スポンサーリンク

    奈良県

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/28(水) 17:42:38.24 ID:CAP_USER9
    日本初の本格的な都・藤原宮跡(奈良県橿原市)で、元日朝賀で飾る幢幡(旗)を立てた柱穴が七つ見つかり、奈良文化財研究所が28日、発表した。

    続日本紀の「大宝元年(701年)の律令国家の完成を祝う儀式で7本の幢幡が立てられた」との記述と一致し、新体制をスタートさせた儀式の様子を知る大きな手掛かりとして注目される。

    七つの柱穴は、2008年度の調査で見つかった一部を含めて大極殿院南門前の広場跡で出土。
    一つの柱穴を中心に、左右対称にそれぞれ三角を形作る配置で柱穴が三つずつ確認された。

    研究所によると、幢幡の遺構としては最古。

    ソース/中日新聞社
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016092801001384.html
    ダウンロード (10)


    引用元: 【歴史】藤原宮に701年の朝賀跡 続日本紀の記述と一致 [無断転載禁止]©2ch.net

    【藤原宮に701年の朝賀跡 続日本紀の記述と一致】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/06/29(水) 10:43:23.50 ID:CAP_USER9
     奈良市の平城宮跡で、朝鮮半島の伝統的なすごろく「ユンノリ」用のさいころとみられる棒が出土したことが28日、分かった。発掘した奈良文化財研究所が成果を研究所紀要に掲載した。

     分析した小田裕樹研究員は「身近なものを使って、当時の役人が楽しんだのではないか。古代の遊びを復元する上で貴重な成果」としている。

     棒は、奈良時代の役所が集中する「東方官衙(かんが)地区」の穴から2本出土。木の枝を用いており、太さ約1センチ、長さ約5~6センチ。

    続きはソースで

    〔共同〕

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28HAB_Y6A620C1CR8000/
    ダウンロード


    引用元: 【歴史】平城宮役人はすごろく好き? 朝鮮式さいころ発見か [無断転載禁止]©2ch.net

    【平城宮役人はすごろく好き? 朝鮮式さいころ発見か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/27(月) 21:23:32.40 ID:???*.net
     奈良県天理市豊田町の丘陵地で、巨石を積んで造られた大型の横穴式石室(全長約9.4メートル、幅約2メートル、高さ約2.6メートル)を持つ古墳が発見され、市教委が27日発表した。出土した土器などから7世紀前半の直径約30メートルの円墳とみられ、専門家は有力豪族である物部氏の墓である可能性が高いとみている。

     石室は昨年12月からの道路建設に伴う発掘調査で確認。天井石と側壁の一部や石棺は失われ、盗掘された形跡があった。石室の床には30センチ程度の石が丁寧に敷き詰められ、最奥部の壁はベンガラで赤く塗られていた。市教委は「7世紀には石室は小さくなり、ベンガラ塗りも少なくなる傾向があるが、ここは伝統的な造りを残している」と指摘する。

    続きはソースで

    ダウンロード
    毎日新聞 2015年04月27日 21時04分
    http://mainichi.jp/select/news/20150428k0000m040078000c.html

    引用元: 【社会】古墳:天理の丘陵地に巨石で造られた横穴式石室など発見=物部氏の墓である可能性

    【古墳:天理の丘陵地に巨石で造られた横穴式石室など発見=物部氏の墓である可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/02/05(木) 22:38:24.27 ID:???*.net
    飛鳥寺西方遺跡:飛鳥時代の建物跡 壬申の乱の陣営か
    【毎日新聞】 2015/02/05 21:21(最終更新 02/05 21:52)

    a

    大化の改新前に中大兄皇子と中臣鎌足が出会った「槻(つき)の木の広場」と考えられている飛鳥寺西方遺跡(奈良県明日香村)で、飛鳥時代の建物跡が初めて見つかり、明日香村教委が5日発表した。
    簡易な構造から仮設の建物だったとみられ、日本書紀に記述がある「壬申の乱」(672年)の陣営だった可能性もあるという。

    村教委によると、国内最古の本格的寺院・飛鳥寺の約80メートル西側で建物跡2棟分の柱穴が見つかった。
    南北の幅は2棟とも4.8メートル、東西に伸びる長辺は16.7メートルと17.5メートル。2棟は約6メートル離れて、東西に並んで配置されていた。2013年の調査で2棟の南側長辺の柱穴だけが見つかっていたが、一列だったため塀の跡とも考えられていた。

    穴の形や間隔にはばらつきがあり、村教委は「一時的に造られた仮設の建物と考えられる」と推測する。柱穴は焼けた赤っぽい土で埋まっていた。

    続きはソースで

    【矢追健介】

    ソース: http://mainichi.jp/feature/news/20150206k0000m040131000c.html
    画像: http://mainichi.jp/graph/2015/02/06//20150206k0000m040131000c/image/001.jpg
     (飛鳥寺周辺の地図)

    関連ソース:
    大化改新生んだ広場に建物 | 産経ニュース
    http://www.sankei.com/photo/story/news/150205/sty1502050009-n1.html
    http://www.sankei.com/photo/images/news/150205/sty1502050009-p1.jpg 

    引用元: 【考古学】飛鳥寺西方遺跡で飛鳥時代の建物跡、壬申の乱の陣営か - 奈良・明日香村 [15/02/05]

    【飛鳥寺西方遺跡で飛鳥時代の建物跡、壬申の乱の陣営か - 奈良・明日香村】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/01/30(金) 20:11:54.67 ID:???.net
    掲載日:2015年1月29日

     奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡(国史跡)で、3世紀後半~4世紀初め(古墳時代前期)に占いに使ったとみられる動物の骨「卜骨(ぼっこつ)」が見つかり、桜井市教委が29日発表した。邪馬台国の有力候補地とされる纒向遺跡で卜骨が出土したのは初めて。調査を担当した市纒向学研究センターは「当時の祭祀(さいし)のあり方を考える上で意義深い発見」としている。

    ダウンロード (2)


     卜骨はイノシシの成獣の右肩甲骨で、長さ16.7センチ、幅6.7センチ。人工的に掘られた穴の底部から見つかった。
    直径1センチほど丸く削った部分が3カ所あり、それぞれ点状に焦げた跡があった。先端が細い熱した道具を押し付けてできたとみられる。

     中国の歴史資料「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」に、3世紀の日本では人々が骨を焼き、割れ方を見て吉凶を占ったとの記述がある。卜骨は紀元前の弥生時代前期から全国で確認され、古墳時代に減少。7世紀以降の律令時代には国が祭祀の部署を設け、亀の甲羅を焼く占いをした。

     同センターの寺沢薫所長(考古学)は「卜骨は弥生時代、農耕儀礼などに使われたと考えられる。

    続きはソースで

    <画像>
    丸く削り、熱源を押し付けた跡が3カ所残る卜骨=奈良県桜井市の纒向学研究センターで、矢追健介撮影
    http://mainichi.jp/graph/2015/01/30/20150130k0000m040092000c/image/001.jpg

    <参照>
    纒向遺跡ってどんな遺跡?|桜井市纒向学研究センター
    http://www.makimukugaku.jp/info/iseki.html

    <記事掲載元>
    http://mainichi.jp/select/news/20150130k0000m040092000c.html

    引用元: 【考古学】纒向遺跡:弥生からの変遷…古墳時代前期の「卜骨」出土

    【纒向遺跡:弥生からの変遷…古墳時代前期の「卜骨」出土】の続きを読む

    このページのトップヘ