スポンサーリンク

    武将

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/10/23(日) 17:39:42.49 ID:CAP_USER
    <前田慶次>「無苦庵」か 井戸跡や溝跡など出土 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000013-mai-soci
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20161023-00000013-mai-000-2-view.jpg


     「かぶき者」で知られる戦国武将、前田慶次が晩年に住んだとの言い伝えが残る山形県米沢市万世町堂森で行われた第2次発掘調査で、井戸跡や溝跡などが出土した。「米澤前田慶次の会」(梅津幸保会長)が22日、現地説明会で明らかにした。

     今回は慶次の武家屋敷「無苦(むく)庵」の母屋があったとみられる場所の北側約60平方メートルの区画を地表から約30センチ掘り起こした。市教委文化課の手塚孝主任は「母屋の北には庫裏(台所)や井戸があることが多い」と区画を決めた理由を話す。

     見つかった井戸跡は、長径1.7メートル、短径1.3メートル、深さ74センチで、周囲に4本の細い柱跡があった。内部から、脱穀用の木製「たたき棒」2本、箸2本が出た。その西側には長さ4.5メートルの浅い溝跡があり、周辺に馬のひづめ跡が確認されたことから、馬用の排水溝とみられる。井戸も馬用だった可能性があるという。

     このほか、土鍋片1点、手焙(あぶ)り(火鉢)片4点が見つかった。また、建物の柱跡1基も出た。出土した遺構・遺物は、地層から無苦庵の時代のものと推定されるという。

     昨年の発掘調査では、建物の柱穴約20基が見つかり、土塁や堀の工法が江戸初期のものと合致。土塁で囲まれた敷地は東西109メートル、南北72メートルの武家屋敷であると分かった。

     梅津会長は「昨年は慶次の屋敷跡という伝承地から推定地に格上げされ、今年は生活の痕跡の一部が出た。今後も発掘を続けて確定地にし、墓所も特定したい」と語る。来年は井戸跡の東側を発掘する予定で、庫裏跡などが期待できるという。

     23日午前8時半~正午、現地で一般公開する。場所は堂森586番地内。【佐藤良一】
    ダウンロード


    引用元: 【考古学】<前田慶次>「無苦庵」か 井戸跡や溝跡など出土 [無断転載禁止]©2ch.net

    【<前田慶次>「無苦庵」か 井戸跡や溝跡など出土】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/10/24(月) 23:47:34.91 ID:CAP_USER9
    約100年間、所在不明
    http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggLi2NHGjTxkIuEg35ROL9UA---exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/163279650791294457/origin_2.jpg

    戦国武将の真田幸村(信繁)が、義兄に宛てた自筆書簡1通の原本が見つかった。京都市内で24日に開かれた鑑定作業で真筆と確認された。

     書簡の原本は明治期に実業家岡本貞烋が入手し、1904年と14年に現在の東京大史料編纂所が写しを作成。
    内容は広く知られるが、その後約100年間、所在が分からなくなっていた。

    続きはソースで

    http://this.kiji.is/163275370999252474?c=39546741839462401 
    ダウンロード


    引用元: 【社会】真田幸村の自筆書簡原本を発見 [無断転載禁止]©2ch.net

    【真田幸村の自筆書簡原本を発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/05/11(水) 20:52:08.10 ID:CAP_USER*
    人気の戦国武将・真田幸村。
    イケメンかと思いきや……。歯も抜けた、さえない男性だった。
    それがなぜ、輝くスーパースターになったのか。

    最近、巷にあふれる幸村は例外なく、「イケメン」だ。ゲーム、マンガ……
    そしてNHK大河ドラマ「真田丸」で真田信繁(幸村)役を務める堺雅人さんも、言うに及ばずだろう。
    きっかけは、人気アクションゲーム「戦国BASARA」シリーズ(カプコン)だ。



    しかし、幸村の実相は少々、異なるようだ。
    上田市立博物館(長野県)が所蔵する「真田幸村画像」では、幸村はちょびひげを生やし、温和な表情を浮かべ、裃(かみしも)姿で座っている。小柄な印象も受ける。とてもイケメンとは思えない。

    描かれた時の幸村の年齢は不詳だが、幸村は46歳のころには、歯も抜け落ちていたという。
    当時、姉婿に送ったとされる、こんな書状が残っている。

    「去年より俄(にわか)にとしより、殊(こと)の外(ほか)病者に成り申し候(そうろう)。
    歯なども抜け申し候。ひげなどもくろきはあまりこれなく候」

    病気がちで、歯が抜け、ひげの白髪も増えた……イケメンどころか、貧相な容姿だ。
    一体なぜ、これが「輝くスーパーヒーロー」になったのか。

    歴史研究家で、幸村の直系子孫でもある真田徹さん(67)はこう話す。
    「江戸時代になって書かれた軍記物の『難波(なんば)戦記』が一つのきっかけとなり、ヒーロー幸村は生まれたと見られています」

    詳細・続きはソースで

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160511/asahi_2016051000189.html

    ダウンロード


    引用元: 【歴史】人気戦国武将・真田幸村、歯抜けのさえない中年だった…なぜスーパーヒーローになったのか 直系子孫の歴史研究家が語る★2©2ch.net

    【人気戦国武将・真田幸村、歯抜けのさえない中年だった…なぜスーパーヒーローになったのか 直系子孫の歴史研究家が語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/07/13(水) 04:07:25.23 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160712/K10010592841_1607122035_1607122150_01_02.jpg

     戦国武将の真田幸村が築いたとりで、「真田丸」が取り壊されたあとの詳しい様子を描いた絵図が松江市で見つかりました。
    専門家は、「真田丸」が独立性の高い大坂城の出城だった可能性を示す資料だと注目しています。
    この絵図は、松江市にある松江歴史館の所蔵品の中から見つかりました。
    縦およそ28センチ、横40センチ余りで、真田幸村の名で知られる戦国武将の真田信繁が、大坂冬の陣で築いたとりで「真田丸」が取り壊されたあとの堀の跡や敷地の様子が描かれています。
    真田丸の南側には、惣構堀という外側の堀が記されています。また、北側の大坂城に近い場所には真田丸の出丸として小さなとりでがあったと記されています。

     松江歴史館によりますと、真田丸の姿を描いた絵図は多く残されていますが、取り壊されたあとの詳しい様子を描いたものは珍しいということです。
    資料を分析した奈良大学の千田嘉博学長は「真田丸が独立性の高い出城だった可能性を示す貴重な資料だ」と指摘しています。この絵図は、ことし9月から松江歴史館で公開されます。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160712/k10010592841000.html
    (7月12日 21時51分)

    ダウンロード
     

    引用元: 【社会】真田幸村が築いたとりで「真田丸」出城の可能性示す絵図見つかる©2ch.net

    【真田幸村が築いたとりで「真田丸」出城の可能性示す絵図見つかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2008/12/01(月) 23:55:32 ID:dAh2tIjp.net
    って何?

    一番、不可解なもの。解せないもの。仮説すらあやふやなもの。

    引用元: 戦国最大の謎

    【戦国最大の謎】の続きを読む

    このページのトップヘ