スポンサーリンク

    村山富市

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2015/04/03(金) 13:58:46.40 ID:???*.net
    2日付の香港フェニックステレビは、日本の村山富市元首相のインタビュー記事を掲載した。

    1 (2)


    20年前に過去の侵略を認めた談話を発表した村山氏は、安倍首相が侵略の歴史の希薄化を試みているとして強く批判し、釣魚島(日本名・尖閣諸島)は中日で共同開発するべきだと主張した。

    村山氏は1日、香港フェニックステレビの独占インタビューに応じ、今夏に発表される「安倍談話」について、安倍氏が「村山談話」を継承すると言っているのは建前に過ぎず、実際には侵略戦争を認めない方向に日本の歴史認識を変えようと試みていると指摘。

    続きはソースで

    画像
    http://s.eximg.jp/exnews/feed/Xinhua/Xinhua_13944_1.jpg

    http://a.excite.co.jp/News/chn_soc/20150403/Xinhua_13944.html

    引用元: 【政治】村山元首相「アジア諸国の賛同を得るには、侵略を認め、深く反省し、謝罪する必要がある」「尖閣諸島は日中が共同で開発すべき」

    【村山元首相「アジア諸国の賛同を得るには、侵略を認め、深く反省し、謝罪する必要がある」「尖閣諸島は日中が共同で開発すべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2015/01/26(月) 22:23:13.95 ID:???*.net
    村山元首相インタビュー
    http://bcove.me/kraehtho

    中国中央電視台(CCTV)は1月25日、上記の動画ニュースをロイターを通じて世界に配信した。
    このビデオニュースによると、村山富市元首相(90歳)は25日、CCTVの取材に対し、「安倍首相が村山談話を変えると発言しているが、それは不可能」と述べた。

    安倍首相は25日、出演したテレビ番組の中で、新たに発表される「戦後70年の首相談話」では、1995年の村山談話に盛り込まれた「植民地支配」「侵略」というキーワードを変更する可能性があることを示唆した。

    これに対し、村山氏は次のように反論した。「村山談話は、日本の進むべき道を示すとともに、世界への誓約となった。これを変えたり修正することはできない。
    諸外国は、『日本は何を考えている、何がしたいのだ』と思うだろう。
    それは、日本の信頼低下につながる。安倍首相が新しい談話を発表すると言ったが、あらゆる点から考えて、村山談話を変えることはできないだろう」。

    村山談話は、日本が植民地支配と侵略によって、アジアやその他の国々に「多大の損害と苦痛」を与え、その過ちを未来に繰り返さない旨が述べられており、村山氏はその趣旨についても説明した。

    CCTVが配信したこのビデオの末尾には、戦時中の写真も組み合わされている。
    村山談話修正の動きをけん制する意図があることは間違いない。

    http://toyokeizai.net/articles/-/58990

    引用元: 【政治】村山元首相「安倍首相が村山談話を変えると発言しているが、それは不可能」

    【村山元首相「安倍首相が村山談話を変えると発言しているが、それは不可能」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2014/12/17(水) 22:23:53.49 ID:???0.net
     中国や韓国など近隣国との関係を考えるシンポジウムが17日、福岡市内であり、パネリストで参加した村山富市元首相は「(戦前の)植民地支配の歴史は否定できないと感じた」と、過去の植民地支配と侵略を認めた「村山談話」を出した首相時代を振り返った。

     また、衆院選について「(集団的自衛権や憲法改正などの)問題を表に出さず、アベノミクスで景気が良くなるという話ばかり」と述べ「積極的平和主義を説くのなら、中韓にきちんと説明するべきだ」と安倍晋三首相を批判した。

     他に参加したのはヘイトスピーチ対策に取り組む辛淑玉さんや、外務省で日朝国交正常化交渉を担当した美根慶樹氏ら。

    http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121701001927.html

    引用元: 【社会】村山元首相「歴史否定できない」 植民地支配で

    【村山元首相「歴史否定できない」 植民地支配で】の続きを読む

    このページのトップヘ