スポンサーリンク

    遺骨

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/03/25(水) 22:11:16.03 ID:???*.net
    来月、天皇訪問のパラオ・ペリリュー島の閉鎖壕を調査 未収集2600柱の遺骨発見に期待
    【産経ニュース】 2015/3/25 19:38

    1 (2)


    天皇、皇后両陛下が来月、太平洋戦争の戦没者慰霊で訪問されるパラオのペリリュー島で25日、入り口がふさがれていた壕が開口され、厚生労働省の職員や遺族団体の関係者らによる遺骨収集が始まった。

    作業が始まったのは、米軍が上陸したペリリュー島南西部の海岸のすぐ近くにある「イワマツ壕」。
    作業開始にはレメンゲサウ大統領も立ち会い「遺骨が故郷に戻ることで、死者の霊が安らかに眠ることができると信じているのは、日本もパラオも同じ」と述べ、遺骨収集に積極的に協力していく姿勢を示した。

    続きはソースで

    (共同)

    ソース: http://www.sankei.com/world/news/150325/wor1503250054-n1.html
    画像: http://sankei.com/images/news/150325/wor1503250054-p2.jpg
     (厚労省の職員らが参加しパラオ・ペリリュー島のイワマツ壕周辺で始まった遺骨収集作業=25日午後(共同))


    引用元: 【国際】パラオ・ペリリュー島の閉鎖壕を調査、未収集2600柱の遺骨発見に期待 [15/03/25]

    【パラオ・ペリリュー島の閉鎖壕を調査、未収集2600柱の遺骨発見に期待】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2015/03/22(日) 10:01:26.76 ID:???*.net
    太平洋戦争の激戦地となったパラオのペリリュー島で、戦没者の遺骨収集を進めるため厚生労働省は24日から島に職員を派遣し、地下ごうの中に残された遺骨の調査を行うことになりました。

    no title


    太平洋の島国・パラオのペリリュー島では昭和19年、日本軍とアメリカ軍との間で激しい戦闘が行われ、日本側だけで1万人余りが亡くなりました。

    国による遺骨の収集は昭和28年から始まり、これまでにおよそ7600人の遺骨が見つかっていますが、入り口が岩などで塞がれている地下ごうについては環境保全や文化財保護の観点からパラオ政府の許可が得られず、調査が進んでいませんでした。

    続きはソースで

    ◆ソースに動画あり
    NHK NEWS WEB 3月22日 5時54分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150322/k10010023871000.html

    引用元: 【社会】ペリリュー島の地下ごうで遺骨調査へ

    【ペリリュー島の地下ごうで遺骨調査へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/11/18(火) 17:17:56.80 ID:???0.net
    11人の遺骨 日本兵か ロシアから引き渡し
    【NHK】 2014/11/18 4:17

    千島列島北部の「シュムシュ島(占守島)」とロシア極東のサハリン南部で見つかった、日本兵とみられる合わせて11人の遺骨が、17日、ロシア側から厚生労働省の担当者に引き渡されました。

    11人の遺骨は、ロシア国防省などが現地調査を行った結果、ことし発見されたもので、ロシア極東サハリン中部の町スミルヌイフで17日、厚生労働省の担当者が遺骨が入った箱を受け取りました。

    11人は日本兵とみられ、このうち6人は太平洋戦争の終戦直後に、旧日本軍と旧ソビエト軍の激しい戦闘が行われた千島列島北部の「シュムシュ島」で発見され、残りの5人は、日本が戦前「南樺太」として統治していたサハリン南部で見つかりました。

    日本政府は平成2年から、ロシア側の協力を得て千島列島やサハリン南部で戦没者の遺骨の収集を行っていて、去年までに244人の遺骨を発見しています。

    このうち「シュムシュ島」は、島への交通手段が少ないことから調査が難しいとされ、今回を含めてこれまでに発見されたのは16人の遺骨にとどまっています。

    厚生労働省の星川信貴外事調査官は、「遺骨を発見したロシア側に感謝している」と述べたうえで、残された遺骨を早く発見するためにも、今後も可能なかぎりロシア側と協力する方針を明らかにしています。

    ■旧日本軍の装備品も
    千島列島北部にあるシュムシュ島は1875年、ロシアとの樺太千島交換条約で日本の領土となり、国境警備の最前線として軍が駐留していました。

    しかし太平洋戦争で日本が降伏した直後の1945年8月18日に旧ソビエト軍が侵攻し、武装解除を進めていた旧日本軍の守備隊と激しい戦闘になり、ロシア側によりますと、双方合わせて700人以上が死亡したとされています。

    ロシア国防省によりますと、今回の現地調査で発見された遺骨のそばには、旧日本軍の装備品や水陸両用の戦車なども残されていたということです。

    調査に加わった元兵士の遺骨や遺品を捜索する地元のボランティアグループのアルチョーム・バンドゥラさんは、「今回は、来年の本格的な調査のための簡単な調査だったが、結果に驚いている。今後もできるかぎり遺骨などの収集に取り組んでいきたい」と話しています。

    ソースに動画があります。

    ソース: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141118/k10013278701000.html
    画像: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141118/K10032787011_1411180446_1411180451_01.jpg

    関連ソース:
    露、日本兵遺骨引き渡し 千島やサハリンで収容 | 産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/141117/wor1411170043-n1.html

    引用元: 【国際】日本兵とみられる11人の遺骨、ロシアから引き渡し [14/11/18]

    【日本兵とみられる11人の遺骨、ロシアから引き渡し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/10/24(金) 13:59:31.56 ID:???0.net
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20141024-OYT1T50064.html
    太平洋戦争の激戦地だったソロモン諸島のガダルカナル島で収集された旧日本兵の遺骨を乗せた海上自衛隊の自衛艦が24日、東京・晴海ふ頭に到着した。

    海外から日本に遺骨を運ぶのに、自衛隊が協力するのは初めて。
    海外で戦没した約240万人のうち、約113万柱が未帰還とされており、政府は来年の終戦70年を前に遺骨収集を加速させる。

    遺骨を運んだのは、海自の練習艦「かしま」。隊員は、白い布に包まれた箱に納められた137柱の遺骨を胸に抱え、「かしま」のタラップを下りた。厚生労働省は身元の特定を進め、遺族に引き渡したい考えだ。

    終戦70年を前に政府は遺骨収集を強化する方針を示しており、ガダルカナル島にも9月に派遣団を送って遺骨を収集。若手幹部の遠洋練習航海で9月に同島に入港していた「かしま」に運んでもらうことにした。
    【関連記事】
    激戦地ガダルカナル島の遺骨 艦艇で祖国へ 海自が初協力



    引用元: 【社会】ガダルカナルから旧日本兵遺骨帰国…海自艦到着

    【ガダルカナルから旧日本兵遺骨帰国…海自艦到着】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 2014/09/18(木) 12:32:25.46 ID:???0.net
    第二次世界大戦の激戦地ガダルカナル島(ガ島)で玉砕した旧日本陸軍第二師団歩兵第二九連隊(若松連隊)の遺骨が、撤退開始から70余年を経て、海上自衛隊の艦艇で祖国に戻る。
    海自艦艇による遺骨の輸送は戦後初めて。他国の航空機による従前の空輸とは異なり、母国まで日本人の手で運ぶ。

    艦艇は19、20の両日、ガ島に寄港し、収容した遺骨の引き渡しを受ける。 
    福島県遺族会によると、県人で組織された若松連隊は約2500人がガ島に出征した。
    旧米軍に占領された飛行場の奪還作戦などで玉砕し、ガ島での戦死者は若松連隊だけで約2200人、他の隊も合わせると本県出身者は約4000人に上った。
    旧日本軍全体では約2万2千人が戦死した。

    ほとんどの遺骨が昭和18年2月のガ島撤退から71年を経てなお、古里に戻っていない。 
    政府関係者らによると、厚生労働省が主管する戦没者慰霊事業「遺骨収集」に防衛省の海自が輸送協力することで、政府を挙げて不戦の誓いを国内外に印象づける狙いがある。
    海自の練習艦がガ島に立ち寄る日程が、政府や民間団体の遺骨収集事業と重なったため、厚労省が海自に輸送協力を求めた。政府は今後も遺骨収集に力を入れる方針。 

    厚労省の集計では5月末現在、海外戦没者約240万人のうち127万1000柱を収集した。ただ、フィリピンやインドネシアなどの南方地域では収集が進んでおらず、ガ島では日本青年遺骨収集団などの民間協力を受けて収集している。 

    同団は平成22年からガ島で若松連隊の行軍ルートを中心に遺骨を収集し、供養している。
    9月6日から20日までの第4次派遣隊などは、戦死者の多い「丸山道第一野戦病院跡」などの密林などで捜索し、百数十柱を収容しているという。


    9月18日(木)12時4分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140918-00000018-fminpo-l07

    引用元: 【国内】ガダルカナル島遺骨艦艇で祖国へ 19日から海自が初協力

    【激戦地ガダルカナル島の遺骨 艦艇で祖国へ 海自が初協力】の続きを読む

    このページのトップヘ