スポンサーリンク

    資料

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/12/03(土) 21:32:28.54 ID:CAP_USER9
    赤穂浪士の討ち入りの発端となった江戸城「松の廊下」の刃傷(にんじょう)事件直後の吉良上野介の様子を記した文書が京都の西本願寺で見つかり、当時の様子をうかがうことのできる貴重な史料として注目を集めています。

    見つかったのは、吉良上野介と関わりが深かった京都の西本願寺から江戸の築地御坊、現在の築地本願寺に宛てて書かれた書状の控えです。
    京都市下京区の本願寺史料研究所が西本願寺が保存している資料の中から見つけました。

    書状は、江戸城「松の廊下」で上野介が浅野内匠頭に斬りつけられた刃傷事件からおよそ3週間後の日付で、
    「吉良殿の傷が比較的浅く、ふだんどおりに食事をとっていると聞いたので、お見舞いにうかがうように」という内容が記されています。
    そのうえで、浅野内匠頭が斬りつけた理由について、「乱心した」という情報しかないのでさらに調べるよう、築地本願寺に求めています。

    本願寺史料研究所の大喜直彦上級研究員は「西本願寺の情報収集でも、刃傷事件の詳しい理由がわからなかったということから、当時、理由が明らかにされていなかったことがうかがえる。これまで事件直後の史料はほとんど見つかっていないので大変貴重だ」と話しています。

    NHK NEWS WEB(12月3日 6時35分)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161203/k10010793581000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003
    images


    引用元: 【歴史】「松の廊下」直後の吉良上野介、様子を記す文書発見 京都の西本願寺で [無断転載禁止]©2ch.net

    【「松の廊下」直後の吉良上野介、様子を記す文書発見 京都の西本願寺で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/07/13(水) 04:07:25.23 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160712/K10010592841_1607122035_1607122150_01_02.jpg

     戦国武将の真田幸村が築いたとりで、「真田丸」が取り壊されたあとの詳しい様子を描いた絵図が松江市で見つかりました。
    専門家は、「真田丸」が独立性の高い大坂城の出城だった可能性を示す資料だと注目しています。
    この絵図は、松江市にある松江歴史館の所蔵品の中から見つかりました。
    縦およそ28センチ、横40センチ余りで、真田幸村の名で知られる戦国武将の真田信繁が、大坂冬の陣で築いたとりで「真田丸」が取り壊されたあとの堀の跡や敷地の様子が描かれています。
    真田丸の南側には、惣構堀という外側の堀が記されています。また、北側の大坂城に近い場所には真田丸の出丸として小さなとりでがあったと記されています。

     松江歴史館によりますと、真田丸の姿を描いた絵図は多く残されていますが、取り壊されたあとの詳しい様子を描いたものは珍しいということです。
    資料を分析した奈良大学の千田嘉博学長は「真田丸が独立性の高い出城だった可能性を示す貴重な資料だ」と指摘しています。この絵図は、ことし9月から松江歴史館で公開されます。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160712/k10010592841000.html
    (7月12日 21時51分)

    ダウンロード
     

    引用元: 【社会】真田幸村が築いたとりで「真田丸」出城の可能性示す絵図見つかる©2ch.net

    【真田幸村が築いたとりで「真田丸」出城の可能性示す絵図見つかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/03/29(火) 01:51:21.12 ID:CAP_USER*
    松山藩の初代藩主の弟、松平定実(さだざね)が、「大坂夏の陣」で大きな功績をあげたことを示す伊達政宗などからの書状が松山市で見つかり、高い歴史的価値がある資料として注目されています。

    書状は、愛媛の歴史を調べている民間団体「伊予史談会」が、去年11月から、松山市内にある松平家の分家に保管されていた資料を調べていた際にみつかりました。

    松平定実は、松山の初代藩主、松平定行の弟で、大坂夏の陣で徳川方として多くの敵兵を討つ功績をあげました。

    しかし、家康を警護するという本来の役割を果たさなかったことが問題視され、不遇な末路をたどったとされています。

    書状は、仙台藩主の伊達政宗などが定実にあてたもので、8通あり、大坂夏の陣で定実がいかに活躍したかが書かれているほか、「家康にあなたの功績を伝えてもいい」などと、苦しい立場にある定実を励ます趣旨の文章がつづられています。

    民間団体によりますと、これらの書状は大坂夏の陣からまもなくに書かれたものとみられ、定実の功績が記された資料としては最も古いものではないかということで、高い歴史的価値がある資料として注目されています。

    伊予史談会の柚山俊夫さんは「松山藩に関する資料がほとんど残っていない江戸時代はじめの時期の、著名な武将から書状が残っていたというのは、歴史的価値が高いと考えられる」と話していました。


    NHK 03月28日 18時11分
    http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20160328/3928871.html
    ダウンロード


    引用元: 【歴史】 松平定実にあてた伊達政宗書状 「家康にあなたの功績を伝えてもいい」 松山市で見つかる [NHK] [無断転載禁止]©2ch.net

    【松平定実にあてた伊達政宗書状 「家康にあなたの功績を伝えてもいい」 松山市で見つかる [NHK]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/12/02(火) 21:49:25.31 ID:???0.net
    〈倭人は帯方の東南大海の中に在り、山島に依りて國邑を為す。旧百余國。漢の時、朝見する者有り。
    今、使訳通ずる所三十國〉邪馬台国や卑弥呼について記された唯一の資料、『魏志倭人伝』の冒頭である。
    この中国の歴史書に書かれた記述がその後、現代に至るまで日本成立に関わる論争を引き起こした。
    文化庁主任文化財調査官が邪馬台国の「今」を語る。
     * * *
     邪馬台国は日本の古代国家成立にかかわる重要なテーマである。古くは江戸時代の儒学者・新井白石や国学者・本居宣長らがその謎を解き明かそうとした。肝心の所在地をめぐっては、現代まで論争が引き継がれている。

    『倭人伝』によれば、邪馬台国までの道のりは朝鮮半島中西部の帯方郡から対馬国(対馬)や一支国(壱岐)を経由し、不弥国(福岡県飯塚市付近)まではほぼ特定できる。

     しかし、そこから南に船で20日行くと投馬国に着き、さらに船で10日、陸路1月で邪馬台国に着くという記述をそのまま辿ると、邪馬台国は九州のはるか南の洋上に存在したことになってしまう。そこで、投馬国から邪馬台国までを
    「船なら10日、陸路なら1月」と読む九州説や、不弥国以降の〈南〉を〈東〉と読み替える畿内説などが提起された。

     その後、九州、畿内を2大候補地としながらも、北は東北地方から南は沖縄まで、日本各地に可能性が唱えられた。
    しかし、『倭人伝』を元にした論争は解釈の域を出ることはなく、決着を見ない。そこで考古学の出番となった。考古資料を検証するのである。

     中でも重視されてきたのが銅鏡だ。2世紀前半までは九州北部を中心に出土していたのが、2世紀末から3世紀初めには近畿を中心に出土するようになる。例えば「画文帯神獣鏡」は、分布を研究した大阪大学の福永伸哉教授によると、2世紀後半から3世紀初めの近畿を中心に分布している。

     これにより、卑弥呼の邪馬台国が登場する3世紀半ばまでに、倭国の中心が九州から近畿に移ったとみている。
    それを根拠に邪馬台国=畿内説を唱える考古学者は多い。そのため、歴史学者など文献史学者は九州説を、考古学者は畿内説を唱える傾向がある。

    続きはソースで
     
    ※SAPIO2014年12月号

    http://www.news-postseven.com/archives/20141202_285340.html

    引用元: 【歴史】畿内説、九州説それぞれに根拠あり 邪馬台国はどこなのか

    【畿内説、九州説それぞれに根拠あり 邪馬台国はどこなのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    引用ここから

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 23:24:15.42 ID:???0.net
    2014.6.27 02:04
    http://sankei.jp.msn.com/region/news/140627/tcg14062702040001-n1.htm

     関ケ原の戦いのきっかけとなる会津征伐を徳川家康に決意させる要因となったといわれる上杉家の家老、直江兼続の「直江状」の写しで大田原市内の旧家が保存してきた書状が、那須与一伝承館(同市南金丸)で開かれる企画展「戦国大名の書状」(28日~8月24日)で初めて公開される。オリジナルに最も近い写しとされ、上杉家と徳川家の緊張状態を今に伝える貴重な史料だ。(伊沢利幸)

     同館によると、初公開される「直江状」の写しは縦36センチ、横442・5センチ。15カ条のうち初めの5カ条の部分は破れて失われており、残り10カ条が読み取れる。江戸中期の写しとみられ、当初、上杉家重臣、千坂(ちさか)家が所蔵していた。千坂家の子孫は大正時代に西那須野村(現那須塩原市)で製紙会社を経営していたが、社長を辞任して同村を離れる際、友人だった大田原の旧家の当主に譲った。この旧家が代々、所蔵していた貴重な書状でオリジナルに最も近い写しである可能性も高い。昭和11年には東大史料編纂(へんさん)室が調査している。

    (続きはリンク先で)
    引用ここまで

    00

    引用元: 【歴史】 関ケ原の戦いの端緒「直江状」を初公開 栃木 [産経新聞]

    【関ケ原の戦いのきっかけ「直江状」初公開】の続きを読む

    このページのトップヘ