スポンサーリンク

    書状

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/12/03(土) 21:32:28.54 ID:CAP_USER9
    赤穂浪士の討ち入りの発端となった江戸城「松の廊下」の刃傷(にんじょう)事件直後の吉良上野介の様子を記した文書が京都の西本願寺で見つかり、当時の様子をうかがうことのできる貴重な史料として注目を集めています。

    見つかったのは、吉良上野介と関わりが深かった京都の西本願寺から江戸の築地御坊、現在の築地本願寺に宛てて書かれた書状の控えです。
    京都市下京区の本願寺史料研究所が西本願寺が保存している資料の中から見つけました。

    書状は、江戸城「松の廊下」で上野介が浅野内匠頭に斬りつけられた刃傷事件からおよそ3週間後の日付で、
    「吉良殿の傷が比較的浅く、ふだんどおりに食事をとっていると聞いたので、お見舞いにうかがうように」という内容が記されています。
    そのうえで、浅野内匠頭が斬りつけた理由について、「乱心した」という情報しかないのでさらに調べるよう、築地本願寺に求めています。

    本願寺史料研究所の大喜直彦上級研究員は「西本願寺の情報収集でも、刃傷事件の詳しい理由がわからなかったということから、当時、理由が明らかにされていなかったことがうかがえる。これまで事件直後の史料はほとんど見つかっていないので大変貴重だ」と話しています。

    NHK NEWS WEB(12月3日 6時35分)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161203/k10010793581000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003
    images


    引用元: 【歴史】「松の廊下」直後の吉良上野介、様子を記す文書発見 京都の西本願寺で [無断転載禁止]©2ch.net

    【「松の廊下」直後の吉良上野介、様子を記す文書発見 京都の西本願寺で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/06/17(金) 12:06:17.94 ID:CAP_USER9
    http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/news-image/IP160616TAN000185000.jpg
    真田信繁の書状の原本とみられる史料を紹介する玉城客員教授

    NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公で、長野県上田市ゆかりの戦国武将真田信繁(幸村)が出したとみられる書状が新たに見つかったことが16日、分かった。
    清泉女学院大(長野市)の玉城司客員教授(63)が発見し、1590(天正18)年の年号と信繁の署名がある。
    信州の歴史文書をまとめた「信濃史料」に内容が載っている書状の原本とみられる。

    玉城客員教授によると、現在伝来している信繁が出した文書は20通で、これまで原本が確認されているのは7通。
    今回見つかったのは信繁が20代前半ごろの早い段階の史料で、「信繁」と署名するのは唯一という。

    書状は、豊臣秀吉が相模国(現神奈川県)の北条氏を滅ぼした小田原攻めがあった90年の8月10日付で、「安中平三」宛て。
    絶え間なく戦い続けてきたことから安中の姓を与え、領地などを与えることを約束する内容だ。

    従来の研究では、「安中と主従関係に入った」「小田原出兵に際し関東で軍事行動をしていた」などを意味するとされている。
    真田宝物館(長野市)によると、真田家には安中作左衛門という家臣がおり、平三と同一人物かは検討を要するという。

    玉城客員教授が2015年12月ごろ、上田市の古書店で書状を見つけた。
    信繁の兄で松代藩真田家初代藩主信之(信幸)、信之の長男信吉の書状など真田家に関連する10通と共にあった。

    真田宝物館は、江戸後期に真田家の歴史を家臣がまとめた「真田家御事蹟稿(ごじせきこう)」に、今回見つかった古文書のうち、信繁書状を含む何点かが載っており、
    「これらがまとめて家臣の家に伝来したことは確実」としている。

    玉城客員教授は、一緒に伝来した書状と紙質や寸法が近く、用字や字配りなどから信繁の自筆と推論。
    相手に礼を表すため、本文に重ねる「礼紙(らいし)」も残っていることも原本と判断する一因とする。
    「書風から実直で飾らない人柄がうかがえる。信繁の人物像も含め歴史的意義を見直してもらえればありがたい」と話し、ほかの研究にも役立ててもらう考えだ。

    書状は当面、真田宝物館に預ける。
    同館は今後、開催中の真田家の史料を集めた特別企画展で展示する方針。

    ソース元:信濃毎日新聞
    http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160617/KT160616FTI090018000.php

    images

    引用元: 【歴史】真田信繁が署名した唯一の「信繁」 清泉女学院大客員教授が書状の原本を発見[06/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【真田信繁が署名した唯一の「信繁」 清泉女学院大客員教授が書状の原本を発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/03/29(火) 01:51:21.12 ID:CAP_USER*
    松山藩の初代藩主の弟、松平定実(さだざね)が、「大坂夏の陣」で大きな功績をあげたことを示す伊達政宗などからの書状が松山市で見つかり、高い歴史的価値がある資料として注目されています。

    書状は、愛媛の歴史を調べている民間団体「伊予史談会」が、去年11月から、松山市内にある松平家の分家に保管されていた資料を調べていた際にみつかりました。

    松平定実は、松山の初代藩主、松平定行の弟で、大坂夏の陣で徳川方として多くの敵兵を討つ功績をあげました。

    しかし、家康を警護するという本来の役割を果たさなかったことが問題視され、不遇な末路をたどったとされています。

    書状は、仙台藩主の伊達政宗などが定実にあてたもので、8通あり、大坂夏の陣で定実がいかに活躍したかが書かれているほか、「家康にあなたの功績を伝えてもいい」などと、苦しい立場にある定実を励ます趣旨の文章がつづられています。

    民間団体によりますと、これらの書状は大坂夏の陣からまもなくに書かれたものとみられ、定実の功績が記された資料としては最も古いものではないかということで、高い歴史的価値がある資料として注目されています。

    伊予史談会の柚山俊夫さんは「松山藩に関する資料がほとんど残っていない江戸時代はじめの時期の、著名な武将から書状が残っていたというのは、歴史的価値が高いと考えられる」と話していました。


    NHK 03月28日 18時11分
    http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20160328/3928871.html
    ダウンロード


    引用元: 【歴史】 松平定実にあてた伊達政宗書状 「家康にあなたの功績を伝えてもいい」 松山市で見つかる [NHK] [無断転載禁止]©2ch.net

    【松平定実にあてた伊達政宗書状 「家康にあなたの功績を伝えてもいい」 松山市で見つかる [NHK]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/04/04(月) 13:24:20.41 ID:CAP_USER*
    <関ケ原>戦いの場所は「青野カ原」 合戦直後の文書に記載

    毎日新聞 4月4日(月)8時10分配信


    「前久書状」の一部。2行目に「青野カ原ニテノ合戦」との記述がある=陽明文庫提供

     関ケ原の合戦の呼び名は当初、「青野カ原の合戦」だった?--。京都市右京区の陽明(ようめい)文庫(名和修文庫長)に保管されていた古文書「前久(さきひさ)書状」に合戦直後の様子が詳細に記され、戦いの場所が「関ケ原」ではなく「青野カ原」と書かれていたことが分かった。合戦に関する戦記物などは多数現存するが、
    合戦直後の1次史料は非常に少なく、専門家は「当時の状況が分かる第一級の史料」としている。

     調査した石川県立歴史博物館館長の藤井譲治・京都大名誉教授(日本近世史)が2月、陽明文庫講座(東京大学史料編纂所・科研費プロジェクト主催)で発表した。

     藤井教授によると、前久書状は戦国時代の公家・近衛前久(1536~1612年)が記した。第二次世界大戦前に編集された「編年史料稿本」に書状の一部が収録されていたが、書状全体は公開されていなかった。「陽明文庫叢書(そうしょ)」の編集のため、書状を調査していて確認した。

     前久書状は合戦5日後の慶長5年9月20日に書かれたもので、徳川家康が江戸城を出発した日時や小早川秀秋の寝返りなど14項目にわたり、かなり正確に記述されていたことが判明した。

     藤井教授は書状に「青野カ原ニテノ合戦」と記載されていたことに着目。青野カ原は南北朝時代の古戦場として当時から知られていたことや、関ケ原から東北東約8キロの地点にかつて「青野村」(現・岐阜県大垣市青野町)があり、毛利家一族の吉川広家の自筆書状や「慶長記略抄」の狂歌にも関ケ原の戦いが「青野か原」と記載されていると指摘している。また合戦の当事者である家康が合戦当日に伊達政宗に書いた書状で
    「今十五日午刻、於濃州山中及一戦」と別の表記がされていることなどから、「当初は関ケ原の戦いという呼び方ではなかった」と推測している。

     「天下分け目の合戦」として定着している関ケ原の合戦だが、「関ケ原」の記述が出現するのは主に同年10月以降の島津家の古文書から。
    藤井教授は「情報量が豊富な今回の史料が出てきたことで、関ケ原の合戦の認識が変わる可能性がある」としている。【岡崎英遠】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160404-00000007-mai-soci

    images


    引用元: 【歴史】 ”関ケ原” 戦いの場所は「青野カ原」 合戦直後の文書に記載 [無断転載禁止]©2ch.net

    【 ”関ケ原” 戦いの場所は「青野カ原」 合戦直後の文書に記載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/04/06(水) 20:35:54.72 ID:CAP_USER*
     戦国大名の武田信玄(晴信)が川中島合戦の際、家臣に宛てて、上杉謙信の軍勢の動向を警戒するよう指示する内容を直筆した書状が韮崎市の民家で見つかった。
    信玄直筆の書状は全国でもほとんど残っていないといい、研究者は「信玄の戦略を知ることが出来る貴重な史料だ」と話している。

    ダウンロード (1)


     書状の鑑定にあたった歴史家の平山優さん(52)によると、書状には信玄が別動隊を率いる家臣に対し、上杉軍が西浜(新潟県糸魚川市)方面から別動隊を狙って進攻してくる可能性や、別動隊の指揮下にある「仁科衆」が上杉軍に寝返る恐れを指摘した上で、「城の防備を強化し、昼夜を問わず油断しないように」と命じている内容だという。
    戦況などから判断すると1557年の第3回川中島合戦の頃のものとみられるという。

     戦国大名の書状は側近に代筆させ、末尾の花押だけ自筆する場合が多い。平山さんは「直筆の書状を送ることで、家臣に命令の重要さを示す意味があった」と解説する。

     書状は、文字の濃淡がはっきりしており、墨が薄くなっても一気に書ききった様子が見られ、信玄の書状の特徴の一つだという。
    また、「事」や「心」の癖字にも特徴がよく出ているといい、平山さんは「信玄直筆の書状に間違いない」という。

     今回の発見について、武田氏に関する研究を行っている長野県立歴史館の笹本正治館長(64)は「信玄直筆の手紙は全国でもほとんど残っていない。
    直筆の文書は歴史的な価値が高いだけでなく、信玄の人間性を探る上でも非常に重要な史料だ」と指摘する。

     書状は約50年前、県外で古美術商から韮崎市神山町北宮地の功力くぬぎ利夫さん(83)が購入し保管していたものだった。
    功力さんは武田氏の氏神・武田八幡宮の近くで生まれ育ったこともあり、地元に信玄ゆかりの品がないのを歯がゆく思い、仕事で全国各地に出張する度に、古美術商を訪ねては信玄ゆかりの品を探し求めていたという。功力さんは「地域の宝になればと、信玄ゆかりの品を収集してきた。
    本物の直筆と認められてよかった」と話している。

    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20160405/20160405-OYTNI50031-L.jpg
    川中島合戦で上杉軍の動向を注視するよう、武田信玄(晴信)が自筆した書状

    http://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20160405-OYTNT50155.html
    2016年04月06日

    引用元: 【社会】武田信玄「上杉謙信に警戒を」 直筆の書状 韮崎の民家で発見©2ch.net

    【武田信玄「上杉謙信に警戒を」 直筆の書状 韮崎の民家で発見】の続きを読む

    このページのトップヘ