スポンサーリンク

    慰霊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/03/25(水) 22:11:16.03 ID:???*.net
    来月、天皇訪問のパラオ・ペリリュー島の閉鎖壕を調査 未収集2600柱の遺骨発見に期待
    【産経ニュース】 2015/3/25 19:38

    1 (2)


    天皇、皇后両陛下が来月、太平洋戦争の戦没者慰霊で訪問されるパラオのペリリュー島で25日、入り口がふさがれていた壕が開口され、厚生労働省の職員や遺族団体の関係者らによる遺骨収集が始まった。

    作業が始まったのは、米軍が上陸したペリリュー島南西部の海岸のすぐ近くにある「イワマツ壕」。
    作業開始にはレメンゲサウ大統領も立ち会い「遺骨が故郷に戻ることで、死者の霊が安らかに眠ることができると信じているのは、日本もパラオも同じ」と述べ、遺骨収集に積極的に協力していく姿勢を示した。

    続きはソースで

    (共同)

    ソース: http://www.sankei.com/world/news/150325/wor1503250054-n1.html
    画像: http://sankei.com/images/news/150325/wor1503250054-p2.jpg
     (厚労省の職員らが参加しパラオ・ペリリュー島のイワマツ壕周辺で始まった遺骨収集作業=25日午後(共同))


    引用元: 【国際】パラオ・ペリリュー島の閉鎖壕を調査、未収集2600柱の遺骨発見に期待 [15/03/25]

    【パラオ・ペリリュー島の閉鎖壕を調査、未収集2600柱の遺骨発見に期待】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/01/23(金) 14:07:39.36 ID:???0.net
    両陛下:パラオの旅決定 4月8~9日、戦没者を慰霊
    【毎日新聞】 2015/01/23 10:42(最終更新 01/23 13:18)

    天皇、皇后両陛下が4月8~9日の日程で、太平洋戦争の激戦地のパラオ共和国を公式訪問されることが23日の閣議で決まった。両陛下は国外で犠牲になった戦没者に心を寄せてきており、約1万6000人の日本人が犠牲になったパラオでの慰霊を望んでいた。昨年来日したレメンゲサウ大統領からの招待もあり、今回は慰霊と友好親善が訪問目的となる。

    宮内庁などによると、両陛下は8日午前に羽田空港を民間のチャーター機で出発し、パラオに到着。空港で歓迎行事に臨んだ後、レメンゲサウ大統領夫妻と会見する。9日午前に海上保安庁のヘリコプターで約1万人が戦死したペリリュー島に渡り、南端にある「西太平洋戦没者の碑」に花を供えるなどして慰霊。ヘリで引き返し、民間機に乗り換えて帰国する。

    関係者によると、両陛下の宿泊先として海上保安庁の巡視船が検討されているほか、多くの日本人が戦死したミクロネシア連邦とマーシャル諸島の両国大統領夫妻ともパラオで会見する可能性があるという。

    両陛下は戦後50年の1995年、「慰霊の旅」として長崎、広島、沖縄と東京都慰霊堂を訪問し、戦後60年の2005年にはサイパンを訪れた。また、昨年は沖縄、長崎、広島を訪れて戦没者慰霊をしている。【真鍋光之】

    続きはソースで

    【ことば】パラオ共和国
    日本から約3000キロ南の太平洋に浮かぶ人口約2万人の島国。第一次世界大戦後から終戦まで約30年にわたり日本が統治した。ペリリュー島は南にある南北約9キロ、東西約3キロのサンゴ礁が隆起してできた小島で、1944年9月15日、米軍が上陸を開始。日本軍は壕(ごう)を造るなどして対抗し、約2カ月後の11月24日まで戦闘が行われた。同島での戦死者は日本側が約1万人、米側が約1600人とされる。

    ソース: http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150123k0000e040218000c.html
    画像:
     http://mainichi.jp/graph/2015/01/23/20150123k0000e040218000c/image/001.jpg
     (両陛下が慰霊される予定の「西太平洋戦没者の碑」=パラオのペリリュー島で2014年12月7日、真鍋光之撮影)
     http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/feature/koushitsu/images/20150123k0000e040263000p_size6.jpg
     (地図)

    引用元: 【皇室】両陛下、パラオ訪問決定...4月8~9日、戦没者の慰霊と友好親善 [15/01/23]

    【両陛下、パラオ訪問決定...4月8~9日、戦没者の慰霊と友好親善】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/01/01(木) 20:04:07.93 ID:???0.net
    天皇陛下「歴史学ぶことが大切」 新年迎え所感

     天皇ご一家は1日、新年を迎えられた。天皇陛下は年頭にあたっての所感を宮内庁を通じて文書で公表された。今年は戦後70年の節目に当たることから、「この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています」とつづられた。

     昨年は大雪や大雨、御嶽山の噴火により多くの人命が失われたことや、東日本大震災から4度目の冬を迎えても原子力発電所事故の影響で地元に戻れずにいる人々が多いことなども案じられた。そのうえで「それぞれの地域で人々が防災に関心を寄せ、地域を守っていくことが、いかに重要かということを感じています」と記された。

     天皇、皇后両陛下は昨年、沖縄、長崎、広島の各県で戦没者を慰霊し、今年は太平洋戦争の激戦地となったパラオ訪問が検討されている。

     ともに80代となった両陛下の公的活動については、宮内庁が年齢にふさわしいものになるよう見直しを進めており、両陛下は今年から「こどもの日」と「敬老の日」にちなんだ福祉施設訪問を若い皇族方に譲られる。

     宮内庁は新年にあたり、天皇陛下と皇后さまが昨年詠まれた歌計6首を発表した。

     【天皇陛下】

     〈神宮参拝〉
     あまたなる人らの支へ思ひつつ白木の冴ゆる新宮(にひみや)に詣づ

     〈来たる年が原子爆弾による被災より七十年経つを思ひて〉
     爆心地の碑に白菊を供へたり忘れざらめや往(い)にし彼(か)の日を

     〈広島市の被災地を訪れて〉
     いかばかり水流は強くありしならむ木々なぎ倒されし一すぢの道

     【皇后さま】

     〈ソチ五輪〉
     「己(おの)が日」を持ち得ざりしも数多(あまた)ありてソチ・オリンピック後半に入る

     〈宜仁親王薨去〉
     み歎きはいかありしならむ父宮は皇子(みこ)の御肩(おんかた)に触れまししとふ

     〈学童疎開船対馬丸(つしままる)〉
     我もまた近き齢(よはひ)にありしかば沁(し)みて悲しく対馬丸思ふ

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO81505540R31C14A2CR8000/


    ★1の立った日時2015/01/01(木) 05:20:18.63
    ・前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1420102501/

    引用元: 【皇室】天皇陛下「歴史学ぶことが大切」 新年迎え所感★6

    【天皇陛下「歴史学ぶことが大切」 新年迎え所感】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/09/17(水) 20:27:42.52 ID:???0.net
    政府が検討を16日に正式発表した天皇、皇后両陛下のパラオご訪問。
    戦没者慰霊のお気持ちを身をもってあらわし続ける両陛下にとり、先の大戦中、故郷を遠く離れて1万人以上の日本軍が犠牲になった同国での慰霊は長年、願われてきたことだった。

    広島と長崎の原爆の日、沖縄戦終結の日、終戦の日。
    天皇陛下はこれらを、日本人が忘れてはならない日とされている。戦後50年の平成7年には、皇后さまとともに広島、長崎、沖縄と東京大空襲の地を訪ねる「慰霊の旅」を行われた。

    外地で命を落とした人々にもそのお気持ちは向けられてきた。戦後60年にあたる平成17年6月、米自治領サイパンを訪ね、多くの日本人が命を絶った「バンザイクリフ」で黙祷(もくとう)をささげられた。

    第一次大戦後、南洋諸島の国々が日本の委任統治領となり、「南洋庁」が置かれた。激しい戦火に見舞われ、移住した民間人や日本軍が犠牲になった。
    サイパンやパラオもそうした地。今も日系人が多いという。

    特にパラオのペリリュー島は昭和19年9月、多数上陸した米軍に対し日本軍は当初、玉砕を禁じたことで、十分な補給がないなか2カ月以上にわたる持久戦となり、餓死者も出た。
    最終的には突撃して玉砕した悲惨な戦いを知る生存者はわずかで“忘れられた戦い”ともいわれる。

    「海外の地において、改めて、先の大戦によって命を失ったすべての人々を追悼し、遺族の歩んできた苦難の道をしのび、世界の平和を祈りたいと思います」

    陛下がサイパンへの出発前に空港で語られたお言葉だ。
    昨年12月の80歳のお誕生日を前にした記者会見では、80年で特に印象に残っている出来事を「先の戦争のこと」と話された。
    両陛下はいまも、戦争の記憶を持ち続け、平和を願われている。



    産経新聞 9月17日 7時55分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140917-00000063-san-soci

    引用元: 【国内】ご慰霊の旅、長年願い 天皇皇后両陛下、パラオご訪問実現へ

    【ご慰霊の旅、長年願い 天皇皇后両陛下、パラオご訪問実現へ】の続きを読む

    このページのトップヘ