スポンサーリンク

    戦闘

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/08/01(月) 01:31:11.10 ID:CAP_USER9
    陣中日誌を解読した一戸会長(前列中央)ら「みやぎの近現代史を考える会」のメンバー
    http://storage.kahoku.co.jp/images/2016/07/31/20160731kho000000014000c/001_size6.jpg

     仙台市に司令部を置いた旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」の解読が、在仙の歴史研究者らによって終了した。「みやぎの近現代史を考える会」が、14年かけて取り組んだ。部隊が参戦した満州事変(1931年9月18日)の戦闘状況や、兵営の生活が記されている。旧陸軍は敗戦時に記録の処分を指示し、公的記録が残っているのは珍しい。軍の実情を知る上で貴重な資料になる。

     解読されたのは、第2師団野砲兵第2連隊第1大隊本部(約360人)の日誌。第2師団は満州事変当時、約5000人が駐屯し、主力として最前線に投入された。事変直後の9月21日から翌32年末までの日誌が残されている。

     作戦命令や関東軍司令官の訓示、兵営での慰霊祭を克明に記録。中国・奉天(現在の遼寧省瀋陽)から遠く離れた満州北部での作戦では「敵の銃声熾烈(しれつ)」「両翼を包囲され死傷者続出」と生々しく記されている。

     厳寒による凍傷患者は、事変全体を通じ約1800人に上ったとされる。日誌は将来への参考意見として「防寒具の整備、給養の良否、兵卒の休眠状況に配慮することが必要。

    続きはソースで

    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160731_13024.html
    ダウンロード (2)


    引用元: 【宮城】「日本軍の発想と体質がうかがわれる資料だ」 “満州事変” 旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」解読、軍の実情あらわ©2ch.net

    【【宮城】「日本軍の発想と体質がうかがわれる資料だ」 “満州事変” 旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」解読、軍の実情あらわ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/08/16(土) 11:38:35.32 ID:???0.net
    ソース(毎日新聞) http://mainichi.jp/feature/news/20140815mog00m040002000c.html
    写真=はんどう・かずとし 1930年、東京生まれ。東京大文学部卒。「文芸春秋」編集長などを経て作家に。「昭和史」で毎日出版
    文化賞特別賞。近著は「日露戦争史」1~3巻
    http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/feature/images/20140815mog00m040001000p_size7.jpg

     「戦没者230万人」という数字を、私たちはどのように読み解けばいいのだろうか。昭和史の著作が多い「歴史探偵」こと作家の半藤一利さん(84)に聞いた。

              ◇

     戦前の日本は近代国家の体をなしていなかった。「戦没者230万人」という数字はそのことを端的に示していると思います。国民を戦地に送り込むならば、国家は責任を負わなければなりません。いつ、どこで、どのように戦没したのか。確実に把握していなければならない。ところが、「戦没者230万人」という大枠のみが残り、具体的なデータは部分的にしか残っていません。厚生省(当時)は戦後、戦域別で戦没者数を算出しましたが、そこまで。死因までは分類できていない。230万人というざっくりとした数字も、私は過小評価ではないかと疑っていますよ。

     詳細が分からないということは道義的にはもちろん、軍事的にも非常に問題があります。前線に送り込んだ部隊のうち、戦闘に耐えうる兵士は何人なのか。あるいは戦傷、戦病者は何人いるのか。正確な戦力を測れずして、作戦を立てることはできません。
    そもそも、前線に送らなければならない武器弾薬、糧食、医薬品などを算出するためにも、絶対に必要です。それができていなかったのではないか。

     兵站(へいたん)を軽視した、あるいは無視したのが日本軍でした。「輜重(しちょう)が兵隊ならば チョウチョ、トンボも鳥のうち」というざれ言があります。輜重とは兵站部門のことです。そもそも、陸軍参謀本部や海軍軍令部のエリート将校にとって、兵卒はしょせん、1銭5厘(当時のはがき代)で集められる存在。作戦時には3日間分のコメ6合など25キロの荷物を背負わせ、前線へとおっぽり出した。食糧がなくなれば、現地調達しろと。降伏はありえないのだから、負け戦になれば玉砕しかありえません。敗残兵の消息など気にもとめなかった。

     これに比べ、米国の手厚さは語るまでもないでしょう。あるエピソードがあります。ブッシュ元大統領(第41代ジョージ・H・W・ブッシュ、第43代大統領の父)は戦時中に小笠原諸島の父島沖で撃墜されました。元大統領は救助されましたが、この時に捕虜になった同僚がいました。戦後、米軍の調査団が父島を訪れ、彼が埋葬された墓地を掘り返したんです。すると、遺骨の首は切断されており、日本軍に処刑されたことが明らかになった。一兵士に対するまで、その死をないがしろにしない。国家としての責任を果たしているんですね。

     日本軍は自己の実力を顧みず、攻勢の限界線をはるかに越えました。餓死者が続出するのは当然のことです。私は戦没者のうちの7割が、広義での餓死だと思っています。このような軍隊は古今東西にありません。人間をまるで、将棋の駒のように扱っている。

     海上を移動中に乗船が沈められ、死亡した陸軍将兵は18万人にも上ると見積もっています。これも補給軽視、つまりは人命軽視の表れです。開明的とされている海軍ですが、陸軍とそんなに違いはありません。レイテ沖海戦で、小沢艦隊はおとりになりました。
    基幹の空母4隻に搭載した航空機は定数をはるかに下回る100機余りしかなかったのに、整備員は必要もないのに定数を乗せた。
    帳簿上の員数合わせだけを気にする官僚主義としかいいようがない。

    続きはソースで

    前スレッド(★1が立った日時 2014/08/16(土) 01:39:37.52)
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1408120777/

    引用元: 【歴史】「戦没者230万人」の犠牲の上に成り立つ日本、兵士を「駒」扱い、愚劣な軍事指導者たち…半藤一利さんインタビュー★2

    【「戦没者230万人」の犠牲の上に成り立つ日本、兵士を「駒」扱い、愚劣な軍事指導者たち…半藤一利さんインタビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2013/05/27(月) 05:35:21.75 ID:w6CgFrwD.net
    関ヶ原前後の日本軍の戦闘力は、世界で比べるとどれくらいの強さよ?
    輸送抜きにして考えてみよう。

    引用元: 戦国時代の日本の軍事力

    【戦国時代の日本の軍事力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 日本@名無史さん 2013/11/01(金) 00:54:26.69 .net
    語れ
    no title

    引用元: 【戦国】九州と東北はどちらが強いか

    【【戦国】九州と東北ではどっちが強いのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ