スポンサーリンク

    攻撃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/01(木) 13:00:12.70 ID:CAP_USER9
    会見で「戦争を考えるきっかけにしてほしい」と語った沢田監督=水戸市で
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201608/images/PK2016082802100074_size0.jpg

     太平洋戦争末期、特攻機「桜花」の最初の志願者とみられ、出撃者を選ぶ立場になった元海軍大尉、宇都宮市出身の故・林富士夫さんへのインタビューによるドキュメンタリー映画の公開が始まった。昨年6月に93歳で亡くなる9年前に撮影され、現在の茨城県笠間市内にあった筑波海軍航空隊で特攻に志願した様子や、部下を送り出した苦悩などを語っている。 (宮本隆康)

     「桜花」は、機体に爆弾を積んだ全長約六メートル、幅約五メートルの小型機。大型攻撃機につるし、敵艦に近づいて空中で切り離した後、操縦かんで操作して落ちながら体当たりを試みる。近づく前に母機ごと撃墜されることが多かったとされる。

     林さんが生前に書き残した文書によると、戦争末期の一九四四年六月、筑波海軍航空隊で「桜花」の開発の是非を問う会議が開かれた。複数の志願者がいれば実施する、と上官は説明。教官を務める隊員らが意向を聞かれ、三日後に林さんら数人が志願した。

     林さんは四五年三月から約三カ月間、鹿児島県の鹿屋基地で二十三歳の分隊長に。「桜花」の操縦を指導し、出撃者を選ぶよう命じられた。真っ先に自分の名前を書いたが、却下された。ひいきと思われないよう、親友や近しい部下たちを出撃させた。

    続きはソースで

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201608/CK2016082802000169.html

    images


    引用元: 【戦争】「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白★3©2ch.net

    【「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/01/09(月) 17:05:54.41 ID:rGuFZvgf0.net
     一九三六年四月八日、顧振を団長とする中国国民政府訪独団と、経済大臣兼国立銀行シャハト(Hjalmar Schacht)との間で、一億ライヒスマルクにおよぶ借款供与を内容とする中独条約(別称HAPRO条約)が調印された。
    http://www.seijo-law.jp/pdf_slr/SLR-079-045.pdf

    0 (2)


    1937年7月31日、国民党内のもう一人の雄、汪兆銘は撤退する際、大小の都市の区別なく焼き尽くし、支那人同胞すら◯し尽くして、日本軍の手には「一物」をも渡さぬ、との宣言を行っている。 中国伝統の「堅壁清野作戦」であり、「汪兆銘の最後の関頭演説」である。
    「すでに最後の関頭に至れば、絶大の決心と勇気をもって犠牲をなすべきである。中国人の一人をも、一塊の土をも、灰燼に帰せしめねばならぬ。一物をも得させてはならない」
    http://ameblo.jp/create21/entry-10549265749.html

     帝国夙に東亜永遠の平和を冀念し、日支両国の親善提携に力を效せること久しきに及べり。
    然るに南京政府は排日抗日を以て国論昂揚と政権強化の具に供し、自国国力の過信と帝国の実力軽視の風潮と相俟ち、更に赤化勢力と苟合(こうがふ)して反日侮日愈々甚しく以て帝国に敵対せんとするの気運を醸成せり。近年幾度か惹起せる不祥事件何れも之に因由せざるなし。
    今次事変の発端も亦此の如き気勢が其の爆発点を偶々永定河畔に選びたるに過ぎず、通州に於ける神人共に許さざる残虐事件の因由亦茲に発す。更に中南支に於ては支那側の挑戦的行動に起因し帝国臣民の生命財産既に危殆に瀕し、我が居留民は多年営々として建設せる安住の地を涙を呑んで遂に一時撤退するの已むなきに至れり。
    http://teikoku.xxxxxxxx.jp/1937_yocho.htm

     斯(か)かる背信行為そのものが許し得ないことであるが、仮に百歩を譲って、日本守備隊に対する攻撃は、保安隊がすでに共産思想に染まっていたことからして理解出来る面があるにしても、無辜(むこ)の日本人居留民260余名の惨◯は全く◯のために◯を好む鬼畜の所業であり、天人共に許さざる蛮行である。
     罪なく、抵抗力もなき幼児・婦人に対してさえ、一片の憐れみの情を示す事もなく、ただ日本人であるからという理由で白昼平然と犯し、掠(かす)め、凌辱し、惨◯して行った彼等支那保安隊は、人身を装う悪鬼悪獣と言わずして何と呼ぶべきであろうか。
    http://www.history.gr.jp/~showa/tushu.html

    川合貞吉『或る革命家の回想』より
     それから、話が七月に起きた中国人による日本人虐◯の通州事件に及ぶと、「あれは君、支那民族の怒りの姿だよ、眠れる獅子が目を醒まして咆哮した姿だ。
    冀東地域へ入りこんでいる日本人に碌な奴はいない。淫売、破落戸(ごろつき)、事件屋 ― そんな連中が兵隊の威力をかりて威張り散らし、悪辣極まることをして土着民を絞り虐待しているんだ。そういう政策を押し進めている日本の民度の低さに罪があるんだ」
    と、尾崎は悲しそうな顔をした。(P300)
    http://www.geocities.jp/yu77799/tuushuu/tuushuu1.html

     通州事件とは、冀東防共自治政府の保安隊が起こしたものである。
     1937年7月29日、冀東防共自治政府保安隊は挙兵し、日本軍人や居留民を襲撃・◯害した。
    犠牲者のうち100人以上は朝鮮人で、日本人も同規模の犠牲をこうむっている。被害者に朝鮮人が多いのは、アヘン密売等に携わっていた朝鮮人が多かった為である。◯害された日本人にも、アヘン・ヘロインの密貿易・密造に携わっていたもの少なからず存在したと推定される。
     通州事件は、日本軍の介入によって、1日で鎮圧されたが、事件の責任を取って、日本人女性の夫である殷汝耕は辞任した。冀東防共自治政府は、その後、日本が作った中華民国臨時政府に合流しているが、それに先立つ、1937年12月、冀東防共自治政府代理政務長官の池宗墨と在中華民国日本帝国大使館参事官の森島守人は、冀東防共自治政府が、日本に謝罪し損害賠償金を支払うことで、事件を終結させた。
    http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2006/09/10/

    引用元: 日中戦争は『通州事件』を引き起こした中国人の責任

    【日中戦争は『通州事件』を引き起こした中国人の責任】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/11/21(金) 05:53:46.92 ID:???0.net
    2014.11.20

    画像
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20141120/dms1411201550009-p1.jpg


     2日間にわたって、GHQ(連合国軍総司令部)によるプロパガンダの話を書いた。日本語の「敵を欺くにはまず味方から」のことわざ通り、米国内でも早い段階から、日米戦に関するプロパガンダが行われた。

     例えば、米政府は「日本軍は宣戦布告前に真珠湾を奇襲攻撃した。これは想定外であり、われわれは卑怯(ひきょう)な日本を徹底的にたたくべきだ」と主張して、「リメンバー・パールハーバー」というスローガンを米国民にたたき込んだ。

     米国民の1人としては残念な結論だが、この主張こそがプロパガンダだった。そもそも長年、日本を最大の仮想敵国として考えていた米国が、ハワイ空襲を想定しないはずがない。

     また、開戦前から米軍は日本側の暗号をすべて解読しており、真珠湾攻撃も事前に察知していたという説もある。ちなみに、半年後のミッドウェイ海戦における米軍大勝の勝因は暗号の解読である。

     さらに、「フライング・タイガーズ」と呼ばれた航空部隊は問題だ。米軍を退役したパイロットが自主的に中華民国軍に入隊し、傭兵として大活躍したとされていたが、その正体は大統領が承認した秘密作戦部隊だった。つまり、傭兵や義勇軍ではなく現役米兵部隊だったのだ。飛行機や整備士もすべて米国が提供した。

     米政府はこの事実を、1990年7月まで50年間認めなかった。「リメンバー・パールハーバーはプロパガンダでした」と自白するのも同然だからだろう。

     この部隊による日本への先制爆撃計画の存在も、70年に公開された公文書(JB355)で明らかになっている。ちなみに、この秘密作戦は真珠湾攻撃の半年前に始まった。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)

    引用元:ZAKZAK
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141120/dms1411201550009-n1.htm

    引用元: 【国際】 反撃せよ!ニッポン 米政府のプロパガンダだった「リメンバー・パールハーバー」 [zakzak]

    【反撃せよ!ニッポン 米政府のプロパガンダだった「リメンバー・パールハーバー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/07/20(日) 16:06:18.15 ID:???0.net
    ソース(MSN産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/life/news/140720/art14072014500003-n1.htm
    写真=大空襲で焼き尽くされた東京の下町一帯。米国が無差別爆撃作戦に転じた結果だった
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140720/art14072014500003-l1.jpg
    写真=トルーマン米大統領
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140720/art14072014500003-p2.jpg

     松本清張の『砂の器』に、大阪大空襲で区役所と地区の法務局が全焼、戸籍原簿が全て焼失したという話が出てくる。若い男がこれを利用して自らの戸籍を偽造するのだ。むろん小説であり、そんな犯罪が実際に行われたかどうかは分からない。ただ大空襲が戸籍業務も狂わすほど激しいものだったことは間違いない。

     昭和20(1945)年3月13日夜から14日未明にかけ274機の米爆撃機B29が大阪を襲った。低空から約7万個という焼夷(しょうい)弾を落とし、大阪市内をほぼ焼き尽くした。市民3千人余りが亡くなり、13万戸以上の家屋を焼失した。

     その4日前の3月10日未明、首都東京への空襲は、もっとすさまじかった。

     9日夜、房総半島南部から東京にかけ数機のB29が侵入してきたが、そのまま去った。このため午後10時半に出された空襲警報もいったん解除され、市民も安心して眠りについたが、10日に日付が変わったころ、おびただしいB29が来襲した。

     午前0時8分ごろから最初の編隊が現在の江東区から墨田区にかけ次々と焼夷弾を投下、15分に再び空襲警報が発令されたときには下町一帯はすでに炎に包まれていたという。

     マリアナ諸島の爆撃基地から飛来したB29は米側史料によると334機に上った。まず最初の編隊が巨大な長円状に焼夷弾を落とし「火の壁」をつくる。後続機はそれを目印に「壁」の中に次々と爆弾を落とす。

     この日は20メートルという強風も吹いていたといい、人々は逃げ場をふさがれ、焼死していくしかなかった。その数はいまだに確定していないが、10万人を超えるという見方もある。完全な無差別◯戮(さつりく)と言ってもいい。

     東京が初めて本格的空襲を受けたのは昭和19年11月24日、88機のB29が武蔵野町(現武蔵野市)の中島飛行機武蔵工場などを爆撃、550人の死傷者を出した。

     この時点での空襲は昼間、1万メートルほどの高さから軍需工場を中心に狙った。時に精度が狂い、一般の民家などにも被害が出た。
    だがマリアナの米軍B29爆撃兵団の指揮官が20年1月、カーチス・ルメイ少将に代わってからは、夜間低空から焼夷弾を使う無差別じゅうたん爆撃が採られ、非戦闘員も対象とされた。

     その最初が3月10日の東京で、大阪を経て17日にはB29が309機神戸に来襲した。神戸では8月まで度重なる夜間空襲で8800人余りが死亡した。空襲はやがて地方都市にも広がり、市民が逃げ惑うことになる。

     この無差別◯戮の行き着いたところが20年8月6日、9日の広島、長崎への原爆投下だった。広島では被爆直後だけで、約10万人が犠牲になった。約16時間後、米大統領ハリー・トルーマンは声明を発表した。

     「われわれは現在、日本が有するいかなる都市、いかなる生産施設も迅速かつ完全に抹◯する用意がある」。一国の大統領とは思えない威嚇であった。

     戦後、戦勝国側では原爆投下を「日本の力を徹底的にそぎ、これ以上われわれの国民の命を失わないため」「日本に早期降伏を促すため」などと正当化してきた。

    続きはソースで

    引用元: 【歴史】大阪、東京、広島、長崎…無差別殺戮に転じた米国、トルーマンは原爆投下直後に威嚇、「我々は日本を完全に抹殺する用意がある」

    【トルーマン「我々は日本を完全に抹殺する用意がある」無差別殺戮をした米国、原爆投下直後に威嚇】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 真っ赤なキャベツ ★@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 10:44:00.29 ID:???0.net
    林原美術館(岡山市)と岡山県立博物館(同市)は23日、明智光秀の謀反で織田信長が自害した「本能寺の変」の動機について、土佐(高知)の武将だった長宗我部元親が関わっていた可能性を示す手紙が見つかったと発表した。四国支配を巡り、信長と元親が対立、譲歩するなどした内容を伝える書状。光秀は重臣が長宗我部家と婚姻関係にあったこともあり、専門家からは「信長の四国討伐から元親を守る狙いがあったのでは」という見方が出ている。

    手紙は、林原美術館が所蔵する、足利十三代将軍・足利義輝の側近「石谷(いしがい)家」の文書全3巻47点の中から見つかった。信長は1581年、元親に「土佐と阿波半国しか領有を認めない」と通達したが、翌年1月11日付で、明智の重臣・斎藤利三が実兄の義父で、元親の義父にもあたる石谷光政(空然)に宛てた手紙では、反発する元親をいさめるために使者を派遣することや、空然にも元親が御朱印(信長の指示)に従うように依頼する内容が記されていた。

     また、本能寺の変の直前に、元親が利三に宛てた5月21日付の手紙は「阿波国の一部から撤退した。(信長が甲州征伐から)帰陣したら指示に従いたい」と伝え、元親が信長に対して態度を軟化させたことを示していた。元親が信長に「従う」と示した史料が見つかったのは初めてという。

    詳細はソースで

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140623-00000118-mai-soci

    引用元: 【歴史】本能寺の変に関する新資料…「四国攻め反対」説の裏付けになるか

    【【歴史】本能寺の変に関する新資料…「四国攻め反対」説の裏付けになるか】の続きを読む

    このページのトップヘ