スポンサーリンク

    神社

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/05/18(水) 21:20:05.36 ID:CAP_USER*
     日本に住み始めた当初、最も不思議だったのが宗教に関してである。

     多くの日本人と友達になったが、そのほとんどが「自分は無宗教だ」と言っているにも関わらず、ハロウィーンやクリスマスといったキリスト教の行事を楽しみ、
    正月(1月1日)には寺社へ初詣に行くことを恒例にしている人が多い。

     日本人の一生を見ても、安産、子供の成長、健康や大学合格などを祈願して神社やお寺に度々お参りする。
    一方で、結婚式は教会で行い、葬式は寺、という人が少なくない。それでもいざ「あなたの宗教は何ですか?」と聞けば、「特にないです。無宗教です」と答えるのだ。

     生まれたときからイスラーム教徒として育った自分にとって、無宗教であることも不思議であるが、それ以上に無宗教と言いながらも各宗教行事を楽しんでいるのは本当に摩訶不思議であった。
    それに少しばかり反感も感じたのである。その理由を今なら正直に言えるが、日本人が楽しむ宗教行事の中にイスラーム教の行事が含まれていないことにがっかりしたのだ。

    ●日本に来たイスラーム教徒が感じるわびしさ
     イスラーム教徒にとっての三大行事といえば、断食明け祭(※1)、犠牲祭(※2)、預言者聖誕祭(※3)である。
    この時期は親戚や友人が集まり、どの街もにぎやかになる。子供にとっても大人にとっても楽しいひと時なのだが日本では全く知られていない。
    イスラーム教徒である家族や友人が近くにいない日本在住のイスラーム教徒は、それはそれはわびしいひと時を過ごすことになるのである。

     私自身も寂しすぎるからか、冬場になると時折聞こえる焼き芋屋独特の節回しである「やーきいもぉーーやきいも」という呼び声が、アザーン(※4)に聞こえるという耳の錯聴さえ体験したものである。

     日本在住当初は、クリスマス会や正月の初詣などに誘われても、イスラーム教徒なのでと断ったりした時期もあったが、少しでも外出すれば街中が楽しそうであるから、どうしても気になってしまうのである。

     無駄な抵抗を続けていた私に、ある日、一人の日本人の友人が「いろいろな宗教行事を一緒に楽しめることが、世界の宗教摩擦を失くす一助になるんじゃないか」と言ったのである。
    目からうろこが落ちる思いであった。

    続きはソースで

    http://www.nippon.com/ja/column/g00196/  [2016.05.18]

    images (2)

    引用元: 【話題】日本人は多宗教!? 「無宗教と言いながらも各宗教行事を楽しんでいるのは本当に摩訶不思議である」★4©2ch.net

    【日本人は多宗教!? 「無宗教と言いながらも各宗教行事を楽しんでいるのは本当に摩訶不思議である」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/06/21(火) 14:19:34.88 ID:CAP_USER9
    靖国神社の徳川宮司「明治維新という過ち」発言の波紋

     靖国神社が揺らいでいる。来る2019年に迎える創立150周年に向けて徳川康久宮司が語ったインタビュー記事の発言が、波紋を呼んでいるのだ。

     記事は共同通信社から配信され、加盟する一部の地方紙(静岡新聞6月9日付、中国新聞6月10日付)に掲載されたのみだった。ところが、地方でしか読まれないはずの記事が各界の識者の注目を集め、にわかに論争へと発展している。

     徳川宮司は靖国神社が抱える課題や、神社の将来像について語った後、「明治維新を巡る歴史認識について発言していますね」という質問を受けて、自らの「明治維新史観」を開陳した。以下が宮司の発言だ。

    〈文明開化という言葉があるが、明治維新前は文明がない遅れた国だったという認識は間違いだということを言っている。江戸時代はハイテクで、エコでもあった〉

    〈私は賊軍、官軍ではなく、東軍、西軍と言っている。幕府軍や会津軍も日本のことを考えていた。ただ、価値観が違って戦争になってしまった。向こう(明治政府軍)が錦の御旗を掲げたことで、こちら(幕府軍)が賊軍になった〉

     一連の発言が波紋を呼んだのは、靖国神社創建の「原点」に関わるからだ。靖国神社のルーツは明治2年(1869年)に建てられた東京招魂社に遡る。

     明治維新に際して、薩摩藩・長州藩中心の後の「明治政府軍」と徳川家や会津藩が中心の「幕府軍」が争う「戊辰戦争」が勃発。勝利を収めた明治政府軍が“官軍”、敗北した幕府軍は“賊軍”とされた。

     この時、明治維新を偉業として後世に伝え、近代国家建設のために命を捧げた官軍側犠牲者を慰霊顕彰するため、明治天皇が創建したのが東京招魂社だ。明治12年に社号が「靖国神社」と改められて現在に至る。

     それゆえに、「賊軍vs官軍ではなく、東軍vs西軍」とする発言は、靖国神社の歴史観を揺るがしかねないと受け止められたのだ。

     靖国神社にある遊就館に展示されている「錦の御旗」には、「戊辰戦争で官軍の象徴として使用された」との解説があるように、靖国神社の見解はあくまで、「明治政府軍=官軍」だ。

    続きはソースで

    ※週刊ポスト2016年7月1日号

    http://www.news-postseven.com/archives/20160620_422520.html?PAGE=1#container

    ダウンロード (1)


    引用元: 【歴史】靖国神社の徳川宮司「明治維新という過ち」発言の波紋★4 [無断転載禁止]©2ch.net

    【靖国神社の徳川宮司「明治維新という過ち」発言の波紋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/12/30(火) 16:08:22.37 ID:???0.net
    先の大戦で沈んだ軍艦「多摩」の初めての慰霊祭が10月25日、東京都府中市にある大国魂神社で行われると聞いたとき、正直、意外な気がした。
    「沈没した軍艦は、関係者によって手厚く慰霊されている」と思い込んでいたからだ。

    多摩は、旧海軍の軽巡洋艦で球磨型の2番艦。大戦末期の昭和19(1944)年10月25日、フィリピン沖で米潜水艦による魚雷攻撃を受けて沈没し、440人とされる全乗組員が亡くなった。
    だが、その慰霊祭がこれまで一度も行われたことがなかったというのだ。

    意外だったことは他にもある。
    大国魂神社は「慰霊祭には少しでも多くの遺族、元乗組員ら関係者に参列してもらいたい」との思いで準備を進めたが、作業は困難を極めたそうだ。

    「遺族と連絡を取ろうにも、乗組員名簿が見つからない。防衛省や厚生労働省には名簿があるはずと考え、問い合わせてみたが、個人情報は出せないといわれてしまった」。
    このため、担当者は遺族と思われる人物を一人一人、インターネットで調べて電話をかけたり、入手可能な戦没者名簿から関係がありそうな名前を見つけては手紙を出したりと、地道な作業を続けた。
    それでも、これまでに氏名などを特定できた沈没時の乗組員は30人ほどしかいない。

    初の慰霊祭が行われた10月25日は沈没からちょうど70年。
    あまりに長い年月がたち、国のために戦って亡くなった人の記憶は薄れるばかりだ。

    続きはソースで

    (三浦恒郎)

    http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/141230/lif14123012110008-n2.html

    引用元: 【軍事】軍艦「多摩」沈没から70年で初の慰霊祭・・・姉妹艦「北上」「大井」は単独慰霊不明、「木曽」慰霊無し・・・薄れる戦争の記憶

    【軍艦「多摩」沈没から70年で初の慰霊祭・・・姉妹艦「北上」「大井」は単独慰霊不明、「木曽」慰霊無し・・・薄れる戦争の記憶】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/12/28(日) 15:55:59.46 ID:???0.net
    空前のミリタリーブームを追い風に、戦前東洋一の規模を誇る軍港のあった広島・呉の街が活気づいている。
    海事歴史科学館「大和ミュージアム」などの観光施設に多くの若者らが詰めかけているのだ。

    そんな中、新たに注目を集めているのが、呉港を望む丘にひっそりと建つ「大和(やまと)神社」(呉市宮原)。
    地元企業の社内神社なのだが、呉で建造された「戦艦大和」に同名の艦上神社があったことから、ネット上で同戦艦にちなむ神社と誤解され、“巡礼”するファンが絶えないという。

    大和神社は、呉市中心部から南の海沿いにある小さな神社だ。
    総合重機大手、IHI(東京都)呉総合事業所の「社内神社」で、戦艦大和とは何の関係もない。

    ところが、この神社が「艦隊これくしょん(艦これ)」(角川ゲームス)というオンラインゲームの人気をきっかけにミリタリーファンの注目を集めるようになった。

    ゲームは、旧日本海軍の艦船を擬人化した美少女キャラクターを使い、敵と戦うという内容。
    キャラクターは「艦娘(かんむす)」、プレーヤーは「提督(ていとく)」と呼ばれ、「艦これ」を機に軍事や軍艦に興味を持ち始めた若者が増えたといわれる。

    また「艦これ聖地巡礼」と呼び、旧海軍ゆかりの地を訪ねることも流行。
    “軍艦の街”にある大和神社が、そんな経緯で注目されるようになった。

    旧海軍呉工廠が建造した史上最大の戦艦大和に、奈良県天理市の「大和(おおやまと)神社」
    から分霊された艦上神社があったことはよく知られている。このためネット上では、呉の大和神社が奈良の大和神社から分霊した神社であるという「噂」が流れた。

    続きはソースで

    http://www.sankei.com/west/news/141228/wst1412280009-n1.html

    画像
    http://www.sankei.com/images/news/141228/wst1412280009-p3.jpg
    http://www.sankei.com/images/news/141228/wst1412280009-p2.jpg
    http://www.sankei.com/images/news/141228/wst1412280009-p1.jpg
    http://www.sankei.com/images/news/141228/wst1412280009-p4.jpg
    艦これ「大和」
    http://wikiwiki.jp/kancolle/?plugin=ref&page=%C2%E7%CF%C2%B2%FE&src=136-%C2%E7%CF%C2%B2%FE.jpg

    引用元: 【社会】「戦艦大和」由来の神社!?誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、『艦これ』ファン殺到し今や“聖地”に

    【「戦艦大和」由来の神社!?誤解が生んだ呉の「大和神社」人気…軍事、『艦これ』ファン殺到し今や“聖地”に】の続きを読む

    このページのトップヘ