スポンサーリンク

    認識

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/06/21(火) 14:19:34.88 ID:CAP_USER9
    靖国神社の徳川宮司「明治維新という過ち」発言の波紋

     靖国神社が揺らいでいる。来る2019年に迎える創立150周年に向けて徳川康久宮司が語ったインタビュー記事の発言が、波紋を呼んでいるのだ。

     記事は共同通信社から配信され、加盟する一部の地方紙(静岡新聞6月9日付、中国新聞6月10日付)に掲載されたのみだった。ところが、地方でしか読まれないはずの記事が各界の識者の注目を集め、にわかに論争へと発展している。

     徳川宮司は靖国神社が抱える課題や、神社の将来像について語った後、「明治維新を巡る歴史認識について発言していますね」という質問を受けて、自らの「明治維新史観」を開陳した。以下が宮司の発言だ。

    〈文明開化という言葉があるが、明治維新前は文明がない遅れた国だったという認識は間違いだということを言っている。江戸時代はハイテクで、エコでもあった〉

    〈私は賊軍、官軍ではなく、東軍、西軍と言っている。幕府軍や会津軍も日本のことを考えていた。ただ、価値観が違って戦争になってしまった。向こう(明治政府軍)が錦の御旗を掲げたことで、こちら(幕府軍)が賊軍になった〉

     一連の発言が波紋を呼んだのは、靖国神社創建の「原点」に関わるからだ。靖国神社のルーツは明治2年(1869年)に建てられた東京招魂社に遡る。

     明治維新に際して、薩摩藩・長州藩中心の後の「明治政府軍」と徳川家や会津藩が中心の「幕府軍」が争う「戊辰戦争」が勃発。勝利を収めた明治政府軍が“官軍”、敗北した幕府軍は“賊軍”とされた。

     この時、明治維新を偉業として後世に伝え、近代国家建設のために命を捧げた官軍側犠牲者を慰霊顕彰するため、明治天皇が創建したのが東京招魂社だ。明治12年に社号が「靖国神社」と改められて現在に至る。

     それゆえに、「賊軍vs官軍ではなく、東軍vs西軍」とする発言は、靖国神社の歴史観を揺るがしかねないと受け止められたのだ。

     靖国神社にある遊就館に展示されている「錦の御旗」には、「戊辰戦争で官軍の象徴として使用された」との解説があるように、靖国神社の見解はあくまで、「明治政府軍=官軍」だ。

    続きはソースで

    ※週刊ポスト2016年7月1日号

    http://www.news-postseven.com/archives/20160620_422520.html?PAGE=1#container

    ダウンロード (1)


    引用元: 【歴史】靖国神社の徳川宮司「明治維新という過ち」発言の波紋★4 [無断転載禁止]©2ch.net

    【靖国神社の徳川宮司「明治維新という過ち」発言の波紋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/01/05(月) 18:14:37.25 ID:???0.net BE:277283116-2BP(3000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/sk.gif
    2015年1月5日15時26分 朝日新聞

    「村山談話引き継ぐ」安倍首相、戦後70年談話で

     安倍晋三首相は5日の記者会見で、戦後70年に向けた首相談話について、「安倍内閣としては村山談話を含め歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいく」と強調した。そのうえで、「アジア太平洋地域や世界のためにどのような貢献をするのか、英知を結集して考え、新たな談話に書き込んでいく」と述べた。

    http://www.asahi.com/articles/ASH1552LCH15UTFK005.html

    引用元: 【政治】「村山談話引き継ぐ」安倍首相、戦後70年談話で

    【「村山談話引き継ぐ」安倍首相、戦後70年談話で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/01/01(木) 21:40:36.10 ID:???0.net
    2014年12月29日、中国江蘇省南京市の高校で、20人余りの日本人教師が歴史の授業を見学した。
    30日付で中国新聞網が伝えた。

    授業を見学したのは、4000人の会員を有する日本歴史教育者協議会所属の歴史教師。
    教師になったばかりの新米教師から、数十年にわたり歴史を教えてきたベテラン教師などさまざまな日本人教師が参加した。

    授業では中国の高校生らが一人ひとり壇上に上がり、自身の目線から見た日本の侵略について語った。
    その後の座談会で日本の教師からは、「南京市の高校の授業では、日本に対する恨みを広めているのではなく、戦争に反対し、平和を呼び掛けていることに感心した」
    「日本の右翼は日に日に過激になっている。次世代の若者は良心を持って中国の若者と交流できるのだろうか」といった意見が聞かれた。

    報道では、「どうしたら歴史を正しく教えられるのか、そして未来に向かって前進できるのか?
    日本の教師らは南京市で授業を見学したことにより、『歴史に対する態度は未来に影響する。
    歴史を教えることは、正しい歴史を守ることである』との認識で一致したことだろう」と結んでいる。(翻訳・編集/内山)

    http://www.recordchina.co.jp/a99924.html

    引用元: 【国際】日本の歴史教師、中国の授業を見学=「次世代の日本人は良心を持って中国人と交流できるのか」―中国メディア

    【日本の歴史教師、中国の授業を見学=「次世代の日本人は良心を持って中国人と交流できるのか」―中国メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ