スポンサーリンク

    皇后

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/24(金) 11:56:51.54 ID:???*.net
    両陛下支える「侍従長」8年ぶりの交代へ

     天皇・皇后両陛下をそばで支える侍従長が8年ぶりに変わることになった。

     政府は24日朝の閣議で天皇・皇后両陛下をそばで支える侍従長について、来月1日付で現侍従長の川島裕氏(72)が勇退し現宮内庁式部官長の河相周夫氏(62)を後任とする人事を決定した。

     川島氏は2007年6月から侍従長を務め、東日本大震災直後の被災地お見舞いや天皇陛下の心臓バイパス手術という初めての事態も側近のトップとして支えてきた。

    続きはソースで

    ダウンロード (1)
    日テレNEWS24 2015年4月24日 11:03
    http://www.news24.jp/articles/2015/04/24/07273664.html

    引用元: 【皇室】両陛下支える「侍従長」8年ぶりの交代へ[04/24]

    【両陛下支える「侍従長」8年ぶりの交代へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/09(木) 10:45:40.24 ID:???*.net
    皇室:パラオ晩さん会 天皇陛下のあいさつ全文
    毎日新聞 2015年04月09日 01時39分

    戦後70年に当たる本年、皇后と共に、パラオ共和国を訪問できましたことは、誠に感慨深く、ここにレメンゲサウ大統領閣下のこの度のご招待に対し、深く感謝の意を表します。
    今夕は、私どものために晩さん会を催してくださり、大統領閣下から丁重な歓迎の言葉を頂き、ありがとうございました。
    また、この訪問に合わせ、モリ・ミクロネシア連邦大統領ご夫妻、ロヤック・マーシャル諸島共和国大統領ご夫妻がここパラオ国をご訪問になり、今日、明日と続き、私どもと行動を共にしてくださることも誠にうれしく、心より感謝いたします。

    なお、この度の訪問を前にして、ミクロネシア連邦を襲った台風の被害を耳にいたしました。
    ここに犠牲になられた方々を悼み、ご遺族へのお悔やみをお伝えするとともに、被害を受けた大勢の方々に心よりお見舞い申し上げます。
    地域の復興の一日も早いことを念願しております。

    ミクロネシア地域は第一次世界大戦後、国際連盟の下で、日本の委任統治領になりました。
    パラオには、南洋庁が設置され、多くの日本人が移住してきました。
    移住した日本人はパラオの人々と交流を深め、協力して地域の発展に力を尽くしたと聞いております。
    クニオ・ナカムラ元大統領はじめ、今日貴国で活躍しておられる方々に日本語の名を持つ方が多いことも、長く深い交流の歴史を思い起こさせるものであり、私どもに親しみを感じさせます。

    続きはソースで

    no title


    http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150409k0000m040143000c.html

    引用元: 【両陛下パラオご訪問】皇室:パラオ晩さん会 天皇陛下のあいさつ全文

    【【両陛下パラオご訪問】皇室:パラオ晩さん会 天皇陛下のあいさつ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/06(月) 10:14:43.22 ID:???*.net
    http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/03/peleliu-island-battle_n_7000432.html
    天皇、皇后両陛下が4月9日、パラオ共和国のペリリュー島を初めて公式訪問する。

    000


    戦後70年を迎えて戦没者を慰霊するのが目的だ。太平洋戦争の激戦地となり、旧日本軍の守備隊約1万人が、ほぼ全滅したこの島で何が起きたのかをまとめた。
    ペリリュー島は、南北約9km、東西約3kmの小さい島だ。パラオ諸島には唯一の大型飛行機が着陸できる
    「東洋一」と言われた飛行場があった。日本はこの島を死守するために、歩兵第2連隊を含むおよそ1万人の部隊を派遣。島じゅうに洞くつ陣地を張り巡らせていた。
    1944年9月15日に上陸した3万人近いアメリカ軍との間で、壮絶な激戦となった。

    ■禁じられた玉砕
    旧日本軍はペリリュー島での無謀な突撃を禁じた。兵士らは洞窟に身を潜めて持久戦に徹したという。産経ニュースは次のように書いている。
    米軍は昭和19年9月、この島に上陸し、迎え撃った日本軍は洞窟などを拠点に2カ月以上にわたって組織的に戦った。ここで日本軍は「アッツ島の戦い」(18年5月)以後続けてきた組織的な「玉砕」を初めて禁止。
    持久戦に持ち込む戦法は日本軍の戦術上の転換点となり、約3カ月後の「硫黄島の戦い」にも引き継がれた。

    (【ZOOM】忘れられた戦争「ペリリュー島の戦い」に焦点 - 産経ニュース 2014/08/05)
    アメリカ軍は火炎放射器や水陸両用戦車などの最新兵器を投入したが、苦戦した。当初「3日以内で終わる」と予想した戦闘は、2カ月半に及んだ。NHKによると、アメリカ海兵隊の最精鋭部隊と言われる第1海兵師団第1連隊の死傷率は、史上最も高い約60%。そのあまりの犠牲者の多さと過酷さから、ほとんど語られてこなかったため、「忘れられた戦場」と呼ばれているという。

    ■死体を食べようとした兵士も
    3月29日朝刊の中日新聞によると、旧日本軍の将兵約1万人はほぼ全滅した。生存者はわずか200人程度だったという。
    アメリカ軍の死者も1600人に上る死闘だった。生き残った日本兵34人は終戦を知らずに1947年4月まで、密林に潜んでゲリラ戦を戦った。

    続きはソースで

    引用元: 【戦争】ペリリュー島で何があったのか? 天皇、皇后両陛下が訪問する「忘れられた戦場」

    【ペリリュー島で何があったのか? 天皇、皇后両陛下が訪問する「忘れられた戦場」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/01/09(金) 13:48:50.19 ID:???0.net
    皇室:両陛下が「講書始の儀」 佳子さまも初めて参加
    【毎日新聞】 2015/01/09 12:11(最終更新 01/09 13:11)

    天皇、皇后両陛下が年頭に各分野の学者から講義を受けられる恒例の「講書始の儀」が9日、皇居・宮殿で行われた。皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族方も出席した。先月20歳になった秋篠宮ご夫妻の次女佳子さまも初めて参加した。

    今年の進講者とテーマは、
    川本皓嗣・東大名誉教授(75)=比較文学・比較詩学=の「さくさくと-近代短歌を比較文学的に読む」
    ▽白石隆・政策研究大学院大学長(64)=インドネシア政治史・地域研究=の「東南アジアの政治経済と国際関係」
    ▽中西重忠・京大名誉教授(73)=神経科学・分子生物学=の「学習と記憶の脳のしくみ」。

    それぞれが約15分にわたり講義した。【古関俊樹】

    ソース: http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150109k0000e040213000c.html

    画像: http://mainichi.jp/graph/2015/01/09/20150109k0000e040213000c/image/001.jpg
     (「講書始の儀」で講義を受けられる天皇、皇后両陛下と紀子さま、佳子さまら皇族方=皇居・宮殿「松の間」で2015年1月9日午前10時37分(代表撮影))

    引用元: 【皇室】両陛下が「講書始の儀」 佳子さまも初めてご参加 [15/01/09]

    【【皇室】両陛下が「講書始の儀」 佳子さまも初めてご参加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/01/06(火) 17:30:31.64 ID:???0.net
    http://www.news-postseven.com/archives/20150106_296833.html
    1月2日、新年恒例の一般参賀が行われ、平成に入って3番目の多さとなる8万1030人の参賀者が集まった。昨年末、成年皇族の仲間入りを果たされた秋篠宮家の次女・佳子さまも、初めて皇居・宮殿のベランダに立たれた。
     そんな初々しい姿を皇后・美智子さまは嬉しそうに見守られていたが、その笑顔の裏でお疲れはピークに達していた。昨年末から美智子さまは一部で“弾丸ツアー”と報じられるほど、ハードなスケジュールの日々を送られていたためだ。

     12月11日から13日、片道約12時間、1泊3日の強行日程でベルギー・ファビオラ元王妃(享年86)の国葬に参列された。
    「お互いが両国を7回ずつ行き来するなど、美智子さまとファビオラ元王妃は“親友”と呼べる間柄でした。
    そのため、急遽、美智子さまがベルギーに旅立たれることになったのです。当初、お体の負担を考え、10日に前乗りする計画もあったようです。しかし、美智子さまが“もともと予定されていた公務に、できるだけ穴を空けたくない”と希望され、タイトな日程となったんです」(宮内庁関係者)
     美智子さまは頸椎症性神経根症を患われており、首や肩に激しい痛みやしびれを訴えられることもある。
    2013年には長時間の車移動は症状が悪化する恐れがあるとして、葉山御用邸での静養をお取りやめになったことも。

     そんなお体で片道約12時間、往復24時間に及ぶ飛行機での移動をなさったのだ。
    しかも、現地では厳しい寒さのなかで儀式が続き、お体にはかなりの負担がかかったと思われる。
     帰国後の12月23日、天皇誕生日にはこんなことがあったという。
    「祝賀行事中に美智子さまがふらっとよろけられたんだそうです。“あっ危ない!”と気がつかれた雅子さまが、すっと手を差し出して支えられたそうです」(前出・宮内庁関係者)

    続きはソースで

    引用元: 【皇室】お疲れピークの美智子さま 安倍政権勝利で不安なお気持ち説

    【お疲れピークの美智子さま 安倍政権勝利で不安なお気持ち説】の続きを読む

    このページのトップヘ