スポンサーリンク

    特攻隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/01(木) 13:00:12.70 ID:CAP_USER9
    会見で「戦争を考えるきっかけにしてほしい」と語った沢田監督=水戸市で
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201608/images/PK2016082802100074_size0.jpg

     太平洋戦争末期、特攻機「桜花」の最初の志願者とみられ、出撃者を選ぶ立場になった元海軍大尉、宇都宮市出身の故・林富士夫さんへのインタビューによるドキュメンタリー映画の公開が始まった。昨年6月に93歳で亡くなる9年前に撮影され、現在の茨城県笠間市内にあった筑波海軍航空隊で特攻に志願した様子や、部下を送り出した苦悩などを語っている。 (宮本隆康)

     「桜花」は、機体に爆弾を積んだ全長約六メートル、幅約五メートルの小型機。大型攻撃機につるし、敵艦に近づいて空中で切り離した後、操縦かんで操作して落ちながら体当たりを試みる。近づく前に母機ごと撃墜されることが多かったとされる。

     林さんが生前に書き残した文書によると、戦争末期の一九四四年六月、筑波海軍航空隊で「桜花」の開発の是非を問う会議が開かれた。複数の志願者がいれば実施する、と上官は説明。教官を務める隊員らが意向を聞かれ、三日後に林さんら数人が志願した。

     林さんは四五年三月から約三カ月間、鹿児島県の鹿屋基地で二十三歳の分隊長に。「桜花」の操縦を指導し、出撃者を選ぶよう命じられた。真っ先に自分の名前を書いたが、却下された。ひいきと思われないよう、親友や近しい部下たちを出撃させた。

    続きはソースで

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201608/CK2016082802000169.html

    images


    引用元: 【戦争】「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白★3©2ch.net

    【「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/01/29(木) 23:05:46.47 ID:???*.net
    訓練機「白菊」特攻隊 語り継ぐ会を設立
    【NHK】 2015/01/29 21:46

    太平洋戦争末期に徳島県の基地から飛び立ち、命を落とした特攻隊の悲劇を次の世代に語り継いでいこうという会が設立され、29日、徳島市で総会が開かれました。

    images


    太平洋戦争末期、旧日本軍は訓練機の「白菊」で敵に体当たりして攻撃する「白菊特攻隊」を全国で編成し、徳島県松茂町にあった基地でも56人の隊員が命を落としました。

    徳島では生き残った隊員や遺族が慰霊の会を開いていましたが、参加者の高齢化が進み、7年前を最後に会合は途絶えています。

    こうした状況を知った若者を中心とした県内の有志が特攻隊の悲劇を語り継ごうと、語り継ぐ会を設立し、29日、徳島市で総会を開きました。

    このなかで、語り継ぐ会の山下釈道会長が「特攻隊の史実を学び、次の世代へ語り継ぐ必要がある。これからも定期的に集まり、活動を続けたい」とあいさつしました。

    続きはソースで

    ソース: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150129/k10015071341000.html

    引用元: 【社会】訓練機による「白菊特攻隊」、語り継ぐ会を設立 [15/01/29]

    【訓練機による「白菊特攻隊」、語り継ぐ会を設立】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/10/24(金) 21:43:38.84 ID:???0.net
    ■特攻の命中率 終戦直前は9機に1機の11%
    初陣戦果に「有効性」思い込んだ海軍
    初めての神風特攻隊は在フィリピンの第一航空艦隊(一航艦)司令長官、大西瀧治郎・海軍中将が編成し、海軍最後の艦隊決戦となったフィリピン・レイテ沖海戦に投入された。関行男大尉を隊長とする敷島隊計5機が1944年10月25日、米海軍の護衛空母「セントロー」(7800トン)を撃沈。他の3隻に損傷を与えた。
    初陣での破格の戦果に、海軍は戦術としての特攻の有効性を信じた。

    防衛庁防衛研修所戦史室(現在の防衛省防衛研究所戦史部)が編さんした戦史叢書によると、一連の「比島特攻作戦」で海軍は436機、陸軍は243機が出撃。成功率は約27%だったという。
    この数字は高いのか、低いのか。目標に向かって急降下しながら爆撃する「急降下爆撃」という戦術はもともと、従来の水平爆撃以上の命中率を得るために編み出された。開戦時の真珠湾攻撃で、一航艦(南雲機動部隊)の九九式艦上爆撃機は急降下爆撃で命中率58.5%を上げている。
    42年4月のインド・セイロン沖海戦では、英東洋艦隊の空母「ハーミズ」に対して命中率89%を記録。
    史上初めて空母機動部隊同士が激突した42年5月の珊瑚(さんご)海海戦で、日本軍は米空母「レキシントン」に命中率53%、米軍は空母「祥鳳(しょうほう)」に命中率32%の戦果を残している。
    そうした数字と比べて、レイテ沖海戦時の特攻成功率は特に高い数字というわけではない

    しかも特攻戦術による命中率は次第に低下していく。軍事史研究家の故・小沢郁郎氏は自著
    「つらい真実 虚構の特攻隊神話」(同成社)で、出撃機数や米海軍の被害統計などを精査。
    フィリピン戦期(1944年10月~45年1月)は23.5%だった命中率が、沖縄戦期(45年3月~終戦)は7.9%に低下していたと算出した。

    ■体当たりなんて…日本は終わり」特攻1号の関大尉
    全軍の模範となる「特攻第1号」として、海軍兵学校出身の関行男大尉は特に選抜された。
    戦死後は2階級特進し、「軍神」となった。一方で、出撃前にこう慨嘆していたという。
    「通常攻撃でも爆弾を命中させる自信がある。そんな僕に体当たりを命じるなんて、日本は終わりだ」

    ■劣勢で次々失った熟練パイロットたち
    特攻戦術が採用された背景として、熟練の航空機搭乗員の減少がある。零式艦上戦闘機(ゼロ戦)をはじめとする日本機は戦果を上げる一方で、その防弾性能の低さから、損害も増加させた。
    太平洋戦争は1942年8月にガダルカナル島の戦いが始まると航空消耗戦となり、逐次投入で貴重な戦力を消尽させていった。42年10月の南太平洋海戦では出撃216機のうち、約6割の130機を失ったとされる。
    連合艦隊は翌43年4月の「い号作戦」終了後の研究会で、戦闘機の日米の実力差は開戦時には6対1とリードしていたが、同作戦では1対1くらいとほぼ並んだと判定した。戦史叢書によると、開戦時の海軍搭乗員約7000人のうち、
    44年3月時点では既に6割近く、約3900人が戦死していたという。

    ■練習機や偵察機など低性能の機体も苦し紛れ投入
    爆装した零式艦上戦闘機(ゼロ戦)により、特攻作戦は開始された。
    搭乗員は志願制を建前としたが、華々しい戦果が伝えられるとともに恒常化。あらゆる機体が投入されることになる

    沖縄戦などがあった1945年3~7月に投入された陸海軍機計1813機のうち、約3割(計536機)がそもそも実際の戦闘には向かない偵察機・練習機、旧式戦闘機などが占めた。
    もともと低速・低馬力なうえに無理に爆装したため、運動性能はさらに低下した。

    ■正規空母、戦艦、巡洋艦は一隻も撃沈できず
    米海軍、最新レーダーで特攻を無効化
    米海軍は最新の科学技術、効率的な組織運用により、特攻戦術を無効化していった。
    精神主義の日本軍は物量だけでなく、米軍の合理主義にも敗れ去った。
    特攻機の主目標は大型の正規空母(2万~4万トン級)を中心とする機動部隊。
    その外周部に、米軍は対空捜索レーダーを搭載した駆逐艦「レーダーピケット艦」による
    早期警戒網を設け、日本の攻撃隊を感知。空母の戦闘機隊で迎撃した。

    http://mainichi.jp/feature/afterwar70/pacificwar/data2.html


    引用元: 【戦争】航空特攻による戦死者3848人、正規空母・戦艦・巡洋艦は一隻も撃沈できず・・・無意味さを認識していた大本営★3

    【航空特攻による戦死者3848人、正規空母・戦艦・巡洋艦は一隻も撃沈できず・・・無意味さを認識していた大本営】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/09/18(木) 10:28:03.90 ID:???0.net
    ソース(マガジン9、映画作家・想田和弘氏) http://www.magazine9.jp/article/soda/14678/

     来年、テレビ東京開局50周年企画として、百田尚樹氏の小説『永遠の0』(太田出版)がドラマ化されるそうである。周知の通り、本作はすでに映画や漫画になっている。原作は累計で530万部を売り上げ、映画は700万人を動員したという。今度のドラマ化は「2匹目だか3匹目のどじょう」を狙ったものなのだろう。

     ドラマのウェッブ・サイトには、次のような百田氏のコメントが寄せられている。

     「このたび、テレビ東京から『永遠の0』をドラマ化したいという申し出を受けました。三日間通しての放送と聞いて、心が震えました。
    映画版は原作者である私自身が大いに満足した出来栄えでしたが、もとが600ページ近い長編だけに、原作の世界観が十全に再現されたものではありませんでした。しかし、今回のテレビ東京の企画は、限りなく原作に近づいたものです。脚本も見せていただきましたが、主人公である宮部久蔵だけでなく、彼を取り巻く様々な男たちの姿が生き生きと描き出されていることに感動しました。どんな風に映像化されるのか、本当に楽しみです」

     『永遠の0』の物語の構造は、原作も映画も同じである。

     思い切って単純化するならば、それは「だらけきった戦後民主主義の日本人(健太郎と慶子)」が「誤解され、忘れ去られた戦前・戦中の日本人(宮部久蔵)」の「本当の姿」を発見し、その愛の強さや自己犠牲の精神に驚嘆すると同時に、自らの認識と生き方を改めていくという物語である。「私は死にたくありません」と言い続ける厭戦的な宮部を主人公に据えたことで、本作は一見「反戦作品」にも見えるが、その本質を冷静に分析するならば、安倍首相や百田氏らが好む「靖国史観」に沿ったプロパガンダだといえる(詳しくは拙著『熱狂なき
    ファシズム』(河出書房新社)をご参照のこと)。

     百田氏のコメントによれば、ドラマも「限りなく原作に近づいたもの」だそうだから、きっと同じような作品になるのであろう。ドラマの「協力」に、防衛省、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊が名を連ねていることを考えれば、すでに国を挙げたプロパガンダが始まっているとみるべきではないだろうか。

     ドラマの主役には、向井理氏が起用された。彼は「靖国史観」に共感を寄せているようで、2010年の8月15日に「幸せ」というタイトルで次のような文章をブログに投稿している(http://ameblo.jp/osamu-labo/entry-10620733410.html)。

    > 今日は日本がポツダム宣言を受諾して65年の日です。(略)
    > 昨日放送したドラマ『帰国』の撮影前に靖国神社に参拝に行きました。
    > 劇中の自分のセリフにもありましたが、『国の責任者が参拝するのは当然の義務なんじゃないのか』(略)
    > 八月十五日が来ると改めて今の自分は幸せだと思います。
    > ちゃんと生きて、生活できているから。
    > それこそ戦争中はいつ死ぬか、家族の安否もわからぬ生活を送る人が多かった訳だから、それに比べたら幸せ過ぎて申し訳ない
    >くらいです。(略)
    > そして、必死になって日本の行く末を案じながら散っていった人達のことを考えると感謝の気持ちで一杯です。
    > さらにあの戦況下で無条件降伏まで持っていったのは凄いことだと思います。(略)

     衝撃的なのは、「あの戦況下で無条件降伏まで持っていったのは凄いことだと思います」という記述である。向井氏は「ポツダム宣言」や「無条件降伏」の意味を理解していないのだろうか。理解していれば、「無条件降伏まで持っていった」などという記述になるはずがない。

    >>2以降に続く)

    引用元: 【歴史】曖昧で素朴な「感謝」がファシズムを支えるとき…過去に起きた戦争の本質を問い、「英霊」を無駄死にさせた人の責任を問おう

    【曖昧な感謝がファシズムを支える時、過去の戦争の本質を問い、「英霊」を無駄死にさせた人の責任を問おう】の続きを読む

    このページのトップヘ