スポンサーリンク

    武力

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/02/24(火) 23:20:21.76 ID:???*.net BE:287993214-2BP(1012)
    陸軍の青年将校が武力クーデターによる政治改革を目指した二・二六事件から26日で79年となる。 

    5


    当時、歩兵第3連隊第7中隊の一員として警視庁の占拠に加わった志水慶(よし)朗(ろう)さん(98)は、大雪だったあの日に起きた出来事を今も克明に記憶している。
    「当時は命令に従ったまでだが、事件は戦争拡大を助長したのではないか」。戦後70年を経て、志水さんは後悔の念も込めて振り返る。

    ■目的は知らされず

     昭和11年2月26日の明け方。19歳だった志水さんは30センチほども降り積もった雪の上に腹ばいになり、東京・桜田門にあった警視庁に軽機関銃を向けていた。
    間もなく、屋上で兵士が旗を振るのが見え、警視庁を占拠したことを知ったが、行動の目的は一切知らされなかった。

     そのうち、「首相や蔵相を射◯した」との伝令の言葉が漏れ伝わってきた。「ただならぬことが起きているんだという緊張感でいっぱいでした」

     この日の未明、約50日前に入隊したばかりの志水さんら初年兵は、上官から実弾を渡され、歩哨に立つ際に「尊皇」と言えば「討(とう)奸(かん)」と答える合言葉を教えられた。
    前日の晴天と打って変わり、外は一面銀世界だった。午前4時すぎ、隊列を組んで麻布の連隊から足跡一つない雪を踏みしめて警視庁に向かった。

    ■抵抗すれば射◯

     志水さんらは、10日前の2月16日未明にも非常呼集で飛び起き、警視庁に向かった。「歩3(歩兵第3連隊)と歩1(歩兵第1連隊)が決起して現内閣を打倒する。第7中隊は警視庁を襲撃する」。
    上官からの“想定”とした命令に驚きつつ、突撃の練習をした。

     「後に予行演習だったんだと気付いたが、そのほかにも、当時教えられたことは入隊前の常識とはかけ離れていた」。
    毎日行われる演習や射撃訓練。夕食後の上官による精神教育でも「高橋(是清)蔵相は悪人だ」などと政権への批判が目立っていた。

    続きはソースで

    ■二・二六事件 昭和11年2月26日、約1500人の兵を率いた陸軍皇道派の青年将校が武力による政治改革を目指して首相官邸など襲撃。斎藤実内大臣、高橋是清蔵相、渡辺錠太郎教育総監らを◯害した。
    国会議事堂や警視庁などを占拠したが、昭和天皇の奉勅命令が出され、同月29日に鎮圧。将校ら19人が死刑になった。

    http://www.sankei.com/images/news/150224/wst1502240070-p1.jpg
    二・二六事件について振り返る志水慶朗さん
    http://www.sankei.com/images/news/150224/wst1502240070-p2.jpg
    歩兵第三連隊に入隊した当時の志水慶朗さん=昭和11年撮影(志水さん提供)
    http://www.sankei.com/images/news/150224/wst1502240070-p3.jpg

    http://www.sankei.com/smp/west/news/150224/wst1502240070-s.html

    引用元: 【歴史】「武力で政治に介入しようとしたのは間違いだった」二・二六事件で警視庁を占拠した元兵士語る…あれから79年

    【「武力で政治に介入しようとしたのは間違いだった」二・二六事件で警視庁を占拠した元兵士語る…あれから79年】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2013/05/06(月) 10:57:25.41 .net
    乙巳の変から三無事件まで

    sakuradamongai
     

    引用元: クーデターの日本史

    【クーデターの日本史】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 日本@名無史さん 2013/12/22(日) 12:18:32.58 .net
    どちらが強いか?偉いか?賢いか?
    1

    引用元: 【戦国】島津と毛利【維新】

    【【戦国】島津と毛利どちらが優れている?【維新】】の続きを読む

    このページのトップヘ