スポンサーリンク

    第二次世界大戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/09/01(木) 13:00:12.70 ID:CAP_USER9
    会見で「戦争を考えるきっかけにしてほしい」と語った沢田監督=水戸市で
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201608/images/PK2016082802100074_size0.jpg

     太平洋戦争末期、特攻機「桜花」の最初の志願者とみられ、出撃者を選ぶ立場になった元海軍大尉、宇都宮市出身の故・林富士夫さんへのインタビューによるドキュメンタリー映画の公開が始まった。昨年6月に93歳で亡くなる9年前に撮影され、現在の茨城県笠間市内にあった筑波海軍航空隊で特攻に志願した様子や、部下を送り出した苦悩などを語っている。 (宮本隆康)

     「桜花」は、機体に爆弾を積んだ全長約六メートル、幅約五メートルの小型機。大型攻撃機につるし、敵艦に近づいて空中で切り離した後、操縦かんで操作して落ちながら体当たりを試みる。近づく前に母機ごと撃墜されることが多かったとされる。

     林さんが生前に書き残した文書によると、戦争末期の一九四四年六月、筑波海軍航空隊で「桜花」の開発の是非を問う会議が開かれた。複数の志願者がいれば実施する、と上官は説明。教官を務める隊員らが意向を聞かれ、三日後に林さんら数人が志願した。

     林さんは四五年三月から約三カ月間、鹿児島県の鹿屋基地で二十三歳の分隊長に。「桜花」の操縦を指導し、出撃者を選ぶよう命じられた。真っ先に自分の名前を書いたが、却下された。ひいきと思われないよう、親友や近しい部下たちを出撃させた。

    続きはソースで

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201608/CK2016082802000169.html

    images


    引用元: 【戦争】「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白★3©2ch.net

    【「自分が志願しなければ、特攻は始まらなかった」 特攻要員選んだ苦悩を切々…元海軍大尉・林さん、記録映画で激白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/08/30(火) 13:30:39.00 ID:CAP_USER9
    関中佐の大尉時代の写真
    http://www.sankei.com/images/news/160826/wst1608260003-p1.jpg
    制帽、制服と軍刀を装着するベルト「剣帯」。剣帯の裏に関行男と記されている
    http://www.sankei.com/images/news/160826/wst1608260003-p2.jpg
    海軍兵学校、陸軍士官学校の合格通知(左上)と筆箱(右上)、海軍兵学校時代の日記。筆箱の名札に関行男と記されている
    http://www.sankei.com/images/news/160826/wst1608260003-p3.jpg
    特攻隊の鉢巻き(下)と米内海軍大臣名で記された弔意
    http://www.sankei.com/images/news/160826/wst1608260003-p4.jpg
    千人針(右)と伊曽乃神社(愛媛県西条市)などのお守り
    http://www.sankei.com/images/news/160826/wst1608260003-p5.jpg

     「神風特攻隊」の一番機として出撃し、昭和19年10月25日にレイテ沖海戦で米護衛空母「セント・ロー」に体当たりして海に散った海軍中佐、関行男=当時(23)、大尉から戦死後に昇進=の遺品約20点が、出身地に近い松山市の陸上自衛隊松山駐屯地にひっそりと展示されている。家族らに宛てた遺書(複写)や軍服、制帽、日記、筆記道具などで、「軍神」とあがめられた中佐の“素顔”と、いや応なしに戦争と向き合い命をささげざるを得なかった当時の若者の生き様を今に伝えている。

    ■海軍兵学校と陸軍士官学校にダブル合格の秀才

     同駐屯地の資料展示室には、主に松山市にあった歩兵第22連隊関係の遺品や資料が展示されており、関中佐の遺品はその一角のガラスケースの中に並べられている。

     関中佐は愛媛県西条市に生まれ、同市立大町小、旧制西条中学を経て、昭和13年12月、海軍兵学校へ進んだ。中学時代は成績優秀で、庭球部員として全国大会に出場するほどの腕前だった。

     展示室には関中佐の優秀ぶりを示す資料がある。海軍兵学校と陸軍士官学校双方の合格通知である。日付はともに昭和13年11月3日。当時、難関中の難関とされた両校にダブル合格していたのだ。

     海軍兵学校時代の「生徒休暇記録」もあった。15年8月8日から28日まで、夏休みの記録が日々つづられている。国家の行方について所感をつづった日もあれば、海水浴を楽しんだ日も。きちょうめんで細く丁寧な文字からは繊細な精神がうかがえる。

     さらに「関行男」と名前が書かれた筆箱も。中には鉛筆と赤鉛筆、そしてコンパスが1本。鉛筆の先を削ったナイフの跡が生々しい。

    ■遺書に見る家族への思い

     海軍兵学校在学中の16年、関中佐の父・勝太郎が亡くなると、母サカエは古物商をたたみ、草もちの行商人として細々と暮らした。海軍兵学校は同年卒業し、翌年、海軍少尉となる。18年に霞ヶ浦海軍航空隊入隊し、翌19年、飛行教官に就任し大尉に昇進。鎌倉市在住の渡辺満里子と結婚した。

     展示室には海軍航空隊の白い制服と帽子、剣帯も展示されている。最晩年の大尉時代、着用していたものだ。背の高い人であったことがしのばれる。同時代の肖像写真や、白い帯に赤い糸が縫い込まれた千人針もあった。

     19年10月20日、マニラで「神風特別攻撃隊」の訓示と命名式が行われ、関中佐は総指揮官に任命された。

     きちょうめんな文字で書かれた遺書には、実家の母・サカエに宛てて「幼時より御苦労ばかりおかけし、不幸の段、お許し下さいませ」とあり、妻・満里子の両親には「本当に心から可愛がっていただき、その御恩に報いることも出来ず征く事を、御許し下さいませ」と記していた。

    続きはソースで

    引用元: 【戦争】神風特攻第1号、「軍神」と呼ばれた男…遺品から浮かび上がる関行男の素顔と生き様★6©2ch.net

    【神風特攻第1号、「軍神」と呼ばれた男…遺品から浮かび上がる関行男の素顔と生き様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/05/02(土) 15:21:24.30 ID:???*.net
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015050202000132.html

    画像
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/images/PK2015050202100045_size0.jpg
    【サンフランシスコ=中根政人】訪米中の安倍晋三首相は歴史に関連した施設を相次いで訪問している。
    首相には、第二次世界大戦をめぐり、米国内にある「歴史修正主義者」との批判をかわす狙いがある。
     首相は首都・ワシントンに滞在中、第二次世界大戦の戦没者や犠牲者に関する施設を三カ所視察した。
    一日にはロサンゼルスで、第二次世界大戦に従軍し激戦地で戦った米軍日系人部隊の記念碑を訪れ、献花する。
     首相は四月二十七日にワシントンに到着した後、真っ先に第二次世界大戦の戦没者などを埋葬するアーリントン国立墓地を訪問。
    続けて、ナチス・ドイツのユダヤ人虐◯に関する展示を行うホロコースト博物館も訪れた。

     首相はホロコースト博物館の視察後、記者団に「悲劇も善意の勇気も風化させず記憶にとどめ、世界の平和と安定に、より積極的に貢献しなければならないとの決意を新たにした」と強調した。
     二十九日には第二次世界大戦記念碑を訪問。直後の米議会上下両院合同会議で言及し、敵国だった米国と同盟関係を築くまでの経緯を訴えた。

    続きはソースで

    no title


    引用元: 【政治】歴史認識の批判かわす狙い、安倍首相が米戦没者施設などを相次いで訪問

    【歴史認識の批判かわす狙い、安倍首相が米戦没者施設などを相次いで訪問】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/21(火) 10:50:24.91 ID:???*.net
    侵略、おわび「書く必要ない」=戦後70年談話で安倍首相

    安倍晋三首相は20日夜に出演したBSフジ番組で、今夏に発表する戦後70年談話に「侵略」や「おわび」などを盛り込むかどうかについて「(村山富市首相談話などと)同じことなら談話を出す必要がない。(過去の内閣の歴史認識を)引き継いでいくと言っている以上、これをもう一度書く必要はない」と述べ、否定的な見解を重ねて示した。
     
    新たな談話では、戦後50年の村山談話に盛り込まれた「植民地支配と侵略」や「痛切な反省」などの表現をどう扱うかが焦点。首相は番組で「私の考え方がどのように伝わっていくかが大切だ」と強調。
    「歴史認識においては(歴代内閣の)基本的な考え方は継いでいくと申し上げている。
    そこ(過去の談話)に書かれていることについては、引き継いでいく」とも語った。
     
    続きはソースで

    1


    (2015/04/20-21:27)

    時事ドットコム
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015042000765
    ★1が立った時間2015/04/20(月) 22:39:18.86

    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1429537158/

    引用元: 【政治】侵略、おわびは「(歴代内閣の歴史認識を)引き継いでいくと言っている以上、もう一度書く必要はない」戦後70年談話で安倍首相★2

    【侵略、おわびは「(歴代内閣の歴史認識を)引き継いでいくと言っている以上、もう一度書く必要はない」戦後70年談話で安倍首相】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/04/09(木) 10:45:40.24 ID:???*.net
    皇室:パラオ晩さん会 天皇陛下のあいさつ全文
    毎日新聞 2015年04月09日 01時39分

    戦後70年に当たる本年、皇后と共に、パラオ共和国を訪問できましたことは、誠に感慨深く、ここにレメンゲサウ大統領閣下のこの度のご招待に対し、深く感謝の意を表します。
    今夕は、私どものために晩さん会を催してくださり、大統領閣下から丁重な歓迎の言葉を頂き、ありがとうございました。
    また、この訪問に合わせ、モリ・ミクロネシア連邦大統領ご夫妻、ロヤック・マーシャル諸島共和国大統領ご夫妻がここパラオ国をご訪問になり、今日、明日と続き、私どもと行動を共にしてくださることも誠にうれしく、心より感謝いたします。

    なお、この度の訪問を前にして、ミクロネシア連邦を襲った台風の被害を耳にいたしました。
    ここに犠牲になられた方々を悼み、ご遺族へのお悔やみをお伝えするとともに、被害を受けた大勢の方々に心よりお見舞い申し上げます。
    地域の復興の一日も早いことを念願しております。

    ミクロネシア地域は第一次世界大戦後、国際連盟の下で、日本の委任統治領になりました。
    パラオには、南洋庁が設置され、多くの日本人が移住してきました。
    移住した日本人はパラオの人々と交流を深め、協力して地域の発展に力を尽くしたと聞いております。
    クニオ・ナカムラ元大統領はじめ、今日貴国で活躍しておられる方々に日本語の名を持つ方が多いことも、長く深い交流の歴史を思い起こさせるものであり、私どもに親しみを感じさせます。

    続きはソースで

    no title


    http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20150409k0000m040143000c.html

    引用元: 【両陛下パラオご訪問】皇室:パラオ晩さん会 天皇陛下のあいさつ全文

    【【両陛下パラオご訪問】皇室:パラオ晩さん会 天皇陛下のあいさつ】の続きを読む

    このページのトップヘ