スポンサーリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/12/01(月) 07:06:52.14 ID:???0.net
    2014/12/1 05:30

     きょうから師走。この季節になると、「忠臣蔵」を思い起こす人は多いだろう。亡き主君の無念を晴らすため吉良邸に討ち入った話は今更語るまでもないが、四十七士の呼び方にまつわる、地元・赤穂ならではの“しきたり”をご存じだろうか-。(小林伸哉)

     筆者は神戸出身。3年前、赤穂支局に赴任する際、「赤穂浪士のことも勉強しないと」と意気込んでいると、前任の記者にたしなめられた。「赤穂で『浪士』なんて言っていると怒られますよ」

     以来、気を付けてきたが、果たして本当だろうか。

     「ええ、かつては怒る人がたくさんいました」と話すのは、四十七士を祭神として祭る大石神社(赤穂市上仮屋)の飯尾義明宮司(65)。テレビなどで「赤穂浪士」と表現されるたび、「明治生まれの氏子総代が、『いつまでたっても“義士”と言ってくれない』と怒っていた」という。

     「年配の世代は、特に思い入れが深い。誇りを持って『義士』と呼ぶんです」

        ■

     なるほど、「義」と「浪」では意味合いもかなり違ってくる。なぜ二つの呼び方が生じたのだろう。

     赤穂市教育委員会によると、討ち入り翌年の元禄16年、儒学者の室鳩巣は、主君への忠義を評価して四十七士を「義人」と呼び、「赤穂義人録」を著した。江戸時代の庶民に人気だった浮世絵などでは「義士」「義臣」と表現。その後、明治天皇が四十七士の墓に勅使を送り、行動をたたえたことも「義士」の評価を高めたという。

     一方の「浪士」はどうか。四十七士が吉良邸に討ち入った時、赤穂藩は取りつぶされて既になかったので、彼らの身分は「浪人」。当時の文書には「牢人」の文字も見られるが、「浪」と書くのが一般的だ。江戸期の文書には「赤穂浪人」の表記もあるという。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:神戸新聞NEXT http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/201412/0007546490.shtml

    引用元: 【兵庫】 忠臣蔵:「赤穂浪士」と呼ばないで 「義士」の名に市民の誇り 兵庫県赤穂市 [神戸新聞]

    【【兵庫】 忠臣蔵:「赤穂浪士」と呼ばないで 「義士」の名に市民の誇り 兵庫県赤穂市】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2012/07/26(木) 12:07:50.31 ID:JcPkn69b0.net
    教えてください

    引用元: 幕末にタイムスリップしたら何をしてみたいですか?

    【幕末にタイムスリップしたら何をしてみたいですか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2010/09/29(水) 01:50:15 ID:1NkqNcjR0.net
    【奥羽越列藩同盟】東北と越後【賊軍】
    http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1215516167/

    会津=反対押し切って京都進出評価分かれる、犠牲甚大
    庄内=殿様より庄屋が支えた、洋式軍隊活躍
    仙台=借金200万両、額兵隊が善戦、ドン五里の汚名
    米沢=朝敵になり謙信公泣く、発言力の不思議
    長岡=近代武装で活躍。家老奮戦
    秋田=官軍、朝敵仙台藩士始末するも四方攻められ焦土化
    南部=家老が薩長批判、同盟に肩入れ
    二本松=殿様逃亡、少年隊戦死。
    その他=一応参加するも日和見、時流読み状態。
    会津・長岡・庄内以外、戦意も士気も上がず連戦連敗。

    引用元: 奥羽越列藩同盟

    【奥羽越列藩同盟について】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/10/02(土) 22:51:47 ID:sfH6hVuG0.net
    開陽丸、回天丸、富士山、鋼鉄
    img_0

    引用元: 旧幕府海軍・陸軍の実力について

    【旧幕府海軍・陸軍の実力について】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 日本@名無史さん 2013/02/11(月) 00:22:39.56 .net
    古代
    平安時代に、岩手のアテルイのような強力な抵抗を示すことなく
    朝廷に征服される

    南北朝
    曽我氏、安藤氏、工藤氏といった在地地頭
    八戸を拠点にしていた、甲斐出身の南部政長、南部師行に負けて
    滅亡、服属させられる。
    室町時代
    陸奥に土着し、三戸が本拠地となった南部氏
    小野寺、斯波に敗北
    岩手県出身の大浦為信が起こした内乱(大浦氏も南部氏の一族)
    を鎮圧できず、周辺国人を次々征服され、討伐軍も敗れる
    さらに九戸氏の興した内乱も鎮圧できず豊臣軍に援軍をこう
    no title

    引用元: 八戸市を除いた青森県はなぜ戦いが弱いのか

    【青森県はなぜ戦いが弱いのか?ただし八戸は除く】の続きを読む

    このページのトップヘ