スポンサーリンク

    行事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/05/18(水) 21:20:05.36 ID:CAP_USER*
     日本に住み始めた当初、最も不思議だったのが宗教に関してである。

     多くの日本人と友達になったが、そのほとんどが「自分は無宗教だ」と言っているにも関わらず、ハロウィーンやクリスマスといったキリスト教の行事を楽しみ、
    正月(1月1日)には寺社へ初詣に行くことを恒例にしている人が多い。

     日本人の一生を見ても、安産、子供の成長、健康や大学合格などを祈願して神社やお寺に度々お参りする。
    一方で、結婚式は教会で行い、葬式は寺、という人が少なくない。それでもいざ「あなたの宗教は何ですか?」と聞けば、「特にないです。無宗教です」と答えるのだ。

     生まれたときからイスラーム教徒として育った自分にとって、無宗教であることも不思議であるが、それ以上に無宗教と言いながらも各宗教行事を楽しんでいるのは本当に摩訶不思議であった。
    それに少しばかり反感も感じたのである。その理由を今なら正直に言えるが、日本人が楽しむ宗教行事の中にイスラーム教の行事が含まれていないことにがっかりしたのだ。

    ●日本に来たイスラーム教徒が感じるわびしさ
     イスラーム教徒にとっての三大行事といえば、断食明け祭(※1)、犠牲祭(※2)、預言者聖誕祭(※3)である。
    この時期は親戚や友人が集まり、どの街もにぎやかになる。子供にとっても大人にとっても楽しいひと時なのだが日本では全く知られていない。
    イスラーム教徒である家族や友人が近くにいない日本在住のイスラーム教徒は、それはそれはわびしいひと時を過ごすことになるのである。

     私自身も寂しすぎるからか、冬場になると時折聞こえる焼き芋屋独特の節回しである「やーきいもぉーーやきいも」という呼び声が、アザーン(※4)に聞こえるという耳の錯聴さえ体験したものである。

     日本在住当初は、クリスマス会や正月の初詣などに誘われても、イスラーム教徒なのでと断ったりした時期もあったが、少しでも外出すれば街中が楽しそうであるから、どうしても気になってしまうのである。

     無駄な抵抗を続けていた私に、ある日、一人の日本人の友人が「いろいろな宗教行事を一緒に楽しめることが、世界の宗教摩擦を失くす一助になるんじゃないか」と言ったのである。
    目からうろこが落ちる思いであった。

    続きはソースで

    http://www.nippon.com/ja/column/g00196/  [2016.05.18]

    images (2)

    引用元: 【話題】日本人は多宗教!? 「無宗教と言いながらも各宗教行事を楽しんでいるのは本当に摩訶不思議である」★4©2ch.net

    【日本人は多宗教!? 「無宗教と言いながらも各宗教行事を楽しんでいるのは本当に摩訶不思議である」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/05/02(月) 09:21:19.59 ID:CAP_USER*
    上杉邦憲氏(73)は、上杉謙信から数えて17代目。
    邦憲氏の母は徳川家17代目・家正の次女だ。
    戦国時代なら驚きの“政略結婚”だが、現在の両家は堅苦しい関係ではないようだ。

    「徳川家18代目は私の従兄弟です。たまに一緒に酒を飲む間柄なんですよ」(邦憲氏)

    『真田丸』では上杉と徳川が対立を続ける中で、“真田家が誰につくべきか”と右往左往するのが序盤の醍醐味だった。
    その上杉・徳川が酒を酌み交わすとは時の流れを感じさせる。

    続きはソースで

    ※週刊ポスト2016年5月6・13日号
    http://www.news-postseven.com/archives/20160502_406588.html

    上杉邦憲氏(73) 上杉謙信から数えて17代目
    http://parts.news-postseven.com/picture/2016/04/uesugi_kuninori.jpg
    ダウンロード (2)


    引用元: 【社会】上杉家17代目と徳川家18代目は従兄弟だった…「たまに一緒に酒を飲む間柄」©2ch.net

    【上杉家17代目と徳川家18代目は従兄弟だった…「たまに一緒に酒を飲む間柄」】の続きを読む

    このページのトップヘ