スポンサーリンク

    朝鮮半島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/06/29(水) 10:43:23.50 ID:CAP_USER9
     奈良市の平城宮跡で、朝鮮半島の伝統的なすごろく「ユンノリ」用のさいころとみられる棒が出土したことが28日、分かった。発掘した奈良文化財研究所が成果を研究所紀要に掲載した。

     分析した小田裕樹研究員は「身近なものを使って、当時の役人が楽しんだのではないか。古代の遊びを復元する上で貴重な成果」としている。

     棒は、奈良時代の役所が集中する「東方官衙(かんが)地区」の穴から2本出土。木の枝を用いており、太さ約1センチ、長さ約5~6センチ。

    続きはソースで

    〔共同〕

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28HAB_Y6A620C1CR8000/
    ダウンロード


    引用元: 【歴史】平城宮役人はすごろく好き? 朝鮮式さいころ発見か [無断転載禁止]©2ch.net

    【平城宮役人はすごろく好き? 朝鮮式さいころ発見か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/12/06(土) 07:38:30.63 ID:???0.net
    2014.12.5 07:09

    画像
    http://www.sankei.com/images/news/141205/rgn1412050028-p1.jpg

     古墳時代から飛鳥時代にかけて日本の政治や文化に影響を与えた朝鮮半島の百済を紹介する特別展「古代日本と百済の交流」が来年1月1日から、福岡県太宰府市の九州国立博物館(九博)で始まる。
    奈良県の石上神宮に伝来する国宝「七支刀」=写真=が、九州では初めて期間限定で展示される。3月1日まで。

     七支刀は、4世紀に百済から倭に贈られたとされる鉄剣で、両国の息の長い交流を感じさせる。実物は1月15日から2月15日までの限定公開で、ほかの期間はレプリカを展示する。

     日本書紀の記述から日本生まれとされる百済王「武寧王」の没年を記した墓誌石(6世紀)など、韓国の国宝も登場する。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/141205/rgn1412050028-n1.html

    引用元: 【文化】 国宝「七支刀」九州初公開へ 福岡 [産経ニュース]

    【国宝「七支刀」九州初公開へ 福岡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/09/16(火) 13:36:19.15 ID:???0.net
    『週刊ポスト』で平成4年から20年以上にわたり連載が続く歴史ノンフィクション『逆説の日本史』。
    単行本、文庫本等のシリーズ累計部数がついに500万部を突破したこの大人気作品の原点は、著者・井沢元彦氏が「師」と仰ぐ哲学者・梅原猛氏との「出会い」にあった。
    今回、2人が出雲王朝の謎について改めて語り合った。

    井沢:梅原先生は『葬られた王朝』で、出雲王朝が実在したと述べておられますが、どのような政権だったととらえていらっしゃいますか?

    梅原:現在の天皇家につながるのがヤマト王朝ですね。
    そのヤマト王朝が奈良時代に編纂したのが『古事記』や『日本書紀』です。
    これら『記紀』に述べられている神話を読んでみますと、ヤマト王朝以前に出雲王朝があったとしか考えられません。

    井沢:それは間違いないと思います。

    梅原:その出雲王朝の祖先であるスサノオノミコトは、『日本書紀』を読むと、どうやら朝鮮半島からやってきたらしい。

     さらに、出雲王朝でもっとも大切にされていた宝器は銅鐸です。
    銅鐸は朝鮮半島で使っていた馬の鈴がその原型と考えられます。
    馬の鈴が大きく立派になって銅鐸になった。
    だから、出雲王朝というのは朝鮮半島からやって来た人たちの王朝であって、はじめは出雲を中心とした地域を治めていた。

     そしてスサノオの子孫のオオクニヌシノミコトが日本をはじめて統一した人物でしょう。
    東日本はまだ治めてなかったとしても、西日本をほぼ統一した国家をつくっていたはずです。

    井沢:つまり、出雲王朝とは先住開拓民による王朝だったのですね。

    梅原:その出雲王朝を、南九州からやって来た王朝が滅ぼして新しい統一国家をつくった。
    これがヤマト王朝だと思います。彼らがもっとも大切にした宝器は銅鏡です。

    井沢:「銅鏡」という考古学用語は、大和言葉(漢語などの外来の言葉を除く、日本固有の言葉)でいえば「かがみ」ですね。同様に「銅剣」は「つるぎ」です。
    ところが、「銅鐸」に対応する大和言葉はないのですね。

    梅原:ありません。

    井沢:ということは、銅鐸は存在そのものを消されたのでは?

    梅原:銅鐸は明らかに破壊されてから埋められたものが、あちこちから出土しています。
    これは銅鐸の信仰、すなわち出雲王朝の権威を否定したのでしょう。
    それを行なったのは、言うまでもなくヤマト王朝です。

    週刊ポスト 2014.09.16 07:00
    以下全文
    http://www.news-postseven.com/archives/20140916_275653.html

    引用元: 【歴史】「スサノオノミコトは朝鮮半島からやってきた」と梅原猛氏

    【「スサノオノミコトは朝鮮半島からやってきた」と梅原猛氏】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/12/18(火) 10:33:31.92 .net
    日中戦争も太平洋戦争もなく平和だった?
    今でも普通に日本軍で常任理事国?
    冷戦に巻き込まれたかも?
    核兵器持っていたかも?

    引用元: もし日本が日露戦争でやめといたら

    【もし日本が日露戦争でやめといたら】の続きを読む

    このページのトップヘ