1: 2016/06/18(土) 09:43:47.18 ID:CAP_USER9
「奇跡の遺跡」の価値が認められた-。
文化審議会が東名(ひがしみょう)遺跡(佐賀市金立町)を国史跡に指定すべきと答申した17日、遺跡の希少性や考古学的価値を熱心に訴えてきた地元NPOや意見具申した市教育委員会からは、喜びの声が上がった。
湿地性貝塚という特性により、他の遺跡と比べ出土品の「質と量」で群を抜く遺跡。
出土品は30万~40万点に上り、保存・活用に向けた本格的な検討の必要性も出てきた。

「これらは全部本物ですよ。8000年前の縄文時代の遺物です」

遺跡に隣接する東名縄文館を管理するNPO法人「徐福・湿原の森づくり会」理事長の江島徳太郎さん(76)は、誇らしげに展示品を紹介する。

「佐賀の歴史の原点。多量の出土品は、国の宝にふさわしい」

国史跡指定が決定的となり、言葉にも力がこもる。

貝塚は、調整池の建設工事によって偶然見つかった。
厚い粘土層に覆われた湿地性貝塚という特性があり、約8000年前の動植物性遺物が良好な保存状態で多量に見つかっている。
偶然の発見や保存に適した条件がそろっていたことから、江島さんたちは「奇跡の遺跡」と呼ぶ。

続きはソースで

http://www.saga-s.co.jp/images/article/2016/06/18/SAG2016061899000045_id1_20160618083036.jpg

ソース元:佐賀新聞
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/324056

ダウンロード (9)

引用元: 【歴史】「奇跡の遺跡が認められた」出土品は群抜く”質と量” 湿地性貝塚・東名遺跡[06/18] [無断転載禁止]©2ch.net

【「奇跡の遺跡が認められた」出土品は群抜く”質と量” 湿地性貝塚・東名遺跡】の続きを読む