スポンサーリンク

    戦地

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2015/04/09(木) 10:45:40.24 ID:???*.net
    皇室:パラオ晩さん会 天皇陛下のあいさつ全文
    毎日新聞 2015年04月09日 01時39分

    戦後70年に当たる本年、皇后と共に、パラオ共和国を訪問できましたことは、誠に感慨深く、ここにレメンゲサウ大統領閣下のこの度のご招待に対し、深く感謝の意を表します。
    今夕は、私どものために晩さん会を催してくださり、大統領閣下から丁重な歓迎の言葉を頂き、ありがとうございました。
    また、この訪問に合わせ、モリ・ミクロネシア連邦大統領ご夫妻、ロヤック・マーシャル諸島共和国大統領ご夫妻がここパラオ国をご訪問になり、今日、明日と続き、私どもと行動を共にしてくださることも誠にうれしく、心より感謝いたします。

    なお、この度の訪問を前にして、ミクロネシア連邦を襲った台風の被害を耳にいたしました。
    ここに犠牲になられた方々を悼み、ご遺族へのお悔やみをお伝えするとともに、被害を受けた大勢の方々に心よりお見舞い申し上げます。
    地域の復興の一日も早いことを念願しております。

    ミクロネシア地域は第一次世界大戦後、国際連盟の下で、日本の委任統治領になりました。
    パラオには、南洋庁が設置され、多くの日本人が移住してきました。
    移住した日本人はパラオの人々と交流を深め、協力して地域の発展に力を尽くしたと聞いております。
    クニオ・ナカムラ元大統領はじめ、今日貴国で活躍しておられる方々に日本語の名を持つ方が多いことも、長く深い交流の歴史を思い起こさせるものであり、私どもに親しみを感じさせます。

    続きはソースで

    no title


    http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150409k0000m040143000c.html

    引用元: 【両陛下パラオご訪問】皇室:パラオ晩さん会 天皇陛下のあいさつ全文

    【【両陛下パラオご訪問】皇室:パラオ晩さん会 天皇陛下のあいさつ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2015/01/05(月) 06:55:41.68 ID:???0.net
    2015年1月3日 朝刊

     国力のすべてを戦争に-。1938年に成立した国家総動員法は、経済活動のみならず、文化・芸術・芸能までも戦争の道具にしていった。漫才師たちは海を渡って戦地で兵隊を笑わせ、国内で戦時スローガンを浸透させる役割を担った。(飯田孝幸、渡辺大地)

     「移動中に崖の上から銃撃されたこともある。線香を供えられた遺体は、前日、漫才を聞いてくれた兵隊だった」

     漫才師の内海桂子さん(92)は43、44年に、陸軍が編成する戦地慰問団に参加し、旧満州と中国北部を訪れた。

     軍部につながりのある芸能会社が慰問の仕事を請け負い、芸人を集めていた。慰問先は戦地だけでなく、内地の部隊や軍需工場にも及んだ。芸人も、芸能会社も、戦争で仕事を増やした人たちがいたという。

     「国には戦争でえらくなる人もいる。戦争をあおって飯を食ってる人がいたんだよ。そんなのがなければ、戦争しなくても済んだかもしれないのに」

    ◆吉本は「わらわし隊」

     漫才師の戦地慰問は31年の満州事変の直後に始まった。大阪に拠点を置く吉本興業は38年、日本の戦闘機部隊「荒鷲(あらわし)隊」にちなんだボランティアの慰問団「わらわし隊」を派遣する。同社文芸顧問の竹本浩三さん(79)は「戦争が進むと国内の劇場は閉鎖されていった。吉本は軍に協力して、興行を継続させようとしたんだろう」と話す。

     当時、国内の舞台は事前検閲の上、警察の監視下で行われたが、戦地は別だった。竹本さんは「あすの命もしれない兵隊の前で、ぬるま湯の漫才なんてできない。軍批判も反戦的なものも自由にやった」と話す。

    ◆軍批判も反戦漫才も

     陸軍情報局で言論統制の中心的役割を担った鈴木庫三(くらぞう)少佐は漫才を国策宣伝の有力な手段と認識していた。41年の雑誌の対談では「吉本興業で漫才師300人を集めて、午前2時まで講演したことがある。時局漫才は、笑わせながら時局認識を与えようというところがある」と話している。

     漫才にとどまらず、文化芸能は戦争と深く結びついていた。「詩歌と戦争」の著者で東京外大大学院の中野敏男教授は軍の暴走だけでは、その背景は説明できないと考えている。32年の上海事変では、敵陣への突撃路を確保するため3人の兵隊が爆死し、爆弾三勇士と呼ばれた。新聞は関連記事を連日書き、映画、演劇、歌、講談、漫才になり、国民は熱狂した。「国民が求め、(見せる側が)大衆迎合した」と指摘する。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:東京新聞 TOKYO Web http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015010302000106.html

    引用元: 【歴史】 戦争の道具にされた芸人、吉本は戦闘機部隊「荒鷲隊」にちなんだ「わらわし隊」を戦地に派遣

    【戦争の道具にされた芸人、吉本は戦闘機部隊「荒鷲隊」にちなんだ「わらわし隊」を戦地に派遣】の続きを読む

    このページのトップヘ