スポンサーリンク

    東京大空襲

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/03/11(水) 08:29:50.01 ID:???*.net
     東京大空襲で三万人を超す人々が亡くなった江東区は、同区住吉二のティアラこうとうで「平和のつどい」を開き、区民約千百人が犠牲者を悼んだ。

    000


     山崎孝明区長は「七十年の歳月が過ぎ去ろうとしているが、苦難に満ちた当時を思うと、今なお悲痛の念が胸に迫り来る」と追悼の辞を述べた。

     空襲当時、新潟県に疎開中だった同区南砂の長谷川絹子さん(80)は、二人の幼い弟を亡くし、現在の東京メトロ東陽町駅近くにあった自宅を焼かれた。

    続きはソースで

    (荘加卓嗣)

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20150311/CK2015031102000119.html

    引用元: 【歴史】東京大空襲で3万人超の人々が亡くなった江東区、区民1100人が「平和のつどい」…「生きている限り、忘れることはできない」

    【東京大空襲で3万人超の人々が亡くなった江東区、区民1100人が「平和のつどい」…「生きている限り、忘れることはできない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/03/09(月) 22:52:29.99 ID:???*.net
     太平洋戦争の末期、東京から埼玉に集団疎開した保育園児たちがいた。その一人、田辺健之(けんじ)さん(74)は父が戦死し、母と妹ら残る家族も一九四五年三月十日未明の東京大空襲で亡くした。四歳で独りぼっちになった田辺さんを、疎開先で励ましたのが当時二十五歳の保育士福知(ふくち)トシさん。福知さんが戦後つくった「井の頭保育園」(東京都三鷹市)は、二人の物語をつづった絵本を卒園生に贈り、語り継いでいる。 (菊谷隆文)

    00


     「トシ先生は命の恩人。自分は生きているのでなく生かされている」。横浜市の自宅で語る田辺さんの手に、絵本「けんちゃんとトシせんせい」があった。児童文学の名作「ガラスのうさぎ」で知られる作家の高木敏子さん(82)が二人を取材し、九四年に出版した作品だ。

     絵本に登場する「けんちゃん」が田辺さんで、「トシ先生」が福知さん。墨田区にあった「愛育隣保館(あいいくりんぽかん)」の園児だったけんちゃんは四四年十一月、他の園児、保育士ら職員と埼玉県蓮田市の妙楽寺に疎開。トシ先生ら若い保育士が母親代わりになった。

     けんちゃんは一度だけ、トシ先生を困らせた。四五年三月八日、疎開先を訪れた母マスさんが帰る時、「ぼくも一緒に行く」と泣き、追いかけようとした。トシ先生が引き留めた。

     東京大空襲はその二日後。けんちゃんの家は焼かれ、一家全員が亡くなった。数日たち、トシ先生は意を決してそのことを伝えた。
    ひざの上でけんちゃんは目に涙をため、黙って聞いた。それから日本の軍用機が寺の上を飛ぶたび、空に向かって叫ぶようになった。
    「おーい、日本の兵隊さん、早く戦争やめてくれ」―。

    続きはソースで

     <保育園の集団疎開> 
    小学3~6年の学童疎開のさなか、大日本母子愛育会に属する愛育隣保館(墨田区)と戸越保育所(品川区)の3~6歳児53人、保育士ら職員11人が1944年11月25日、埼玉県平野村(現蓮田市)の妙楽寺に疎開した。その後の東京大空襲などで家族を失った園児も多い。保育士は引き取ってもらう人を捜すのに苦労したといい、終戦後の45年12月まで疎開保育が続いた。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015030902000127.html

    画像
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/images/PK2015030902100047_size0.jpg

    引用元: 【歴史】「おーい、日本の兵隊さん、早く戦争やめてくれ」…保育園疎開、四歳で独りぼっちになったけんちゃんとトシ先生の物語

    【「おーい、日本の兵隊さん、早く戦争やめてくれ」…保育園疎開、四歳で独りぼっちになったけんちゃんとトシ先生の物語】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/02/27(金) 20:16:59.03 ID:???*.net
    2月27日 4時26分

    01 (2)


    70年前の昭和20年の東京大空襲で、校舎が全焼した女学校の教職員がつづっていた執務日誌が残されていることが分かり、専門家は当時の学校の対応が克明に記され、貴重な資料だとしています。

    この執務日誌は、東京・江東区にある中村高校の前身の中村高等女学校の教職員が太平洋戦争末期の昭和20年3月から交代で記録していたものです。

    日誌は、およそ10万人が亡くなったとされる3月10日の東京大空襲の様子から始まり、「路上より猛火に包まれゆく校舎を注視し、万感こもごも胸にせまり、折からの火と風との中に立ち去る事あたわざりき。
    午前6時、全く灰燼(かいじん)と化した校舎跡に立ち戻り、いまだ燃えつつある校庭に立つ」と記しています。

    東京では、その後も空襲が続き、学校は生徒を疎開させることを決めます。
    そして4月3日、東京都との交渉に臨みますが、都の回答は国から新たな指示がないので、これまでどおり東京の工場で勤労動員を続けるようにというものでした。

    続きはソースで

    画像
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150227/K10057838011_1502270630_1502270953_01.jpg

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150227/k10015783801000.html

    引用元: 【歴史】東京大空襲で全焼した女学校の日誌見つかる

    【東京大空襲で全焼した女学校の日誌見つかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/09/14(金) 10:09:10.02 ID:PErBDrmJ0.net
    語ろうか

    引用元: 日本本土空襲について

    【日本本土空襲について】の続きを読む

    このページのトップヘ