スポンサーリンク

    爆撃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/03/21(土) 00:42:29.00 ID:???*.net
     太平洋戦争中に日本で墜落した米軍機の搭乗兵の最期を調べ、遺族に知らせ続けている人がいる。横浜市港北区の新井勲さん(80)。

    01


    七十年前、疎開先の静岡市で墜落機からはい出した瀕死(ひんし)の米兵の姿を目にしたのがきっかけになった。「鬼と教わった米兵も同じ人間だった。大切に思う人のためにも彼らの魂を弔いたい」。二十一日、群馬県邑楽(おうら)町の清岩寺で墜落兵を悼む日米合同の慰霊祭を開く。

     一九四五年六月十九日。東京から疎開した母の古里、静岡市は火の海になった。当時、小学五年生。翌二十日未明、両親と逃げた安倍川の土手で、太ももから血を流して倒れている米兵を見た。

     時折口元をゆがめ、手を動かしていたが、やがて動かなくなった。土手の下では米爆撃機B29の機体が燃えていた。「彼をののしることも、助けることもしなかった。あの米兵は誰だったのか、ずっと気になっていた」。トラック販売業を引退した十年前、墜落機の調査を始めた。

     日帰りで静岡市を訪れ、安倍川周辺の古い家を訪ね歩いた。空襲体験者の証言から、墜落原因はB29同士の衝突で、対岸にもう一機が落ちたと判明。墜落した日付や場所などの記録を載せたインターネットサイトで二機の機体番号を調べ、情報を集めた。

     二〇〇七年、墜落機の情報を求める遺族らが集う掲示板で、対岸に落ちた一機の操縦士のめいの書き込みを見つけた。英訳したメールのやりとりで搭乗機が静岡市に落ちたことを伝えると「ずっと捜していた」と感謝の返事が届いた。

    続きはソースで

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015032002000245.html

    画像
    戦争当時の地図でB29の墜落地点を説明する新井勲さん=横浜市港北区で
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/images/PK2015032002100153_size0.jpg

    引用元: 【歴史】「鬼と教わった米兵も同じ人間だった。大切に思う人のためにも彼らの魂を弔いたい」…日米合同の慰霊祭、非戦の思い継ぐ

    【「鬼と教わった米兵も同じ人間だった。大切に思う人のためにも彼らの魂を弔いたい」…日米合同の慰霊祭、非戦の思い継ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/06/28(木) 22:29:58.99 ID:xfLXx7rQ0.net
    極東裁判で日本邪悪だわ、てなったけど。
    工藤俊作みたいなのもいたし・・・
    工藤俊作以外で、日本軍がいいことしたのってあったの?

    引用元: 第二次大戦・実際日本はどうだったの

    【第二次大戦・実際日本はどうだったの】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/07/20(日) 16:06:18.15 ID:???0.net
    ソース(MSN産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/life/news/140720/art14072014500003-n1.htm
    写真=大空襲で焼き尽くされた東京の下町一帯。米国が無差別爆撃作戦に転じた結果だった
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140720/art14072014500003-l1.jpg
    写真=トルーマン米大統領
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140720/art14072014500003-p2.jpg

     松本清張の『砂の器』に、大阪大空襲で区役所と地区の法務局が全焼、戸籍原簿が全て焼失したという話が出てくる。若い男がこれを利用して自らの戸籍を偽造するのだ。むろん小説であり、そんな犯罪が実際に行われたかどうかは分からない。ただ大空襲が戸籍業務も狂わすほど激しいものだったことは間違いない。

     昭和20(1945)年3月13日夜から14日未明にかけ274機の米爆撃機B29が大阪を襲った。低空から約7万個という焼夷(しょうい)弾を落とし、大阪市内をほぼ焼き尽くした。市民3千人余りが亡くなり、13万戸以上の家屋を焼失した。

     その4日前の3月10日未明、首都東京への空襲は、もっとすさまじかった。

     9日夜、房総半島南部から東京にかけ数機のB29が侵入してきたが、そのまま去った。このため午後10時半に出された空襲警報もいったん解除され、市民も安心して眠りについたが、10日に日付が変わったころ、おびただしいB29が来襲した。

     午前0時8分ごろから最初の編隊が現在の江東区から墨田区にかけ次々と焼夷弾を投下、15分に再び空襲警報が発令されたときには下町一帯はすでに炎に包まれていたという。

     マリアナ諸島の爆撃基地から飛来したB29は米側史料によると334機に上った。まず最初の編隊が巨大な長円状に焼夷弾を落とし「火の壁」をつくる。後続機はそれを目印に「壁」の中に次々と爆弾を落とす。

     この日は20メートルという強風も吹いていたといい、人々は逃げ場をふさがれ、焼死していくしかなかった。その数はいまだに確定していないが、10万人を超えるという見方もある。完全な無差別◯戮(さつりく)と言ってもいい。

     東京が初めて本格的空襲を受けたのは昭和19年11月24日、88機のB29が武蔵野町(現武蔵野市)の中島飛行機武蔵工場などを爆撃、550人の死傷者を出した。

     この時点での空襲は昼間、1万メートルほどの高さから軍需工場を中心に狙った。時に精度が狂い、一般の民家などにも被害が出た。
    だがマリアナの米軍B29爆撃兵団の指揮官が20年1月、カーチス・ルメイ少将に代わってからは、夜間低空から焼夷弾を使う無差別じゅうたん爆撃が採られ、非戦闘員も対象とされた。

     その最初が3月10日の東京で、大阪を経て17日にはB29が309機神戸に来襲した。神戸では8月まで度重なる夜間空襲で8800人余りが死亡した。空襲はやがて地方都市にも広がり、市民が逃げ惑うことになる。

     この無差別◯戮の行き着いたところが20年8月6日、9日の広島、長崎への原爆投下だった。広島では被爆直後だけで、約10万人が犠牲になった。約16時間後、米大統領ハリー・トルーマンは声明を発表した。

     「われわれは現在、日本が有するいかなる都市、いかなる生産施設も迅速かつ完全に抹◯する用意がある」。一国の大統領とは思えない威嚇であった。

     戦後、戦勝国側では原爆投下を「日本の力を徹底的にそぎ、これ以上われわれの国民の命を失わないため」「日本に早期降伏を促すため」などと正当化してきた。

    続きはソースで

    引用元: 【歴史】大阪、東京、広島、長崎…無差別殺戮に転じた米国、トルーマンは原爆投下直後に威嚇、「我々は日本を完全に抹殺する用意がある」

    【トルーマン「我々は日本を完全に抹殺する用意がある」無差別殺戮をした米国、原爆投下直後に威嚇】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/09/14(金) 10:09:10.02 ID:PErBDrmJ0.net
    語ろうか

    引用元: 日本本土空襲について

    【日本本土空襲について】の続きを読む

    このページのトップヘ