スポンサーリンク

    日中戦争

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/08/01(月) 01:31:11.10 ID:CAP_USER9
    陣中日誌を解読した一戸会長(前列中央)ら「みやぎの近現代史を考える会」のメンバー
    http://storage.kahoku.co.jp/images/2016/07/31/20160731kho000000014000c/001_size6.jpg

     仙台市に司令部を置いた旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」の解読が、在仙の歴史研究者らによって終了した。「みやぎの近現代史を考える会」が、14年かけて取り組んだ。部隊が参戦した満州事変(1931年9月18日)の戦闘状況や、兵営の生活が記されている。旧陸軍は敗戦時に記録の処分を指示し、公的記録が残っているのは珍しい。軍の実情を知る上で貴重な資料になる。

     解読されたのは、第2師団野砲兵第2連隊第1大隊本部(約360人)の日誌。第2師団は満州事変当時、約5000人が駐屯し、主力として最前線に投入された。事変直後の9月21日から翌32年末までの日誌が残されている。

     作戦命令や関東軍司令官の訓示、兵営での慰霊祭を克明に記録。中国・奉天(現在の遼寧省瀋陽)から遠く離れた満州北部での作戦では「敵の銃声熾烈(しれつ)」「両翼を包囲され死傷者続出」と生々しく記されている。

     厳寒による凍傷患者は、事変全体を通じ約1800人に上ったとされる。日誌は将来への参考意見として「防寒具の整備、給養の良否、兵卒の休眠状況に配慮することが必要。

    続きはソースで

    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160731_13024.html
    ダウンロード (2)


    引用元: 【宮城】「日本軍の発想と体質がうかがわれる資料だ」 “満州事変” 旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」解読、軍の実情あらわ©2ch.net

    【【宮城】「日本軍の発想と体質がうかがわれる資料だ」 “満州事変” 旧陸軍第2師団所属部隊の「陣中日誌」解読、軍の実情あらわ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/02/25(水) 18:42:12.68 ID:???*.net BE:287993214-2BP(1012)
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_giko03.gif
    2015.2.24 15:23

    00


     盧溝橋事件を発端に昭和12年7月に始まった日中戦争は、局地紛争にとどめようとした日本政府の思惑と裏腹に中国全土に飛び火し、抗日運動を活発化させた。
    そんな中、占領した地域の治安を回復させ、これに感謝した中国人が留任を求めた日本軍指揮官もいた。

     福建省厦門を海軍第5艦隊の作戦部隊が占領したのは南京事件から約5カ月後の13年5月のことだった。14年11月から島嶼(とうしょ)部、禾山地区の海軍陸戦隊司令(部隊長)を務めた大佐(当時は少佐)、堀内豊秋は住民と交流を深め、荒廃した地域を復興させた。公正な裁判を実施し、治安を回復させ住民の信望を集めた。

     15年5月、堀内交代の報が伝わると、住民は転任延期を求める嘆願書を現地最高司令官の少将、牧田覚三郎に提出した。

     広島県呉市江田島にある海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校)内にある教育参考館には、嘆願書の複製がある。元館長、三村広志(97)が見つけた。

     黄季通ほか103人の連名、押印の中華民国29(昭和15)年5月1日付嘆願書にはこう書かれていた。

    詳細、続きはソースで

                       ◇

     堀内が15年10月に去るに当たり、住民108人は寄付を募り「去思碑」という記念碑を建立し、堀内の徳をたたえた。
    しかし、戦後、中国共産党によって碑は破壊され、残存していない。三村は「占領した地域を復興させ、治安を回復させ、中国の住民から感謝された堀内大佐の遺勲を忘れず、語り継いでほしい」と話している。(敬称略)
                       ◇

    【プロフィル】堀内豊秋氏

     明治33年、熊本県生まれ。大正11年海軍兵学校卒(50期)。デンマーク体操を取り入れた堀内式海軍体操を考案。日中戦争で厦門に陸戦隊司令として駐留。
    昭和17年1月、日本初の落下傘部隊隊長として、インドネシアのセレベス島メナド奇襲降下作戦を成功させた。終戦後の23年1月、オランダ政府よりB級戦犯容疑で起訴され、裁判では「部下の罪」をかぶって同年9月、47歳で銃◯刑となった。

    http://www.sankei.com/smp/politics/news/150224/plt1502240040-s.html

    引用元: 【歴史】占領地の治安回復、堀内陸戦司令 住民が留任求め嘆願書

    【占領地の治安回復、堀内陸戦司令 住民が留任求め嘆願書】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/02/20(金) 09:19:11.06 ID:???*.net
     旧日本軍が昭和12年12月、中国・南京を攻略した後の一時期を、城内で過ごした元海軍第12航空隊の3等航空兵曹の原田要(98)は、当時の雰囲気をこう振り返る。

    6


     「とても戦争中とは思えなかった。南京は誠に和やかに尽きる、という印象でした」

     10日から始まった総攻撃で、九五式艦上戦闘機の操縦桿(かん)を握り、頑強だった南京城南東の光華門を攻める陸軍を援護した。
    両翼に60キロ爆弾をつるして、何度も城を攻撃した。

     「城壁に爆弾を命中させるとともに、敵兵を機銃で撃ちまくりました」

     陥落後に城内の飛行場に降り立った原田の印象に残るのは、日常生活を営む住民らの姿だった。露店が立ち、住民らは日本兵を相手に商売を始めていた。原田も豚を1匹買った。

     「足をひとくくりに縛った子豚で、仲間と一緒に食べました」

     城外にあった中国国民党の創始者、孫文が眠る墓「中山陵」に参詣もした。「非常に平和な進駐」という記憶が、原田の脳裏に刻まれている。

     攻略戦のさなか、城内に残った住民らは、欧米人らで作る国際委員会が設けた非武装中立地帯「安全区」に逃げ込んだが、日がたつにつれ、平穏さを取り戻していった-。原田らの目には、そう映った。

     そのころの様子について平成19年12月に東京で開かれた「南京陥落70年国民の集い 参戦勇士の語る『南京事件』の真実」に出席した元将兵らも同じような証言をしている。

     「入城して2~3日後、住民の姿をみかけるようになり、時計の修理のため時計屋を訪れた」(昭和12年12月16日に入城した元陸軍第16師団の獣医少尉、稲垣清)

     「露店が何軒か出ていて、日本兵相手に商売をしていた。靴修理店、散髪屋などだった」「露店で印鑑を作り、城内は極めて平穏だった」
    (同月20日頃の城内の様子を語った元第9師団歩兵第36連隊の伍長、近藤平太夫)

     中国側が主張する「30万人大虐◯」が本当だとするならば、城内の至るところで凄惨(せいさん)な◯戮(さつりく)が行われていたはずだが、元将兵らの証言内容はあまりにもかけ離れている。「集い」で近藤は南京で作ったという印鑑を掲げながら強調した。

     「住民が平和に商売をしている一方で、毎日たくさんの人が虐◯されているというようなことは全く考えられません」

     原田は零式艦上戦闘機(零戦)のパイロットとして、米ハワイの真珠湾攻撃やミッドウェー海戦にも参加した。その経験から「戦争は、敵を倒さねば自分がやられてしまう極限状態なんです」と語る。

     南京攻略後、住民に平穏な生活が戻る一方で、「便衣兵」の存在が依然脅威だった。「便衣兵」とは民間人に偽装した兵士を指し、本来非武装地帯である安全区に武器を持って潜伏、隠れ戦闘員として日本兵らを襲ったとされる。

     原田は「便衣兵はゲリラ。接近してきて日本軍がやられる恐れがあった」と感じていた。休暇で南京城の北を流れる長江(揚子江)の河畔に行ったとき、原田は便衣兵を処刑する場面に出くわした。陸軍兵士らがトラックに乗せてきた中国人の男10人ほどを銃剣で突いたりした。

     観念した様子の男もいれば、川の中に逃げ込んで撃たれたり、泣きながら命ごいしたりする男もいた。

    (略)

     多くの戦闘を経験し、さまざまな感情を胸に刻んだ原田は今も講演で戦争の恐ろしさを訴える。それでも戦後浮上した「南京大虐◯」には納得できない。

     「何十万人もの大虐◯は信用できない。もし、大虐◯があれば、中国人はわれわれに和やかに接しただろうか」 (敬称略)

    続き・詳細はソースで

    http://www.sankei.com/premium/news/150216/prm1502160008-n1.html
    前スレ:★1 2015/02/17(火) 03:26:54.58
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1424222645/

    引用元: 【歴史】産経新聞、南京は露店建ち並ぶ「平和な進駐」…「住民が平和に商売をしている一方で、大虐殺があったなど考えられない」★4

    【産経新聞、南京は露店建ち並ぶ「平和な進駐」…「住民が平和に商売をしている一方で、大虐殺があったなど考えられない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/08/15(金) 01:29:24.13 ID:???0.net
     東条英機内閣の重光葵外相が第2次世界大戦中の1944年5月、日本と中立条約を結んでいた旧ソ連の仲介で、中国との戦争終結を検討していたことが14日、当時の外交機密の公電で分かった。劣勢にあった対米戦争に集中する狙いがあったとみられる。

     戦後に駐米大使を務めた故武内龍次氏が保管。妻のめい(75)が遺品を整理した際、机の下から公電の入ったかばんを見つけたという。

     公電によると、重光は44年5月25日、「帝国の対ソ対支方策に関する件」と題し、佐藤尚武駐ソ連大使に宛て、ソ連や中国との関係について意見を求めた。

     重光は「ソ連を協力的地位に置くことは有意義と思考せらる」と主張。日ソ中立条約を背景に、中国との戦争を有利な形で終結に導く手だてが考えられないかと尋ねた。

     これに対し、佐藤は同6月3日の回答で、ソ連と米英の関係は強固であり、日本と連携し国共合作を無害なものにすることは「到底期待し得ざる所なり」と疑問を呈した。その上で日中戦争の終結を探るとの意見には「明白に否定的結論に到達せざるを得ず」とした。

     昭和史に関する著書が多い作家半藤一利氏は「当時の日本がいかに日ソ中立条約を命綱のように考えていたかが分かる」と話した。

    ソース(日本経済新聞・共同通信) http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG1403P_U4A810C1CR8000/

    引用元: 【歴史】ソ連介入で対中戦争終結を検討、重光外相、遺品から機密公電…「当時の日本が日ソ中立条約を命綱のように考えていたか分かる」

    【ソ連介入で日中戦争終結を検討、重光外相の遺品から機密公電発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/12/18(火) 10:33:31.92 .net
    日中戦争も太平洋戦争もなく平和だった?
    今でも普通に日本軍で常任理事国?
    冷戦に巻き込まれたかも?
    核兵器持っていたかも?

    引用元: もし日本が日露戦争でやめといたら

    【もし日本が日露戦争でやめといたら】の続きを読む

    このページのトップヘ