1: 2015/05/10(日) 10:00:04.20 ID:???*.net
 ロシアと日本の間には、北方領土という未解決の問題が横たわっている。戦前は1万7000人以上の日本人が暮らしていたが、戦後70年間はロシアが実効支配を続けている。
その北方領土に暮らす住民と交流を続ける、ある女子高校生の思いを取材した。

0 (2)


 北海道・札幌市内の高校に通う佐藤沙也加さん(17)。弁論部に所属している。佐藤さんは1年前、弁論大会への出場がきっかけで北方領土に関心を持った。

 佐藤さん「最初は、本当に島の名前しか知らない状態だったので、今住んでいるのも、ロシア人の方々が住んでいるということで、最初は本当に怖いなって思いがありましたね」

 北方領土は戦後、ロシアが実効支配しており、日本人が自由に訪問することはできない。
佐藤さんは勉強を重ねるにつれて、実際に行ってみたいという気持ちが高まり、2014年5月、いわゆる「ビザなし交流」で北方領土の一つ、国後島を訪問。
それ以来、島で暮らすロシア人の女子高校生との交流を続けている。毎日、SNSを使って何気ない会話をしているという。

 しかし、北方領土をめぐる日露間の交渉は現在、膠着(こうちゃく)している。プーチン大統領は先月、対話の準備があるとする一方で、日本側を非難した。

続きはソースで

画像
http://image.news.livedoor.com/newsimage/3/a/3a382_1110_20150509_0043.jpg

ソース元に動画あり
http://www.news24.jp/articles/2015/05/09/10274652.html

引用元: 【国際】自由に会えない歯がゆい現実 北方領土の住民と交流する女子高生(画像あり)

【自由に会えない歯がゆい現実 北方領土の住民と交流する女子高生(画像あり)】の続きを読む