スポンサーリンク

    自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/05/07(木) 22:11:32.14 ID:???*.net
    ジャーナリストでアムステルダム大学名誉教授のカレル・ヴァン・ウォルフレン氏は、30年以上にわたって日本政治を研究し『人間を幸福にしない日本というシステム』をはじめ数多くの話題作を発表してきた。
    「真の独立国」になれないまま戦後70年を歩んできた日本には何が必要なのか、ウォルフレン氏が語った。

     * * *

    (私は)京都精華大学人文学部専任教員の白井聡氏との共著で『偽りの戦後日本』(KADOKAWA刊)を出版した。
    白井氏は『永続敗戦論』(太田出版刊)で注目された新進気鋭の学者であり、戦後の歪んだ日米関係をわかりやすく表現できる優れた有識者だ。

    白井氏は「日本の右傾化」について強い危惧を示していたが、私はそれを許した左翼の罪が大きいと考えている。
    戦後日本では左翼が理想論ばかり唱えて現実的な対案を出せなかった。作家の大江健三郎氏や社会党の党首を務めた土井たか子氏が象徴的な存在だろう。ひたすら平和を唱え、国民に対して「戦争はダメだ」「軍隊を持ってはいけない」というだけで、議論を深めようとしなかった。

    左翼は「憲法を守ってきた」と自負しているが、大きな間違いだ。憲法9条が「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と規定しているにもかかわらず世界で最も高価な軍隊の一つである自衛隊の存在に目をつぶってきた。日本に軍隊はない、と主張したところで海外には全く説得力がない。
    自衛隊違憲論にしても理想論を掲げただけで、社会党は本気で政権交代を起こそうともしなかった。

    少しでも軍事力を持てば日本が戦争に突き進むという考えは、日本を一人前の国家と認めていないに等しい。
    その点において、日本の左翼はアメリカにとっても都合の良い存在だった。
    憲法は、アメリカが日本を従わせるのに都合が良いものとして作られたのだから。

    続きはソースで

    images (1)

    ※週刊ポスト2015年5月8・15日号
    http://www.news-postseven.com/archives/20150507_319449.html

    ★1の立った日時:2015/05/07(木) 19:44:54.27
    前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1430995494/

    引用元: 【政治】日本の右傾化は、土井たか子や大江健三郎など左翼が夢物語ばかり掲げたから…アムステルダム大学名誉教授ウォルフレン氏★2

    【日本の右傾化は、土井たか子や大江健三郎など左翼が夢物語ばかり掲げたから…アムステルダム大学名誉教授ウォルフレン氏】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/03/16(月) 20:27:11.44 ID:???*.net
    東京都内で十五日に開かれた九条の会の全国討論集会は、各地の会員四百五十人が会場を埋め、活動の現状や今後の方針などで活発に発言。自衛隊の海外派兵を可能にする集団的自衛権の行使容認への危機感は強く、若者を含め多くの人から活動への賛同を得るにはどうしたらよいか、さまざまな意見が出た。
    (小松田健一、小林由比、小倉貞俊)

    ダウンロード


    ◆改憲派にも言葉届けよう
    「改憲派の人々にも、言葉を届けていこう」。こう呼び掛けたのは「九条の会・尾張旭」で事務局を務める筒井洋さん(71)=愛知県尾張旭市=だ。最近、改憲に慎重な論調の新聞にも「九条を変えないと不安」
    といった投書が増えていることに懸念を持った。「改憲を真剣に考える人たちは『日本が危ないのではないか』
    と思っているが、自衛隊は今も十分、国を守る力がある。むしろ改憲してしまえば、米国の戦争に巻き込まれたり、日本から仕掛けたりすることにつながりかねない」と警鐘を鳴らす。

    ◆平和へ保守とも協力を
    「九条の会・葛城(かつらぎ)」事務局の岩下美佐子さん(66)=奈良県葛城市=は「私たちが手を緩めたら、戦前へ戻るのではという思いがある。反戦、平和という一点でつながることができるならば、護憲派だけではなく保守の人とも協力していくべきだ」と、党派を超えた活動の可能性を説いた。
    奈良県は南北に長く、都市部が北部に偏っており、南部での活動が難しい事情があるという。
    県内に68団体ある九条の会はチラシづくりや、講演会を県内各地で開催できるよう協力し合っている。

    ◆東アジアの草の根で連帯
    「憲法9条つくばみらいの会」の世話人、野口修さん(59)=茨城県つくばみらい市=は討論集会の壇上で「国家と国民が乖離(かいり)しているのは日本だけでない。中国も韓国も同じだ」と指摘。
    「東アジアの草の根で連帯し、中心に九条を据えて『東アジア平和憲章』をつくっては」と、国の枠組みを超えて九条を守る取り組みを提案した。
    60歳の安倍晋三首相とは同世代で「九条は戦後最大の資産であり、皆がそれを守ってきたからこそ今がある。
    希望を奪わないで、という思いを彼にぶつけたい」と語った。

    続きはソースで

    3月16日 東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015031602000129.html

    ★1の立った日時:2015/03/16(月) 08:09:18.79
    前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1426460958/

    引用元: 【社会】九条の会・全国討論集会「改憲派にも言葉届けよう」「護憲派だけではなく保守とも協力していくべきだ」★2

    【九条の会・全国討論集会「改憲派にも言葉届けよう」「護憲派だけではなく保守とも協力していくべきだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/03/02(月) 11:02:18.72 ID:???*.net
     「『平和の日』富山の集い」が1日、富山市のオーバード・ホールで開かれ、日本ペンクラブの浅田次郎会長ら4組8人の作家らが「平和の日に想(おも)う」をテーマに対談した。高志(こし)の国(くに)文学館長でもある中西進副会長は「戦争のない世界を望んでいれば、起こらないと信じている」と語り、一人一人が平和を希求することの重要性を訴えた。日本ペンクラブや県と富山市でつくる実行委員会主催。

    1


     「『平和の日』の集い」は、1985年から日本ペンクラブが毎年開催し、今回は「旅」「愛」「命」「平和への祈り」をテーマに、リレー形式でトークを繰り広げた。

     中西副会長と作家の下重暁子副会長は「旅」と開業目前の北陸新幹線を絡めて話した。東京-富山間が近くなることを喜びつつ「便利になるほど五感は衰える」とし、各地を旅した盲目の女性芸能者「瞽女(ごぜ)」の現地での親密な交流ぶりを紹介。心で物事を見る大切さを強調した。

     ヒット曲「千の風になって」を訳詞・作曲した新井満さんと太宰治の娘、太田治子さん、作家の志茂田景樹さんと中島京子さんの対談に続いて浅田会長と作家の落合恵子さんは戦後70年を振り返った。浅田会長は自衛隊員時代の経験や戦争を描いた小説執筆時の苦悩を語り、「自分は戦争を知らない世代だが、親たちは体験してきた。語り継ぐのが役目だと思う」と話した。

     フィナーレでは、出演者が再び登壇し、石井知事、浅田会長が次の開催地の宮崎県延岡市の代表者に「平和の旗」を手渡した。
    中西副会長が、日本はたった10年で戦争に突入し、焦土と化したことを挙げ、「判断を誤るとどんな結果になるか分からないということを共通の理解にしましょう」と呼び掛けると、会場から大きな拍手が起こった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150301-00020249-kitanihon-l16

    画像
    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20150301-00020249-kitanihon-000-view.jpg

    引用元: 【富山】「戦争のない世界を望んでいれば、起こらないと信じている」…戦争のない世界を願って、富山で「平和の日」の集い

    【【富山】「戦争のない世界を望んでいれば、起こらないと信じている」…戦争のない世界を願って、富山で「平和の日」の集い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/02/22(日) 09:23:37.73 ID:???*.net
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150222-OYT1T50002.html

    images


    政府は21日、検討中の安全保障関連法案で、自衛隊が海外で紛争後の治安維持にあたることができるようにする方針を固めた。

     陸上自衛隊は2004年から06年までイラク・サマワで復興支援活動を行った際、オランダ軍などに警護してもらった。
    武器使用が制限され、治安維持の任務ができなかったためだ。
    政府は、自衛隊が自ら安全を確保しながら、支援活動を行えるように法制化する構え。
    復興支援のほか、多国籍軍の治安維持部隊への参加も視野に入れている。

     政府は2月27日の与党協議にもこうした提案をする方向で調整している。

    続きはソースで

    2015年02月22日 08時47分

    引用元: 【政治】 自衛隊、海外で紛争後の治安維持…法制化へ

    【自衛隊、海外で紛争後の治安維持…法制化へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/01/26(月) 21:14:40.09 ID:???*.net
    “和の神髄”について、外国人の目を通して教えられることは少なくない。
    イギリス人で元「ニューヨーク・タイムズ」東京支局長のヘンリー・S・ストークス氏が、「日本軍から自衛隊に受け継がれた素晴らしきモラル」について語る。

     * * *

    第二次世界大戦に日本が参戦し、アジアの植民地での戦闘が始まったが、日本軍の強さは我が母国のイギリス軍を圧倒するものだった。

    イギリス人にとって最も衝撃的だったのは、大英帝国海軍が誇る「プリンス・オブ・ウェールズ」と「レパレス」という2隻の戦艦が日本の小さな戦闘機による魚雷攻撃で、わずか4時間で撃沈されたことだ。

    日本人を“イエ◯ーモンキー”と呼んで憚らない差別主義者だったチャーチル首相は、若くして海軍大臣に就任し、海軍こそ英国の誇りとしていた。それが数時間の戦闘で壊滅させられたのだ。
    西洋人が有色人種の強さを体感し、恐怖した最初の瞬間であろう。

    当時のイギリス軍は日本人が近眼で飛行機の操縦能力も低いと見くびっていた。
    しかし、鋭利な角度で飛来してあまりに正確に魚雷を命中させることに驚き、“ドイツ軍のパイロットではないのか?”と乗員らが疑ったほどだった。

    日本の帝国海軍は非常にモラルが高く、統率が取られていた。
    私が著書『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』で指摘したように、「日本軍は野蛮で残虐だ」というイメージは、「東京裁判」などで戦勝国が自分たちの理論で作り上げた虚妄だ。実際の日本軍は規律を守り、マナーも優れていた。

    私は14歳からイギリスで軍事教練を受け、軍隊の本質を知っている。
    ジャーナリストとして戦後は幾度も横須賀基地などで自衛隊を取材してきたが、非常に礼儀正しく、規範を大切にしている。彼らは戦前の帝国海軍の伝統を受け継いでいると感じている。

    アジアへの日本軍の侵攻は、植民地となったアジア諸国を欧米の帝国主義から解放し、独立に導くものだった。

    ここでも、日本軍の果たした役割は大きい。植民地の人々に軍事訓練や教育を施して集団として統率し、独立への手助けを行なった。こうした発想は欧米の帝国主義国家には全くなかった発想だ。

    日本軍がアジアを占領するために暴走したということが誤りであるとわかる印象的なスピーチを、イギリスが支配していたインドで国民軍の司令官だったチャンドラ・ボースが1943年に来日した際に行なっている。

    続きはソースで

    ●取材・構成/大木信景(HEW)

    ※SAPIO2015年2月号
    http://www.news-postseven.com/archives/20150126_296290.html

    ★1の立った時刻:2015/01/26(月) 16:48:27.45
    前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422258507/

    引用元: 【国際】「日本軍の野蛮イメージは虚妄。非常にモラル高く、統率取られていた」元NYタイムズ東京支局長ヘンリー・S・ストークス氏★2

    【「日本軍の野蛮イメージは虚妄。非常にモラル高く、統率取られていた」元NYタイムズ東京支局長ヘンリー・S・ストークス氏】の続きを読む

    このページのトップヘ