スポンサーリンク

    集団的自衛権

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2015/04/29(水) 22:29:48.05 ID:???*.net
    http://www.asahi.com/articles/ASH4Y55QKH4YUTFK006.html
    安倍晋三首相は28日昼の日米共同記者会見で、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障法制をめぐり、「『戦争に巻き込まれる』といったレッテル貼り的な議論が日本で行われることは大変残念」と改めて持論を展開した。

    1


     首相は1960年に日米安全保障条約を改定した際も同じように批判されたが、同条約によって「日本の安全は守られ」たとし、「批判が全くの間違いであった」と強調した。

     昨年7月、集団的自衛権の行使を認める閣議決定をした際も、首相は記者会見で「外国を守るために日本が戦争に巻き込まれるという誤解がある。そのようなことはありえない」と主張。
    さらに今年3月の防衛大学校の卒業式では、「ただ不安をあおろうとする無責任な言説」「荒唐無稽な批判」と発言していた。

    続きはソースで

    (藤原慎一)

    引用元: 【政治】「戦争に巻き込まれる」は「レッテル貼り的」 安倍首相が持論を展開

    【「戦争に巻き込まれる」は「レッテル貼り的」 安倍首相が持論を展開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2015/03/16(月) 20:27:11.44 ID:???*.net
    東京都内で十五日に開かれた九条の会の全国討論集会は、各地の会員四百五十人が会場を埋め、活動の現状や今後の方針などで活発に発言。自衛隊の海外派兵を可能にする集団的自衛権の行使容認への危機感は強く、若者を含め多くの人から活動への賛同を得るにはどうしたらよいか、さまざまな意見が出た。
    (小松田健一、小林由比、小倉貞俊)

    ダウンロード


    ◆改憲派にも言葉届けよう
    「改憲派の人々にも、言葉を届けていこう」。こう呼び掛けたのは「九条の会・尾張旭」で事務局を務める筒井洋さん(71)=愛知県尾張旭市=だ。最近、改憲に慎重な論調の新聞にも「九条を変えないと不安」
    といった投書が増えていることに懸念を持った。「改憲を真剣に考える人たちは『日本が危ないのではないか』
    と思っているが、自衛隊は今も十分、国を守る力がある。むしろ改憲してしまえば、米国の戦争に巻き込まれたり、日本から仕掛けたりすることにつながりかねない」と警鐘を鳴らす。

    ◆平和へ保守とも協力を
    「九条の会・葛城(かつらぎ)」事務局の岩下美佐子さん(66)=奈良県葛城市=は「私たちが手を緩めたら、戦前へ戻るのではという思いがある。反戦、平和という一点でつながることができるならば、護憲派だけではなく保守の人とも協力していくべきだ」と、党派を超えた活動の可能性を説いた。
    奈良県は南北に長く、都市部が北部に偏っており、南部での活動が難しい事情があるという。
    県内に68団体ある九条の会はチラシづくりや、講演会を県内各地で開催できるよう協力し合っている。

    ◆東アジアの草の根で連帯
    「憲法9条つくばみらいの会」の世話人、野口修さん(59)=茨城県つくばみらい市=は討論集会の壇上で「国家と国民が乖離(かいり)しているのは日本だけでない。中国も韓国も同じだ」と指摘。
    「東アジアの草の根で連帯し、中心に九条を据えて『東アジア平和憲章』をつくっては」と、国の枠組みを超えて九条を守る取り組みを提案した。
    60歳の安倍晋三首相とは同世代で「九条は戦後最大の資産であり、皆がそれを守ってきたからこそ今がある。
    希望を奪わないで、という思いを彼にぶつけたい」と語った。

    続きはソースで

    3月16日 東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015031602000129.html

    ★1の立った日時:2015/03/16(月) 08:09:18.79
    前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1426460958/

    引用元: 【社会】九条の会・全国討論集会「改憲派にも言葉届けよう」「護憲派だけではなく保守とも協力していくべきだ」★2

    【九条の会・全国討論集会「改憲派にも言葉届けよう」「護憲派だけではなく保守とも協力していくべきだ」】の続きを読む

    このページのトップヘ