    この絵図は、松江市にある松江歴史館の所蔵品の中から見つかりました。
    縦およそ28センチ、横40センチ余りで、真田幸村の名で知られる戦国武将の真田信繁が、大坂冬の陣で築いたとりで「真田丸」が取り壊されたあとの堀の跡や敷地の様子が描かれています。
    真田丸の南側には、惣構堀という外側の堀が記されています。また、北側の大坂城に近い場所には真田丸の出丸として小さなとりでがあったと記されています。

     松江歴史館によりますと、真田丸の姿を描いた絵図は多く残されていますが、取り壊されたあとの詳しい様子を描いたものは珍しいということです。
    資料を分析した奈良大学の千田嘉博学長は「真田丸が独立性の高い出城だった可能性を示す貴重な資料だ」と指摘しています。この絵図は、ことし9月から松江歴史館で公開されます。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160712/k10010592841000.html
    (7月12日 21時51分)

    ダウンロード
     

    引用元: 【社会】真田幸村が築いたとりで「真田丸」出城の可能性示す絵図見つかる©2ch.net

    【真田幸村が築いたとりで「真田丸」出城の可能性示す絵図見つかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/15(水) 22:03:07.69 ID:???*.net
    大阪府文化財センターは15日、大阪市中央区の大阪城の大手口近くから、大量の石材が出土したと発表した。

    a


    豊臣秀吉と徳川幕府がそれぞれ築いた城の石材が混在しており、徳川幕府が不要な石材を廃棄したとみられる。
    二つの時代の流れを知る上で貴重な発見だという。

     センターによると、医療施設の建設に伴う発掘調査で、「二の丸」の出入り口である大手口付近の1234平方メートルの範囲を発掘したところ、大きさ0.6~1.5メートルの石材約40個が見つかった。

     徳川幕府は秀吉が築いた大坂城を大坂夏の陣(1615年)で攻め落とし、その後に再築城した。
    見つかった石材は一緒に出土した遺物などから、1620~30年に埋められたものだとみられる。

    続きはソースで

    画像
    http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20150416k0000m040078000p_size7.jpg
    http://mainichi.jp/select/news/20150416k0000m040070000c.html

    引用元: 【歴史】大阪城大手口近くで大量の石材出土 秀吉と徳川両時代

    【大阪城大手口近くで大量の石材出土 秀吉と徳川両時代】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/08/30(土) 00:22:12.80 ID:???0.net
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140828/wlf14082821180021-n1.htm
    ★1の時間 2014/08/29(金) 01:13:00.71
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1409254670/

    作家の有栖川有栖さんと玉岡かおるさんが28日、大阪市内で開かれた関西プレスクラブの会合で、「大坂の陣から400年」をテーマに対談した。2人は「豊臣方が負けていなければ、関西からより明るい文化が築かれ、文化立国として存在感を示せたかもしれない」などと意見交換した。

     今年から来年にかけて、豊臣家が徳川家に滅ぼされた「大坂冬の陣」「大坂夏の陣」から400年の節目に当たる。大阪城は夏の陣で炎上し、現在の天守閣は、昭和6年に市民らの寄付で再建された。

     対談会場の窓からは大阪城が一望でき、玉岡さんは「この城は、大阪を表すアイコン。上方の心のよりどころ」。
    有栖川さんも「壮大な滅びの風景を持っている大阪城は、城としての経験値が高くドラマがある。また、豊臣秀吉の晩年には、作家としてひかれるものがある」と語った。

     江戸時代には“天下の台所”として発展した大阪。玉岡さんは「大阪は『負けてへんで』という気持ちが常にある。
    東京一極集中の今、災害など危機管理の面からも、大阪に機能の一部を分散してもいいのでは」などと指摘した。

    引用元: 【大阪】豊臣が負けていなければ…? 「大坂の陣から400年」テーマに 有栖川有栖さんと玉岡かおるさんが対談★3

    【【大阪】豊臣が負けていなければ…? 「大坂の陣から400年」テーマに 有栖川有栖さんと玉岡かおるさんが対談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/01/25(水) 23:19:51.95 .net
    息子の長政に何か吹き込んでおくべきだったと思うが

    引用元: 黒田如水はどうやったら天下をとれたのか?

    【黒田如水はどうやったら天下をとれたのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ