スポンサーリンク

    発掘

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/10/13(木) 20:50:45.29 ID:CAP_USER9
    九州派と近畿派がインターネット中継で意見を交わした「歴史バトル」
    http://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/10/11/20161011dd0phj000018000p/9.jpg
    インターネットを通じ、邪馬台国の九州説、畿内説に分かれて議論する研究者
    http://www.nishinippon.co.jp/import/saga/20161010/201610100002_000.jpg
    持論を展開する石野さん(右から2人目)と進行の今尾さん(右端)=9日、明日香村の県立万葉文化館
    http://www.nara-np.co.jp/photo/aa4d3e0a6b5224978ebc2c01dbd116be.jpg
    http://www.nara-np.co.jp/20161010103950.html

     吉野ケ里歴史公園(吉野ケ里町)で9日、特別記念フォーラム「歴史バトル『邪馬台国はどこだ?』」があった。同公園と奈良県明日香村の県立万葉文化館の両会場をインターネット中継し、九州説派と近畿説派がそれぞれの持論を展開した。

     吉野ケ里歴史公園で開催中の特別企画展「よみがえる邪馬台国 邪馬台国と謎の国『不弥国』」(11月6日まで)に合わせてフォーラムを企画。両会場には多くの考古学ファンが詰め掛けた。

     吉野ケ里歴史公園の会場には、九州説を唱える佐賀女子短大の高島忠平名誉教授ら3人の研究者が登壇。奈良県側は近畿説を推す香芝市二上山博物館の石野博信名誉館長ら3人が参加した。

     両派は主張を一歩も譲らず討論を展開した。九州派は「魏志倭人伝」に記された邪馬台国の特徴が吉野ケ里遺跡の建物跡の配置と酷似していることなどを指摘した。

     一方、近畿派はこれまでに出土した卑弥呼の時代の鏡のほとんどが近畿地方で見つかっている点を強調し「九州に邪馬台国があったというのは無理がある」と主張した。

     参加者たちは、資料を手に熱心にメモを取り、古代のロマンに胸をときめかせた。【松尾雅也】

    http://mainichi.jp/articles/20161010/ddl/k41/040/179000c

     九州説か、畿内説か-邪馬台国の場所を巡って討論するフォーラムが9日、吉野ケ里歴史公園(吉野ケ里町、神埼市)と奈良県立万葉文化館(同県明日香村)で開かれた。両会場をインターネット中継でつなぎ、研究者ら8人がそれぞれ持論を展開。吉野ケ里町で約200人、明日香村で約350人の考古学ファンが耳を傾けた。

     吉野ケ里歴史公園で開催中の企画展「よみがえる邪馬台国」の関連イベントで昨年に続き2回目。

     奈良県の香芝市二上山博物館の石野博信名誉館長は、纒向(まきむく)遺跡(同県桜井市)に計画的に配置された大型の構造物や水路の遺構を根拠に「発達した文化の証しで、都市の造成が始まった」と畿内説を主張。遺跡から発掘した土器のうち、九州や関東などの土器が15~30%混じっている点を踏まえ「他地域との交流が特に盛んだった」と述べ、畿内にあった邪馬台国が連合国家の中心だったと説明した。

     吉野ケ里遺跡の発掘を主導した考古学者の高島忠平氏は、政治的影響力が強い大陸に近い北部九州に邪馬台国を中心にした勢力が存在したと主張。高島氏は「魏志倭人伝が記す卑弥呼の館の特徴は、吉野ケ里遺跡の遺構や遺物と符合する点が多い」と強調。同時代に中国の権力者が贈ったとされる鉄製の鏡が大分県日田市で見つかったことから、「中国の皇帝が卑弥呼に贈ったと考えるのが自然だ」と述べた。

    =2016/10/10付 西日本新聞朝刊=
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/280919

    ダウンロード (1)


    引用元: 【佐賀】「九州に邪馬台国があったというのは無理がある」 ネット中継で「畿内vs九州」論戦、両者一歩も譲らず…吉野ケ里歴史公園★5©2ch.net

    【【佐賀】「九州に邪馬台国があったというのは無理がある」 ネット中継で「畿内vs九州」論戦、両者一歩も譲らず…吉野ケ里歴史公園★5©2ch.net 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/06/29(水) 10:43:23.50 ID:CAP_USER9
     奈良市の平城宮跡で、朝鮮半島の伝統的なすごろく「ユンノリ」用のさいころとみられる棒が出土したことが28日、分かった。発掘した奈良文化財研究所が成果を研究所紀要に掲載した。

     分析した小田裕樹研究員は「身近なものを使って、当時の役人が楽しんだのではないか。古代の遊びを復元する上で貴重な成果」としている。

     棒は、奈良時代の役所が集中する「東方官衙(かんが)地区」の穴から2本出土。木の枝を用いており、太さ約1センチ、長さ約5~6センチ。

    続きはソースで

    〔共同〕

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28HAB_Y6A620C1CR8000/
    ダウンロード


    引用元: 【歴史】平城宮役人はすごろく好き? 朝鮮式さいころ発見か [無断転載禁止]©2ch.net

    【平城宮役人はすごろく好き? 朝鮮式さいころ発見か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/05/13(金) 05:55:19.62 ID:CAP_USER
    2016年05月12日
     国内最大規模の横穴墓群とされる国指定史跡「吉見百穴」がある吉見町は、2017年に発掘130年を迎えるのを前に、写真や記録などの提供を呼びかけている。吉見百穴の資料や出土品は少なく、町は「新たな資料が見つかれば、研究を前進させる手がかりになる」と期待している。

     吉見百穴は古墳時代末期(6世紀末~7世紀末)に造られたとされる。1887年、東京帝大(当時)の大学院生・坪井正五郎が、当時の県議で後の貴族院議員・根岸武香の助力で237基の横穴墓を発掘した。戦時中に地下軍需工場が作られて一部の横穴墓が壊され、現在確認できるのは219基だ。

     出土した須恵器や太刀、発掘時に撮影された写真などは約50点にとどまる。資料を保管するのは、吉見百穴の土地を所有し、百穴前で土産物店を営む大沢康さん(52)。「発掘前の写真が見つかると面白い」と期待を寄せる。町埋蔵文化財センターの弓明義学芸員(51)も「237基もの横穴墓が発掘されたのにこれだけ、というのは変だ」と首をかしげる。

     県立松山高校教諭などとして百穴研究に携わった金井塚良一(1929~2015年)は、「大正初期に敷地内にあった『陳列館』が火事に遭い資料が焼失した」「県外へ流出した可能性がある」といった説を唱えたが、いずれも裏付けは得られていない。

     写真や記録の募集は6月末まで。8月下旬~9月中旬に「吉見百穴写真・記録展」を開く。弓学芸員は「吉見百穴の謎は壮大な古代ロマン。新資料が見つかれば研究に光が差す」と語る。

     資料提供は、町ホームページから応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入して資料とともに(リンク先に有)に持参または郵送する。問い合わせは(リンク先に有)へ

    http://www.yomiuri.co.jp/local/saitama/news/20160512-OYTNT50016.html
    images


    引用元: 【歴史】吉見百穴 資料提供求む…来年発掘130年©2ch.net

    【吉見百穴 資料提供求む…来年発掘130年】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/11/11(火) 22:47:37.65 ID:???.net
    “卑弥呼の墓”と類似、古代史解明の鍵に 京都・五塚原古墳

    京都府向日市埋蔵文化財センターと立命館大が、同市寺戸町にある3世紀半ば~後半の大型前方後円墳「五塚原(いつかはら)古墳」で進める発掘調査で、次々と重要な成果が出ている。
    卑弥呼の墓といわれる「箸墓(はしはか)古墳」(奈良県桜井市)との類似点が発見され、近くにある日本最古の祭殿施設があった「中海道遺跡」との関連も指摘される。
    古代史を解明する上で鍵となる可能性が高まり、研究者から注目を集めている。

    「今回の調査で、五塚原が箸墓をモデルに造られた最古段階の古墳だったことが裏付けられた」と市埋蔵文化財センターの梅本康広調査係長は話す。
    8月上旬から10月末まで実施した調査で、この2古墳にしかない2点の特徴が確認された。

    一つは「斜路状平坦面(しゃろじょうへいたんめん)」といわれる構造。
    側面にある段の平坦面は、後円部とのくびれ部から前方部の端に向けて勾配があり、先端は大きくせり上がっている。
    もう一つは、平坦面が前方部と後方部のくびれ部で途切れている点だ。

    -----------引用ここまで 全文は引用元参照----------

    ▽記事引用元
    http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20141110000032
    京都新聞(http://www.kyoto-np.co.jp/)2014年11月10日 10時06分配信記事

    引用元: 【考古】“卑弥呼の墓”と類似、古代史解明の鍵に 京都・五塚原古墳

    【“卑弥呼の墓”と類似、古代史解明の鍵に 京都・五塚原古墳】の続きを読む

    このページのトップヘ