スポンサーリンク

    爆弾

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2016/09/01(木) 13:00:12.70 ID:CAP_USER9
    会見で「戦争を考えるきっかけにしてほしい」と語った沢田監督=水戸市で
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201608/images/PK2016082802100074_size0.jpg

     太平洋戦争末期、特攻機「桜花」の最初の志願者とみられ、出撃者を選ぶ立場になった元海軍大尉、宇都宮市出身の故・林富士夫さんへのインタビューによるドキュメンタリー映画の公開が始まった。昨年6月に93歳で亡くなる9年前に撮影され、現在の茨城県笠間市内にあった筑波海軍航空隊で特攻に志願した様子や、部下を送り出した苦悩などを語っている。 (宮本隆康)

     「桜花」は、機体に爆弾を積んだ全長約六メートル、幅約五メートルの小型機。大型攻撃機につるし、敵艦に近づいて空中で切り離した後、操縦かんで操作して落ちながら体当たりを試みる。近づく前に母機ごと撃墜されることが多かったとされる。

     林さんが生前に書き残した文書によると、戦争末期の一九四四年六月、筑波海軍航空隊で「桜花」の開発の是非を問う会議が開かれた。複数の志願者がいれば実施する、と上官は説明。教官を務める隊員らが意向を聞かれ、三日後に林さんら数人が志願した。

     林さんは四五年三月から約三カ月間、鹿児島県の鹿屋基地で二十三歳の分隊長に。「桜花」の操縦を指導し、出撃者を選ぶよう命じられた。真っ先に自分の名前を書いたが、却下された。ひいきと思われないよう、親友や近しい部下たちを出撃させた。

    続きはソースで

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201608/CK2016082802000169.html

    images


    引用元: 【戦争】「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白★3©2ch.net

    【「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2016/08/13(土) 16:42:47.38 ID:CAP_USER9
    仏の分子生物学者バートラン・ジョルダン氏は米国が広島、長崎に投下した原子爆弾による長期的後遺症は極度に誇張されたものとする結論を出した。調査結果は「ジェネティックス」誌に掲載。

    被爆者のガン罹患率は被爆していない人のそれに比較すると高いものの、著しい差はない。調査の結果、被爆者のガン罹患率は年齢、性別、また爆心地からの距離によって異なることがわかった。1958年から1998年の間では被爆者のガン罹患率は、放射能被害を受けていない一般の例に比べると10%高い。
    生き残った大多数の被爆者の吸収線量値は1グレイ以下の小さい。

    続きはソースで

    http://jp.sputniknews.com/japan/20160813/2636925.html
    ダウンロード


    引用元: 【科学】日本の原爆投下の実被害は過大視されている…被爆者の平均寿命は一般より数ヶ月短い程度=フランスの分子生物学者 ©2ch.net

    【日本の原爆投下の実被害は過大視されている…被爆者の平均寿命は一般より数ヶ月短い程度=フランスの分子生物学者】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2014/08/31(日) 00:18:40.40 ID:???0.net
     ブティックやオフィスが並ぶ瀟洒(しょうしゃ)な街、東京・丸の内で、かつて戦後最悪と呼ばれたテロ事件があった。過激派が仕掛けた爆弾で8人が死亡し、380人がけがをした三菱重工ビル爆破事件だ。30日に発生40年を迎えたが、犠牲者の遺族や元捜査員は「事件は終わっていない」と言う。

     1974年8月30日。中学3年の夏休みも終わりに近づく金曜日。石橋明人さん(54)は自宅のテレビで父光明(てるあき)さん(当時51)の会社の惨状を知った。

     8人死亡。その1人が三菱重工に勤める父だった。社員食堂で昼食をとったあと、同僚と別れたところで爆発に巻き込まれた。即死だった。

     この年、父の会社をひとりで訪ねた。「一度行ってみないといけない」と思った。父の上司の案内で、父が座っていた椅子に腰かけた。
    机の引き出しを開けると、父のにおいがするように感じた。

     爆弾が仕掛けられた1階の植え込みには、粉々になった窓ガラスの破片が残っていた。数センチ大の一かけらを持ち帰った。父の腕時計と眼鏡、ガラス片で穴があいた財布と一緒に仏壇の下にそっとしまった。

    ソース(朝日新聞) http://www.asahi.com/articles/ASG8Y64P1G8YUTIL03H.html?ref=rss
    写真=爆発が起きた三菱重工ビルの玄関前の路上には割れた窓ガラスが散乱した
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140830002295_comm.jpg
    写真=爆発があった三菱重工ビル前のいまの様子。街路樹と石の舗装が続き、会社員や買い物客らが行き交う
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140830002335_comm.jpg
    地図=三菱重工爆破事件があった現場
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140830002283_comm.jpg
    写真=インタビューに応じる石橋明人さん
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140830002299_comm.jpg
    写真=事件で亡くなった父親の遺品
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140830002323_comm.jpg

    引用元: 【歴史】戦後最悪と呼ばれたテロ事件、8人死亡・380人けが、三菱重工ビル爆破事件から40年…遺族や元捜査員「事件は終わっていない」

    【戦後最悪と呼ばれたテロ事件、8人死亡・380人けが、三菱重工ビル爆破事件から40年…遺族や元捜査員「事件は終わっていない」】の続きを読む

    このページのトップヘ