スポンサーリンク

    赤穂浪士

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2016/12/03(土) 21:32:28.54 ID:CAP_USER9
    赤穂浪士の討ち入りの発端となった江戸城「松の廊下」の刃傷(にんじょう)事件直後の吉良上野介の様子を記した文書が京都の西本願寺で見つかり、当時の様子をうかがうことのできる貴重な史料として注目を集めています。

    見つかったのは、吉良上野介と関わりが深かった京都の西本願寺から江戸の築地御坊、現在の築地本願寺に宛てて書かれた書状の控えです。
    京都市下京区の本願寺史料研究所が西本願寺が保存している資料の中から見つけました。

    書状は、江戸城「松の廊下」で上野介が浅野内匠頭に斬りつけられた刃傷事件からおよそ3週間後の日付で、
    「吉良殿の傷が比較的浅く、ふだんどおりに食事をとっていると聞いたので、お見舞いにうかがうように」という内容が記されています。
    そのうえで、浅野内匠頭が斬りつけた理由について、「乱心した」という情報しかないのでさらに調べるよう、築地本願寺に求めています。

    本願寺史料研究所の大喜直彦上級研究員は「西本願寺の情報収集でも、刃傷事件の詳しい理由がわからなかったということから、当時、理由が明らかにされていなかったことがうかがえる。これまで事件直後の史料はほとんど見つかっていないので大変貴重だ」と話しています。

    NHK NEWS WEB(12月3日 6時35分)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161203/k10010793581000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003
    images


    引用元: 【歴史】「松の廊下」直後の吉良上野介、様子を記す文書発見 京都の西本願寺で [無断転載禁止]©2ch.net

    【「松の廊下」直後の吉良上野介、様子を記す文書発見 京都の西本願寺で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/12/01(月) 07:06:52.14 ID:???0.net
    2014/12/1 05:30

     きょうから師走。この季節になると、「忠臣蔵」を思い起こす人は多いだろう。亡き主君の無念を晴らすため吉良邸に討ち入った話は今更語るまでもないが、四十七士の呼び方にまつわる、地元・赤穂ならではの“しきたり”をご存じだろうか-。(小林伸哉)

     筆者は神戸出身。3年前、赤穂支局に赴任する際、「赤穂浪士のことも勉強しないと」と意気込んでいると、前任の記者にたしなめられた。「赤穂で『浪士』なんて言っていると怒られますよ」

     以来、気を付けてきたが、果たして本当だろうか。

     「ええ、かつては怒る人がたくさんいました」と話すのは、四十七士を祭神として祭る大石神社(赤穂市上仮屋)の飯尾義明宮司(65)。テレビなどで「赤穂浪士」と表現されるたび、「明治生まれの氏子総代が、『いつまでたっても“義士”と言ってくれない』と怒っていた」という。

     「年配の世代は、特に思い入れが深い。誇りを持って『義士』と呼ぶんです」

        ■

     なるほど、「義」と「浪」では意味合いもかなり違ってくる。なぜ二つの呼び方が生じたのだろう。

     赤穂市教育委員会によると、討ち入り翌年の元禄16年、儒学者の室鳩巣は、主君への忠義を評価して四十七士を「義人」と呼び、「赤穂義人録」を著した。江戸時代の庶民に人気だった浮世絵などでは「義士」「義臣」と表現。その後、明治天皇が四十七士の墓に勅使を送り、行動をたたえたことも「義士」の評価を高めたという。

     一方の「浪士」はどうか。四十七士が吉良邸に討ち入った時、赤穂藩は取りつぶされて既になかったので、彼らの身分は「浪人」。当時の文書には「牢人」の文字も見られるが、「浪」と書くのが一般的だ。江戸期の文書には「赤穂浪人」の表記もあるという。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:神戸新聞NEXT http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/201412/0007546490.shtml

    引用元: 【兵庫】 忠臣蔵:「赤穂浪士」と呼ばないで 「義士」の名に市民の誇り 兵庫県赤穂市 [神戸新聞]

    【【兵庫】 忠臣蔵:「赤穂浪士」と呼ばないで 「義士」の名に市民の誇り 兵庫県赤穂市】の続きを読む

    このページのトップヘ