スポンサーリンク

    慰霊祭

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/12/30(火) 16:08:22.37 ID:???0.net
    先の大戦で沈んだ軍艦「多摩」の初めての慰霊祭が10月25日、東京都府中市にある大国魂神社で行われると聞いたとき、正直、意外な気がした。
    「沈没した軍艦は、関係者によって手厚く慰霊されている」と思い込んでいたからだ。

    多摩は、旧海軍の軽巡洋艦で球磨型の2番艦。大戦末期の昭和19(1944)年10月25日、フィリピン沖で米潜水艦による魚雷攻撃を受けて沈没し、440人とされる全乗組員が亡くなった。
    だが、その慰霊祭がこれまで一度も行われたことがなかったというのだ。

    意外だったことは他にもある。
    大国魂神社は「慰霊祭には少しでも多くの遺族、元乗組員ら関係者に参列してもらいたい」との思いで準備を進めたが、作業は困難を極めたそうだ。

    「遺族と連絡を取ろうにも、乗組員名簿が見つからない。防衛省や厚生労働省には名簿があるはずと考え、問い合わせてみたが、個人情報は出せないといわれてしまった」。
    このため、担当者は遺族と思われる人物を一人一人、インターネットで調べて電話をかけたり、入手可能な戦没者名簿から関係がありそうな名前を見つけては手紙を出したりと、地道な作業を続けた。
    それでも、これまでに氏名などを特定できた沈没時の乗組員は30人ほどしかいない。

    初の慰霊祭が行われた10月25日は沈没からちょうど70年。
    あまりに長い年月がたち、国のために戦って亡くなった人の記憶は薄れるばかりだ。

    続きはソースで

    (三浦恒郎)

    http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/141230/lif14123012110008-n2.html

    引用元: 【軍事】軍艦「多摩」沈没から70年で初の慰霊祭・・・姉妹艦「北上」「大井」は単独慰霊不明、「木曽」慰霊無し・・・薄れる戦争の記憶

    【軍艦「多摩」沈没から70年で初の慰霊祭・・・姉妹艦「北上」「大井」は単独慰霊不明、「木曽」慰霊無し・・・薄れる戦争の記憶】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/11/03(月) 17:15:01.90 ID:???0.net
    太平洋戦争中、過酷な戦いで多くの戦死者を出した旧日本軍による「インパール作戦」からことしで70年となるなか、遺族が、戦死した父親の母校で行われた慰霊祭に初めて出席しました。

    慰霊祭に出席したのは、インパール作戦で当時34歳で戦死した田中重藏さんの娘、田中黎子さん(75)と柳川恭子さん(74)の姉妹です。
    「インパール作戦」は、70年前の昭和19年、旧日本軍がインド北東部の攻略を目指してイギリス軍などと戦い、過酷な戦いでインド国内だけで3万人が戦死しました。

    2人は、父親の母校の拓殖大学で毎年、戦没した卒業生などの慰霊祭が行われていることを大学からの連絡で知り、ことし初めて出席しました。
    父親が出征したとき、2人はそれぞれ1歳半と生後半年で、一緒に暮らした記憶はほとんど残っていないということです。

    ただ、出征前に家族4人で撮った写真や、戦地から送られてきた家族を気遣う数々の手紙を今も大事にしているということです。
    姉の黎子さんは「終戦の知らせを聞いたときは父が帰ってくると喜びましたが、その後、戦死していたことを知らされ、妹と2人で手をつないで泣きました。
    きょうは、手を合わせながら、幼い子どもや母親がつらい思いをする戦争は二度としてはいけないと改めて思いました」と話していました。

    NHK 11月3日 16時55分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141103/k10015904381000.html

    引用元: 【社会】インパール作戦70年 遺族が慰霊祭に出席

    【インパール作戦70年 遺族が慰霊祭に出席】の続きを読む

    このページのトップヘ