スポンサーリンク

    発見

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/12/03(土) 21:32:28.54 ID:CAP_USER9
    赤穂浪士の討ち入りの発端となった江戸城「松の廊下」の刃傷(にんじょう)事件直後の吉良上野介の様子を記した文書が京都の西本願寺で見つかり、当時の様子をうかがうことのできる貴重な史料として注目を集めています。

    見つかったのは、吉良上野介と関わりが深かった京都の西本願寺から江戸の築地御坊、現在の築地本願寺に宛てて書かれた書状の控えです。
    京都市下京区の本願寺史料研究所が西本願寺が保存している資料の中から見つけました。

    書状は、江戸城「松の廊下」で上野介が浅野内匠頭に斬りつけられた刃傷事件からおよそ3週間後の日付で、
    「吉良殿の傷が比較的浅く、ふだんどおりに食事をとっていると聞いたので、お見舞いにうかがうように」という内容が記されています。
    そのうえで、浅野内匠頭が斬りつけた理由について、「乱心した」という情報しかないのでさらに調べるよう、築地本願寺に求めています。

    本願寺史料研究所の大喜直彦上級研究員は「西本願寺の情報収集でも、刃傷事件の詳しい理由がわからなかったということから、当時、理由が明らかにされていなかったことがうかがえる。これまで事件直後の史料はほとんど見つかっていないので大変貴重だ」と話しています。

    NHK NEWS WEB(12月3日 6時35分)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161203/k10010793581000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003
    images


    引用元: 【歴史】「松の廊下」直後の吉良上野介、様子を記す文書発見 京都の西本願寺で [無断転載禁止]©2ch.net

    【「松の廊下」直後の吉良上野介、様子を記す文書発見 京都の西本願寺で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/10/24(月) 23:47:34.91 ID:CAP_USER9
    約100年間、所在不明
    http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggLi2NHGjTxkIuEg35ROL9UA---exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/163279650791294457/origin_2.jpg

    戦国武将の真田幸村(信繁)が、義兄に宛てた自筆書簡1通の原本が見つかった。京都市内で24日に開かれた鑑定作業で真筆と確認された。

     書簡の原本は明治期に実業家岡本貞烋が入手し、1904年と14年に現在の東京大史料編纂所が写しを作成。
    内容は広く知られるが、その後約100年間、所在が分からなくなっていた。

    続きはソースで

    http://this.kiji.is/163275370999252474?c=39546741839462401 
    ダウンロード


    引用元: 【社会】真田幸村の自筆書簡原本を発見 [無断転載禁止]©2ch.net

    【真田幸村の自筆書簡原本を発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/04/06(水) 20:35:54.72 ID:CAP_USER*
     戦国大名の武田信玄(晴信)が川中島合戦の際、家臣に宛てて、上杉謙信の軍勢の動向を警戒するよう指示する内容を直筆した書状が韮崎市の民家で見つかった。
    信玄直筆の書状は全国でもほとんど残っていないといい、研究者は「信玄の戦略を知ることが出来る貴重な史料だ」と話している。

    ダウンロード (1)


     書状の鑑定にあたった歴史家の平山優さん(52)によると、書状には信玄が別動隊を率いる家臣に対し、上杉軍が西浜(新潟県糸魚川市)方面から別動隊を狙って進攻してくる可能性や、別動隊の指揮下にある「仁科衆」が上杉軍に寝返る恐れを指摘した上で、「城の防備を強化し、昼夜を問わず油断しないように」と命じている内容だという。
    戦況などから判断すると1557年の第3回川中島合戦の頃のものとみられるという。

     戦国大名の書状は側近に代筆させ、末尾の花押だけ自筆する場合が多い。平山さんは「直筆の書状を送ることで、家臣に命令の重要さを示す意味があった」と解説する。

     書状は、文字の濃淡がはっきりしており、墨が薄くなっても一気に書ききった様子が見られ、信玄の書状の特徴の一つだという。
    また、「事」や「心」の癖字にも特徴がよく出ているといい、平山さんは「信玄直筆の書状に間違いない」という。

     今回の発見について、武田氏に関する研究を行っている長野県立歴史館の笹本正治館長(64)は「信玄直筆の手紙は全国でもほとんど残っていない。
    直筆の文書は歴史的な価値が高いだけでなく、信玄の人間性を探る上でも非常に重要な史料だ」と指摘する。

     書状は約50年前、県外で古美術商から韮崎市神山町北宮地の功力くぬぎ利夫さん(83)が購入し保管していたものだった。
    功力さんは武田氏の氏神・武田八幡宮の近くで生まれ育ったこともあり、地元に信玄ゆかりの品がないのを歯がゆく思い、仕事で全国各地に出張する度に、古美術商を訪ねては信玄ゆかりの品を探し求めていたという。功力さんは「地域の宝になればと、信玄ゆかりの品を収集してきた。
    本物の直筆と認められてよかった」と話している。

    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20160405/20160405-OYTNI50031-L.jpg
    川中島合戦で上杉軍の動向を注視するよう、武田信玄(晴信)が自筆した書状

    http://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20160405-OYTNT50155.html
    2016年04月06日

    引用元: 【社会】武田信玄「上杉謙信に警戒を」 直筆の書状 韮崎の民家で発見©2ch.net

    【武田信玄「上杉謙信に警戒を」 直筆の書状 韮崎の民家で発見】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/01/21(木) 18:35:23.10 ID:CAP_USER*
    豊臣秀吉が家臣に送った手紙33通発見 東大グループが復元・分析
    01/21 17:54

    images


    豊臣秀吉が家臣に宛てた手紙33通が、まとめて発見された。

    ずらっと並べられた書状。
    400年以上前、豊臣秀吉が家臣・脇坂安治に送った手紙33通。
    保管先の火災で、一部燃えたり、水浸しになったりと、状態は悪かったものの、東京大学の研究グループが復元・分析した。

    東京大学の村井祐樹氏は「豊臣秀吉のしつこいくらいの細かい性格がよくわかる。
    佐賀から材木を出せということについて、何度も何度も、あるいは伊賀国の統治の仕方について、あわせると、1年間で10点くらい、たびたび細かい指示を出している」と話した。

    豊臣秀吉が徳川軍と戦っていた時代にも、家臣に材木を集めさせ、橋や建物の建築にも力を抜いていなかったことがうかがえる。

    これらの手紙を受け取った家臣・脇坂安治は、豊臣秀吉にとって、自分が一から育て上げた部下のような存在だったという。

    FNN
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00314235.html 

    引用元: 【社会】豊臣秀吉が家臣に送った手紙33通発見、東大の研究グループが復元・分析「しつこいくらいの細かい性格がよくわかる」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【豊臣秀吉が家臣に送った手紙33通発見、東大の研究グループが復元・分析「しつこいくらいの細かい性格がよくわかる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/03/14(土) 19:38:00.94 ID:???*.net
     旧日本軍の戦艦武蔵とみられる船体が、フィリピン沖の海底で見つかった。米軍に撃沈されて以来、約70年ぶりの発見に関心が高まるのとは対照的に、元乗組員の男性は「『見つかってよかった』という喜びや感激はありません」と静かに語った。武蔵にかけていた期待と、あえなく沈没した現実との落差。海底に沈む船体を見て感じるのは「結局、武蔵とは何だったのか」という思いだった。

    no title


     衛生兵として武蔵に乗り組んでいた十勝管内中札内村の元村議山口昇さん(93)。現在、帯広市内の高齢者施設で暮らしている。
    船体を発見した米国のチームが撮影した約1分間の映像を、6日に見てもらった。

     画面を見ながら「このカタパルト(艦上から飛行機を飛び立たせる装置)は、艦の後部に備え付けられていた」「いかりは艦の前の方だった」。山口さんは淡々とした口調で説明した。

     船体発見を新聞で知った時も「ああ、やっと見つかったかと思っただけだった」という。水深約千メートルの海底で見つかったことも
    「復員後に沈没した場所の水深は、それぐらいだと知っていましたから…」。

     中札内村の開拓農家の三男で、国のために戦って死ぬのが一番の親孝行だと信じて疑わない「真面目な軍国少年」だった。

     1942年(昭和17年)5月に海軍に入り、陸上勤務が続いた。武蔵に配属になったのは44年2月。「早く戦地に行きたいと思っていた のに陸上勤務が続いて焦りがあった。世界最大最強と言われた武蔵に配属が決まった時はうれしくて、誇らしかった」。横須賀(神奈川)で初めてその船体を見た。「巨大な鉄の塊で、これが船かと驚いた。簡単には沈むはずがないと思っていた」

    続きはソースで

    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/597983.html

    画像
    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/image/7378_1.jpg

    引用元: 【歴史】「戦艦武蔵発見」、浮かぶ戦友の顔…元乗組員・山口さん、「『最強』の誇りとは、戦艦武蔵とは、結局何だったのか」

    【「戦艦武蔵発見」、浮かぶ戦友の顔…元乗組員・山口さん、「『最強』の誇りとは、戦艦武蔵とは、結局何だったのか」】の続きを読む

    このページのトップヘ